Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古文勉強法のアウトライン

アウトライン


1. 古典文法の基本を完璧にする
2. 古文単語の超基礎レベルを覚える
3. 読解を通して知識を固める
4. 志望校に即した対策をする
5. 入試問題で演習を積み、応用力をつける

上のように体系化したが、古文の言語学という性質上、「これの次はあれで、それも終わったら次は・・・」というように明確に順番をつけられるわけでは決してない。たとえば、1段階の「基本古典文法」にしても、ある程度文章を読みながらやる必要があるし、5段階の「実践演習」になっても、文法学習をしなくていいわけではない。それをしっかり理解したうえで、古文受験勉強の指針として本記事を活用してほしい。

続きを読む

センター試験 国語〔古文〕の点数が面白いほどとれる本

センター試験 国語〔古文〕の点数が面白いほどとれる本センター試験 国語〔古文〕の点数が面白いほどとれる本
村上 まり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめ学力レベル


偏差値40  ★★☆☆☆
偏差値50  ★★★★★
偏差値60  ★★★★★
偏差値70  ★☆☆☆☆

続きを読む

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。