Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/71-22cf60d5

-件のトラックバック

[T51] マインドマップの入門

マインドマップの入り口は人によってさまざまなようです。本を買って知ったという人、インターネットでたまたまぶつかった人、友達が使っていた、漫画の中で紹介されていた等等。

-件のコメント

[C2788] KYOさんへ

確かにノート提出あったら、取るしかないでしょうな。成績に響くわけですから。拒否してみたところであなたの特になることは何も無いでしょうし。かくいう私も取ってましたよ、仕方なく。
 私にはあまり気に入らない制度ではありますが。ノートなんて、その人の好きなように取らせりゃいいじゃんって考え方なので。

[C2770]

脱ノートですが、たしかにただ写すだけになっていると思います。しかし、例えばノート提出をしろなどという課題がある場合にはやっぱりとったほうがいいですよね???

[C2256] 参考書への書き込み

なにかピンときません。
まとまっているところに書くのですから、当然「書く量」がへりますし、「まとめる」ってことになるのでしょうか。すいませんが、教えてください。
  • 2006-03-30
  • something
  • URL
  • 編集

[C1885] 何の達人かって?

もちろんマインドマップの達人(といいたいところです。(笑))。とりあえず、三年間研究してみました。マインドマップのページを検索してたら、脱ノート宣言にたどり着いたわけですが、ホームへ行って最初から覗いてみるとすごいサイトですね。
  • 2006-02-16
  • 達人
  • URL
  • 編集

[C1883]

>達人さん

なんか達人って感じですね (笑

ノートをとるっていうこと自体が目的化してる人が多いような気がしますね。私の知っている社会人の人のメモにしても、できる人ほど、何でもかんでもメモるのではなく、メモする内容をしっかり選んで、しかも絶対にその大事な部分を逃さないような気がしますし。

[C1874] 脱ノート大賛成!

ノートを取る。これは勉強の中でもっとも無駄な部分である。私が学生の頃には友達ときれいなノート作りを競い合っていて、そのくせテスト前に開いたためしも無い。中学・高校では、問題集という便利なものがあるので、ソレをやっていけばよいと思う。ウチの親父もノートを取る習慣が無かったらしいが、それでも成績はいつもトップだったらしい。教師がノート(問題を解いてきたものではなく、黒板を移しただけのもの)を提出させたり、それで、点数を評価するなんてやり方は愚の骨頂!!官僚的だと言ってもいいだろう。何しろ、作業をさせただけで、実力はついている保障はないのだから。まったく同じものを移すのなら、はじめからプリントに書いてコピーして配ってくれるか、上の方に書いてあったようにデジカメで撮るでもしたほうが効率がよろしい。要領の悪い人になると、ノートを丸写しすると、目が黒板とノートの往復になってしまい、話はまるで耳に入ってこない。たまに先生が黒板のスペースが無くなった時に消す際、『ここ、もう書いた?』と聞くことがあるが、先生からして大きな誤解をしていることが分かる。学生のノートをとる、という行為は仕事をする人がメモを採るという作業とは大いに異なると思う。教師は理解と記憶を目指して授業を進めるべきである。というのはやはり、板書をして時間つぶしをしなければいけないほど技量が足りないか、書くことが勉強であるという間違った思い込みを持っていると思わされることが往々にしてあった。理想としては、基本路線は口頭の話だけで進めていって、図解なり、難しい漢字なりが出てきたときだけ参考程度に黒板を使うという風にするべきだ。ノートばかり書かせる教師は授業中に教科書もろくに役立てていないのではないか?そもそも、まとめるという作業をわざわざ教師が黒板で行う必要がどこにあるのだろうか??教師は生徒を50分間、話だけで集中させておくことができない、あるいは授業中に生徒とディスカッション、あるいは質疑応答を受け答えるだけの能力が欠けているために、『ノート取り』と称して、学生を縛り付けておかなくてはならないのだ。
  • 2006-02-16
  • 達人
  • URL
  • 編集

[C1191]

なるほど。G戦士さんの言っていることを考えると納得できることがありますね。

今まで私は学校では高2の授業で英語R(リーダーと読みます。リーディングではありません)だけはノートを決してとっていませんでしたが、3学期からは
現代文、英語W、数2(グレード別なので先生による)、現代社会、保健は内職することに決定しました。
美術は内職しながら授業をしてみます。

