Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/97-2cfed665

-件のトラックバック

-件のコメント

[C7664]

頭が上がらないであってるでしょ

[C7659]

センターリサーチで京大B判定を出した受験生です
最後の追い込みに最近欠けるところがあったのですが
G戦士さんの体験記を見て奮起できるような気がします。
これから23日間一秒も無駄にすることはしません
僕も絶対に京大に受かって見せます

[C7484]

>この一年間俺はずっと親を泣かせ続けてきた。今振り返っても最悪の息子だったと思う。それなのに、そんな俺を見捨てず、ずっと送金したり電話したりしてくれた両親には本当に頭が上がらない。客観的に見て、こんな俺に手をかけてくれるのは馬鹿な行為としか思えない。ホント馬鹿だよ、うちの親は・・・泣

「頭が上がらない」じゃなくて「頭が下がる」じゃないですか?

[C7171]

ジーンときた

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第十三章 早稲田大学合格発表

早稲田大学国際教養学の入試が終わり、京大の二次に向けて本格的に最後の追い込みに入ったのも束の間、早稲田大学法学部の合格発表の時がやってきた。


本当にこの時期の受験生はイベントには事欠かない。「ああ、日々に変化がほしい」とか言ってた半年前がウソのよう。


私大の合格発表は有料電話によって行われる。しかも時間制限付で、受験番号ごとに時間が指定してあり、受験生はそれぞれ指定された時間を今か今かと待つわけだ。ただ、私は(というか皆)そんな時間が大嫌いである。何か違うことをしていて、だいぶ時間が過ぎてからふと気がついたように電話をかけるようにしている。去年もそうして、「残念ながら不合格です」のアナウンスを十回くらい聞いた(何故か何度もかけなおしてしまうもの(泣


早稲田大学法学部合格発表の当日、あろうことか私はかなりの寝坊をした・・・。起きたら、もう合格発表されている時間だったのだ(寝すぎ)。


半分ねぼけながら、布団から身を乗り出して電話を手に取る。前日予め電話のそばにセットしておいた冊子をめくり、電話番号のページを開く。そして、数字ひとつひとつを確かめるようにゆっくりダイアルする。そっと耳に受話器を当てる。


この瞬間ほど緊張することはないだろう。国立の発表は番号が書いてある板にかけてあるシートがはがされる瞬間が最も緊張するわけだが、やはり私大の電話確認には及ばない。いつ来るか予測しにくいシートはがしに比べて、電話確認は確かに次の瞬間に合否が分かるという確信がある。どうやら「来ると分かっているもの」に対しては、身構えてしまうらしい。「どっちなんだろう??」という漠然とした不安だけでなく「合格していたらどんなに嬉しいだろうか」というものすごい興奮なども入った様々な感情がその一瞬に集約される。


電話で受験番号と暗証番号(誕生日)を入力する。ああ、そうだ。

この一瞬に全ての感情が集約される!!!






・・・まだか。





お願いだ・・・










「おめ・・・」



「え!?」



・・・





「おめでとうございます。合格です。」



「・・・」



「・・・やった」


「やった・・・」



「早稲田合格だぜ♪こんちくしょう!」




やっとだ・・・。やっと証明できた、この半年間が無駄じゃなかったって事が。俺はバカじゃなかったって事が。


すぐに実家に電話をかけた。母親はいつも通り電話越しで泣いた。でも、いつもとは違う。心配して泣いているんじゃない。安心して泣いているんだ。


この一年間俺はずっと親を泣かせ続けてきた。今振り返っても最悪の息子だったと思う。それなのに、そんな俺を見捨てず、ずっと送金したり電話したりしてくれた両親には本当に頭が上がらない。客観的に見て、こんな俺に手をかけてくれるのは馬鹿な行為としか思えない。ホント馬鹿だよ、うちの親は・・・泣


ただもう俺は過去の俺とは違う。ここで満足して終わる俺じゃない。もう後は京大しかない。京大合格しかない。絶対に合格する。むしろ京大合格しないと意味がない。待ってろ京大!


ちなみに早稲田大学国際教養学部も合格していたが、そのことが全く気にならないくらい、この時期の自分は京大合格に向けて集中していた。その集中は日を増すごとに高まっていき、全く緩むことはなかった。この時期が一番大事であることを理解していた。0.1%でも合格の可能性を上げたかった。
「今やらないでいつやるんだ!」・・・ずっとこの言葉を反芻していた。


11章 早稲田大学国際教養学部入学試験:前 体験記メニュー 次:14章 ついに本番
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/97-2cfed665

0件のトラックバック

4件のコメント

[C7664]

頭が上がらないであってるでしょ

[C7659]

センターリサーチで京大B判定を出した受験生です
最後の追い込みに最近欠けるところがあったのですが
G戦士さんの体験記を見て奮起できるような気がします。
これから23日間一秒も無駄にすることはしません
僕も絶対に京大に受かって見せます

[C7484]

>この一年間俺はずっと親を泣かせ続けてきた。今振り返っても最悪の息子だったと思う。それなのに、そんな俺を見捨てず、ずっと送金したり電話したりしてくれた両親には本当に頭が上がらない。客観的に見て、こんな俺に手をかけてくれるのは馬鹿な行為としか思えない。ホント馬鹿だよ、うちの親は・・・泣

「頭が上がらない」じゃなくて「頭が下がる」じゃないですか?

[C7171]

ジーンときた

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。