Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロップ合格体験記


第一章 東大に行きたい
第二章 精神の弱さと堕落
第三章 センター・受験結果-現役-
第四章 浪人突入
第五章 再び挫折
第六章 好転の始まり
第七章 前兆
第八章 飛躍
第九章 センターに向けて
第十章 センター試験当日
第十一章 センター結果と出願校
第十二章 早稲田大学国際教養学部 入学試験へ
第十三章 センター利用私大合格発表
第十四章 東京大学受験当日-一日目-
第十五章 東京大学受験当日-二日目・その後-
最終章 東京大学合格発表
あとがき



死生観

以下のような質問をもらった。僕も大学時代にニヒリズムについては大いに悩んだ。他人事には思えないので、軽くではあるが、回答しておく。

>戦士さんの死生観を教えてくれませんか?
僕は最近、いわゆるニヒリズム的な世界無秩序な考え方に、生きる活力を奪われ気味なのですが、G戦士さんの死に対する思いというか考えをきいてみたいと思いました。



私の死生観について明確に伝えるには相応の文章量が必要で、それを行うだけの時間は今の私にはない。だから、誤解されるのを承知で乱暴な表現を使うのを許してほしい。

私は、今という瞬間にしか価値はない、と思っている。
何かを達成すること、に何らの価値も見出せない。
したがって、死ぬまでに何かを達成するという夢もなければ、そんな夢を持つ必要などさらさらないと考えている。

一見すると、ニヒリズムの境地を越えて、快楽主義に陥っているかのように思われるかもしれないが、それは違う。私からすれば、これ以上に前向きで生産的な死生観はない。誰にでも分かるような形式で説明できないのは歯がゆい限りだが、本気で興味があるならば、以下の書籍を読むことで、大体の考え方を理解してもらうことはできると思う。



今と言う瞬間を賢明・懸命に生きる。これだけだ。
 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。