ほんとうは地理も内職に使いたいのですが、先生がノートとらないと怒るんで・・・しかも地理もグレード別なんですが、席が一番前なので難しいです。
現代文も先生がたまに生徒の周りをうろつくので難しいですね。現代文の先生もノートをとらないと怒りますし。私ではありませんが現代文の授業に内職していた奴が先生に内職道具をとりあげられたことがありました。

ほんとうは生物も内職に使いたいのですが、先生曰く
「ノートをちゃんととって先生に提出した人は赤点をつけない」と言うのでしかたなくとってます。
生物は苦手なので・・・・。
  • 2006-01-08
  • 霧丸
  • URL
  • 編集

[C134]

 誠実なお返事有難うございます。思うが侭に永遠とコメントを書いていたら、いつの間にかあの様な長文になってしまいました。読みにくくて申し訳ありませんでした。

 自民、共産党のたとえはとてもユニークで、的を射ているかもしれません。本番一ヶ月前からの勉強法も拝見させていただきました、残り時間が短いという条件においてこのサイトで紹介されている効率的な勉強法は非常に適していると思います。

 確かに自分のそれは、むしろ時間的に余裕のある人向きかもしれません。早い時期からあのコメントを読んで、参考にしてくださる方がいらっしゃれば幸いです。管理人さんと全く違う意見も、尊重していただき有難うございました。
  • 2005-09-27
  • ケシ
  • URL
  • 編集

[C121]

>ケシさん

ものすごい詳しい返信お疲れ様です。ケシさんの真面目で誠実なすばらしい人柄が良く分かりました。教えを説かれた数学の先生もこんなに理解されて本当に幸せだと思います。

ただ、ケシさんがおっしゃた

>一ページ目から読んで見ましょう。当たり前と思うところも欠かさずに。

という言葉がありますが、これを読んで、もはや議論は不毛に終わるだけだと確信しました。もちろん私はこういう姿勢を否定はしませんが、自分自身は最も嫌っているというか、本当に真逆の考え方です。私は少しでも読む量を減らす姿勢なのに対して、ケシさんは少しでも読む量を増やす姿勢なのです。

何回も言いますが、どれが真理とか言ってるわけではありません。どちらも悪い部分や良い部分、得意な分野や苦手な分野があると思います。ただ、これだけ相異なるものをバーチャルでいくら議論しても意味がなく終わるといいたいだけで…。

このコメントを読んでる方も、ケシさんの方法に自分は納得できると思ったら、ケシさんの気合の入った長文を熟読するといいととても役立つと思います。もちろん私のほうが近いなと思ったら、同様にこのブログを読んでくださると非常にうれしいです。

あと、ケシさんの貴重な時間を奪うし、またかなり疲れるとも思うので、別にノートを取る意味についてわざわざ答えなくても結構ですよ。

また、自民党の中に共産党が突っ込むような真似よりも、ケシさんご自身で情報を自由な形で発信された法が、もっと完成度の高く、理解されやすいものになると思います。根拠とかもしっかりつけやすいですしね。

それでは、本当に長いコメントありがとうございました。また、なにかあったら気軽にコメントください。

[C120]

前回はイキナリ真っ向からの反論を述べてしまいましたが、丁重にお答えしていただいて有難うございます。それでは早速管理人さんにご指摘された点について、詳しく述べて行きたいと思います。
 〔完璧なまでの予習〕:完璧になるまで予習をする意味は前回にもありました、良い循環を作るためにあります。一度理解さえすれば、授業を受けることが復習になります。その分、家出の勉強時間はカットでき、予習などに当てましょう。そして更に、もし完璧な予習を実践できたら分かるかと思いますが自然と予習の効率も上がり、予習も最小限の時間ですみます。ここまでは、前回述べたことを少し言い換えただけですね。それでは具体的お話しさせていただきます。
 数学で大切なのはまず基本。僕の教わっている教師も、一に基本で二に基本。といった感じで、基本に一番多くの時間を当てます。公式の完璧な暗記、それも理解しながらが大事です。これもまた教師に言われたことなのですが、「自分で証明できない公式は使うな」だそうです。公式の証明には必ずその範囲の基本とその前までの範囲の公式が必要です。これを理解することだけでも、前の公式の確認基本の理解度が上がります。さらに公式を丸暗記せずに理解することで、公式をうっかり忘れるの防ぎます。数学ででつまずく人の大半は基本の理解度が低いことが原因だと断言できます。さらに理解しているつもりでも、上記の公式の証明が出来ない人も多いです。分かったつもりになってしまっているのです。なんとなく、大体、公式であったから…、では駄目。高校数学の範囲で難しい問題というのは、答えにたどり着くまでが非常に入り組んでいる。使うべき公式も一つや二つではありません。しかし逆に言えば、一つ一つ公式から理解していれば、応用問題も基本的な問題の連続でしかなくなります。勿論そのためにはある程度の反復練習、パターンの把握などが必要で、数多くの問題をこなすことが鍵となります。しかしそのためにも、まずは公式の理解が先決です。授業で扱っている教科書、参考書で今やっている範囲のところからでも、一ページ目から読んで見ましょう。当たり前と思うところも欠かさずに。そうして公式を理解できたら、今度は基本問題の数をこなしましょう。公式を当てはめるだけのような簡単な問題のことです。ほとんど全問正解できたら、少し応用問題を解いてみましょう。スムーズにとけたのならばそれでよし、もしわからなくても考え込む必要はありません。そのまま授業に臨みましょう。公式と基本さえ理解していれば、授業も驚くほど理解でき、応用問題もじきに解けるようになります。そこまでくれば毎日の予習もだいぶ楽になり、少しテキストを読む程度でよくなります。余った時間を、暗記科目に当てることも出来ます。
 これは蛇足かもしれませんが、自分の友人で常に成績上位の人がいます。しかしその友人は数学のノートは全く取っていません、代わりに落書きを書いたり寝てたりしています。彼はいわゆる天才肌で、彼のまねをしてみても無意味です。それでも、その人に公式や基本的な事を聞けば、完璧に答えることが出来ます。天才と呼ばれる人とは、基本的なことを完璧に理解していて、発展問題にどうそれを当てはめるかというセンスが高い人のことだと思います。しかし逆に言えば、基本を把握し、発展問題のパターンをつかめば、きちんと天才の人と戦うことも出来ます。そのためにもまずは基本をしっかり理解しましょう。
 (ノートの必要性についてはまた後ほど)
  
  • 2005-09-24
  • ケシ
  • URL
  • 編集

[C118]

>神野誠 さん

英単語については暗記カードでやるやり方を私は推奨しています。詳しくは http://jukennavi.blog13.fc2.com/blog-entry-61.html をご覧下さい。

また、英語の辞書について少し…。まあ慣れていて5秒くらいの高速で辞書を引ける人はそのまま紙の辞書でも全然いいと思いますよ。ただ、自分は紙の辞書だと、15秒くらいはかかるので、時間効率を重視して、入力してすぐに見つかる電子辞書かパソコンのALC英辞郎on the Webで調べています。あと、紙の辞書で、隣のページに来たときに復習できるのはいいと思いますが、それに対して電子辞書の単語帳は紙の辞書と違い、覚えたい単語だけを瞬時に全て表示してくれるので、計画的にやれる方にはこちらのほうが効率はいいです。ただ、時間はかかっても、こつこつ型の方には紙の辞書でそのつど確認していくほうがやりやすく、持続しやすいのかもしれません。まあ、自分はその真逆のタイプなのであんまりよく分かりませんが(笑

>タクロー さん

自分の考え方と似ているので、特に何もないです(笑
上手く代弁してくれてありがとうございましたw

[C117]

>ケシさん タクローさん 神野誠さん

コメントありがとうございます。とりあえず、誤解のないようにひとつ言っておきますが、私はこの勉強法が万人に通ずるとは思っていないし、十人いたら十の勉強方法があると考えています。そして、その方法を決めるのは、私でも先生でもなく、あなた自身です。結果に責任をもてるのは自分ひとりしかいません。それを前提とした上で、私自身が最善と思えるものを紹介しているのです。あと、私が完全否定しているのは、あくまで「黒板の丸写し」であり、ノートとり自体は別にあってもいいと思います。ただし、「ノートをとれ」というと、皆が黒板を凝視して写す作業ばかりしてしまうのが、日本人のどうしても変えられない習性だと考えているので、ノートとり自体に否定的な立場をとっているのです。

>ケシさん

ちょっとこういう反論が来るのを楽しみにしてたので、コメント投稿感謝します。他の方も「G戦士はついに狂ったか!?」と思われたら、どしどしコメントくださいね。

>一度完璧と思えるまで予習をして見ましょう。そうすれば黒板に書かれている事がスムーズに頭に入ってきます。

その完璧とはどういう段階までをさすのでしょうか?私の学校の先生も「予習は徹底的にやれ」とよく言っていましたが、一体どの程度までが徹底的なのかよく分かりませんでした。大半の受験生が、具体的に言わないと、普段どおりの予習になると思います。

>授業で取り扱う問題も先に自分で解いていればノートをとるべきところそうでないところがわかります。

それが分かるほど受験生が効率的な考え方を皆持っていればよいのですが…八割以上の受験生が予習を真面目にこなしながらも、いざノートを取るとなると、ただ黒板を写すだけになっていると私は感じています。

>しかし、ノートは毎日必ず必要とするもの。

私は経験上「別に必ず必要なもんではないだろ」と思うのですが…良かったらその根拠を教えてください。

ちゃんとノートを取っていて、しかも偏差値も70超えているとかなら、全然ノートとってていいですよ(笑)真面目に予習してて、ノートも取ってるのに何故か偏差値は60に全然満たないって人が↑のような人よりものすごく数が多いと自分が感じているからこの記事を書いたわけでして。そういう人にちゃんとノートとれって言っても、結局写すんですよ。

なんか ノートを取るのは基本 てことから議論がスタートしてる感がするんですが…。そもそもノートを書くとどんなメリットがあるんですかね?ちょっと聞きたくなったんで、よろしかったら答えてください。

[C115] スゴイ!

 今まで復習の仕方には苦労してきました。毎回毎回どこをすべきかしないべきかと・・・。効率の良い方法を探してきました。これは、本当にいい方法だと思いました。ただ、英単語等については、単語集で覚えるべきものをまとめ、それをカードにして毎日空いた時間に見直す。そして、単語集をやり終えたらまたはじめから見直す、という方法のほうが効率的ではないかと思いました。それと、電子辞書についてですが大方賛成です。ただ、英語だけについては電子辞書ではないほうがいいと思います。なぜなら、普通の辞書では、自分がチェックしたものを確認することが出来ます。電子辞書にも確かに単語帳機能などがありますが、そのチェックした(マーカーで色づけ)単語を見るときに普通の辞書ではそのページに載っている又は前のページ次のページに今までチェックした単語をその都度確認することが出来ます。また、重要なところだけを確認できます。電子辞書は僕も持っていますが、類語などを調べるとき意外は普通の辞書を使ったほうが良いのではないでしょうか

[C113] 横からすいません汗

オレが思うにノートをとる時のやり方に問題があるのだと思うんですけど@@
G戦士さんの言われてることは、
先生が書いたことを一語一句正確にしかもキレイに写すってやり方のノートのとり方が問題だって言ってるんだと思います。
正直言えばホントノートは使い方によっては無駄にも効率よい方法にもなると思います。
よく几帳面な型方がする↑のような例がとても効率の悪さの代表だと思ってます。
まぁ和田さんが推奨してる、書きなぐりノートをするならまだいいと思いますけどね。
ただ無心に写すだけ写して分かった気になるってことがどれだけ無駄なことか・・・
それは去年経験済みです。
去年オレは化学の有機の分野を進研ゼミの教材でやっててまとめてあるのをもっとまとめて必死で書いて覚えよう覚えようとしました。
でもやっぱキレイに書こうとしてしまうんですよね・・・
んで結局は全然頭に入ってないとw
それにノートって使えば使うほどどんどん冊数増えて邪魔になるしとりあえずその中から探す時間も無駄だし、
ましてや改めてまとめるとか・・・だと思います。
まぁとりあえずノート使うなら使い方に気をつけろってことだと思いますよ♪

あっあと参考書に書き込むってのはめっちゃいいと思います♪
もともとまとまってる情報の中にさらに有益な情報を自分で書きこむことによって素晴らしい教材になるし♪
オレ去年それに気づいてからノート使わなくなりましたしw
単語カードとかあーゆー小さいもの使った方がずっとずっと便利だしね♪

[C112] 初めまして

 初めまして、各科目の勉強法等、とても参考にさせてもらっています。
 しかし、脱ノート宣言に書かれていることには少々納得致し兼ねます。英数国にしても、暗記科目の理科社会にしろ、ノートをとることは基本です。皆さんはこの基本がそもそも間違っているのだと仰っているのですが、それでは数学を例にとって私の意見を述べていきたいと思います。
 数学:確かに数学のノートをしっかりととるのは大変なことが多いです。大体にして数学教師には字を書くのが早い人が多いですし、問題の途中で長い数式を展開して、変形して、代入してということも良くあります。そんな膨大な数式を丁寧に取ろうとしても、途中で先に板書を消されてしまって…なんて事も。そんな問題を解消するに欠かせない事、それは毎日の予習です。もっと言えば、理解が出来ていればきちんとノートをとる事はできます。理解が出来ないからノートが取れない、そんな状態からノートをとるのをやめても無意味。理解が深まる事はありません。一度完璧と思えるまで予習をして見ましょう。そうすれば黒板に書かれている事がスムーズに頭に入ってきます。授業で取り扱う問題も先に自分で解いていればノートをとるべきところそうでないところがわかります。思い切って計算の部分は飛ばすのもありです。正し、教科書もしくは参考書に書き込むのはNGです。数文字でもです。ほんのわずかな書き込みでも、そのページ全体が狭苦しく見えて完全なマイナス効果です。
 暗記物の教科書は、大事なところを少し太線にしているだけで、余計な情報が多いです。だからノートは教師の流れに沿って丁寧にとらなければなりません。これにはある程度の慣れが必要なので、最初のうちはとにかくきれいにとるようにしましょう。そのうち、内容も理解しながら、脳に記憶を残しながらノートをとれる用になれます。
 以上のことは決して簡単ではありません。最初からうまく行く事はなく、どうしても練習が必要です。しかし、ノートは毎日必ず必要とするもの。期間的には知れています。一度理解してノートを取れるようになれば、後は楽です。ノートをきちんと理解し、その翌日も、翌々日も、という良い循環が出来ます。
 以上長文となりましたが、私の意見を述べさしてもらいました。
  • 2005-09-23
  • ケシ
  • URL
  • 編集

[C68]

ご丁寧な返答ありがとう御座いました。
まずはしっかりした動機を持って
毎日の勉強を続けられるようにします。

これからもblog更新頑張ってください。

  • 2005-09-13
  • The Chicken
  • URL
  • 編集

[C64]

>The Chicken さん

>机でのノートというのは一日の授業の復習ということでしょうか?

当たり前すぎて誤解を招いちゃいましたね。椅子に座って机に向かって勉強するということです。勉強内容は関係ありません。おそらく皆ができていることですが、私の場合、勉強習慣というものが皆無だったのでどうしてもしっかり机に向かって勉強することができなかったんです。

>それと参考書というのは問題集のほうではなくて問題の解き方の本に直接書き込むということでしょうか?

はい、そうです。ノートの代わりに利用していました。

□最終的なアドバイス

① 動機づけを持つ。

「必ず京大へ入らなければならない」と思うことです。The Chicken さんの文を見る限り「京大に入りたい」という目標で終わってしまっています。「京大へ入らなければいけない」という絶対超えなければならないハードルと思えるくらいにしなければなりません。
そして、細かい目標を設定してください。例えば「次のテストで10番以内に入る」とかを必ず達成しなければならない目標にするのです。ただこれだけだと、やるべきことがあやふやになってしまい、実際の勉強につながらなりません。そこで、例えば英単語500個暗記とか数学問題集50問を完璧にするとかのような具体的なノルマも設定してください。ノルマさえこなせれば一日何時間の勉強でもかまいません。以上をたとえるなら、山の頂上(京大合格)と中継地点(テスト10番以内)を見ながら、足元に注意(日々のノルマ)して登山(勉強)するようなイメージです。一応注意しておきますが、必ず山の頂上(京大合格)を意識しておくこと!学校のテストの成績や模試の成績がよくなっても最終的には何の意味もないのですから…。

② 勉強できる環境を自ら作り出す

勉強にルールはありません。家や学校で勉強できないなら、近くの図書館やカフェで勉強してみてください。人に見られていると意外と長時間できる場合があります。他にも、授業中の内職や電車通学中の勉強でも構いません。とにかく自分が勉強できる場所を探してください。そして、それを見つけたら必ずその場所に行くように自らを律するのです。

③ 集中してやるのだけが勉強ではない

私は勉強するのに気がのった日など一日もありません。集中してやれた時なんてほとんど皆無です。気分がのらない日でも、ボーっとした気分で暗記カードをペラペラめくってボソボソつぶやく…こうやるだけでかなり暗記できます。というか「集中してやれた!」なんて所詮は本人の主観的な意識にすぎないわけです。気がのらないのをいちいち気にするのではなく、それをどう処理するか考えてください。

[C63]

説明が足りなくて申し訳ありませんでした。
①240人中30位ぐらいです
(とはいっても入試の平均点が300点中220点ぐらいだったので進学校とはいえないかもしれませんが)
②授業の進度は遅いほうです。未だに三角比に入ってないので。 クラスの雰囲気ですが授業中は静かです。
③通信教材(チャレンジ)です。勉強時間は平日が1時間で、休日が2時間ぐらいです。(中々集中力が続かない・・・・・)

④それが困ったことに気分でころころ変わってしまうんです。

⑤実は文系と理系で迷っていて最終的に理系に決めたものですから、バイオテクノロジーに秀でている京大に決めたわけです。

机でのノートというのは一日の授業の復習ということでしょうか?すみません、なにぶんこちらは一日の授業の復習をしたことがないので・・・・・。

それと参考書というのは問題集のほうではなくて問題の解き方の本に直接書き込むということでしょうか?

それではご返答よろしくお願いします。
  • 2005-09-12
  • The Chicken
  • URL
  • 編集

[C62]

>The Chicken さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

>どうすれば毎日勉強を続けられるのでしょうか?

こういう抽象的な質問に答えるには、少し情報量が足りません。まずは、↓の事柄に具体的に答えてくださらないでしょうか?
①現在の成績 ②在籍する高校のレベルと雰囲気 ③現在の勉強の方法と時間 ④する気になる日とならない日の違い ⑤京大へ行く動機の内容とその強さ

とりあえず現時点でアドバイスできることを少しだけ…。まず自分の勉強できる環境を確立することです。さっきの質問の答えを考える中で、自分を勉強から遠ざけている要素が分かってくるはずですから、それを考慮して自分に最善の環境を考えてみてください。
少し抽象的な議論になってしまったので、具体例をだします。私は 机に向かってノートに綺麗に書く ということが全く出来ませんでした。そこで、ノートは計算にしか使わないで、参考書への書き込みと暗記カードの記入を至る所でやりました。布団の中、トイレ、食事中などの時間にその作業をして、机の上では結局最後まで、リハーサル以外のときは全く勉強しませんでした。

今回いえるのはこれくらいです。すいません。それでは勉強がんばってください。

[C61]

こんにちは
ここにくるのは初めてなのですが
この典型的な悪い例を僕はやっていました
今度の授業からは気を付けて受けます。

ここで管理人さんに質問なのですが
今僕は高1で一人密かに京大を狙っているのですが
それに対して今の成績は思うように良くありません
僕はすごいムラっ気があって勉強がしたい日と
したくない日が分かれるときがいっつもです

どうしても毎日勉強を続ける気にはどうしてもなれないんです。

どうすれば毎日勉強を続けられるのでしょうか?
  • 2005-09-12
  • The Chicken
  • URL
  • 編集

[C56]

> amiさんのやっている解答の写し方は非常にいいと思います。

ホントですか?!ありがとうございます!!
ずっとこのやり方でやってきているのですが、実は成績は全くと言っていい程伸びず
最近は自分のやり方に自信が持てていなかったんです。。
でもこうやって褒めてもらえてホントに嬉しいです☆★

> ただ漠然と写していても、あのなが~い数学の解答の本質はつかめません。

確かにそうですよね。
数学に限らず他の教科でも「絶対理解してやる!!」っていう意識でやらないと
いくら写しても理解できませんもんね。

とにかく、ホント自分のやり方に自信がもてました!!
また気合い入れなおして頑張ります!!
ありがとうございました★☆

[C55]

>amiさん

やはり自分が納得できる形が一番だと思います。結局は自分の合否に責任をもてるのは自分だけですからね。自分の信じるやり方でがんばってください。

あ、ちょっと補足を。amiさんのやっている解答の写し方は非常にいいと思います。というか写しているというよりは解答を利用しているといった方が正しいくらいだと思いますね。そのやり方は自信を持って続けるべきです!

なんか「数学は暗記」というのは定説になってから意味もなく一言一句変えずにひたすら解答を写しまくる輩が増えたと思い、あんな発言したんです。本当に一言一句暗記するなら、それが一番いいんですが…数学で言う暗記はそういう意味じゃないはずです。これは、やった人なら分かると思いますが、ただ漠然と写していても、あのなが~い数学の解答の本質はつかめません。「数学は暗記」の本質は「こういう問題がきたときはあれを使う!そしてその計算方法はこうやるんだ」というような考え方ですからね。amiさんのように補うような形で解答を利用すれば、解答の論理の順序が分かりますから、本当の意味での暗記が進むんですよ。

なんか今日は久しぶりに暇人なので朝っぱら(昼!?)から長文でかなりうすい内容のレスをしちゃいました。寝ぼけててアホな文になってなかったでしょうかね?

それでは勉強頑張ってください

[C54]

アドバイスありがとうございます。

あたしの説明すこし不足してましたね。。
実は予備校のテキストの解答には解説がなく、答えのみが書かれいる状態なんですね。
なので、授業中の解説を写さないと、テキストの解説というものがないんですよ。
解説がついていれば管理人さんのいう方法が一番手っ取り早いんですけどね。。

あと管理人さんからみなさんへの
“問題集を解いた後の丸付けの際に、その解答をノートに丸写しにしますか?横にある補足説明も写しますか?”
という質問ですが
あたしは、問題集の解説も書いて暗記しよう!と思っているので
丸写しというわけではないですが、やっぱり解説を写す派ですね。
もちろんただ写すのではなく、理解する事を目的にしているので自分で考えながらやるようにしてるのですが。。


うーん…やっぱり時間の無駄かも知れませんが
授業・問題の理解のために授業のノートはもう少し今の方法を続けようと思います。
相談に乗っていただいてありがとうございました♪

[C53]

>amiさん

状況をもう少し詳しく聞かなければ、断定はできませんが、私的にはそのやり方はナシです。

>例えば数学なら何故こうゆう計算結果になるのか
という事を自分で実際計算をしながら写すようにしているのでおかげで理解できた部分もたくさんあります

それだと授業中に写さなくても、手元にある解答を使えばいいんじゃないでしょうか?復習の際は、ノートの代わりにそれを見ながら、計算して分からないところを理解した方が時間がかからないと思います。
ただそれだけじゃ授業を完全に消化できないので 解答に載っていない講師が解説していた解答のポイント を手元の解答の該当する所に付け加えるといいでしょう。それを加えた解答を使えば、完全に板書を写したノートを使うのと同じ復習作業がより短い時間でできると思います。

>基礎力が完成すれば自然と効率よく勉強できるようになる という言葉もあるので、今はやっぱり基礎力を徹底する為にもノートまとめはしなきゃなぁとも思う

基礎力完成には大賛成ですが、そこにノートまとめが必要不可欠かは少々疑問です。
しっかりまとまっている参考書がないなら、その作業は必須でしょう。例えば、マイナーな資格試験や英語で書かれたテキストしかない試験を受ける際にはかなり重要です。
昔、今の先生方が受験生だった時代には、今のようにまとまっている参考書がなく、単なる羅列だけの辞書的なものしかなかったので、自力でまとめるのが必須作業だったのです。そのため自分でまとめるのをかなり重視する先生がたくさんいます。もちろんその中にはかなり優秀な先生も相当数おられるでしょう。
しかし、今は違います。図やイラストを使って分かりやすくまとめているものがたくさんあります。教科書も最近のものは質が上がってきているので、それを使っても構いません。
自分でまとめる必要性…前に紹介したマインドマップのような脳科学的に最高の形のものを作れるなら話は別ですが、有名講師が推敲を重ねて書き上げた市販の参考書以上にまとまったノートにできますか?
既に十分すばらしい形のまとめがあるならば、真面目に自力で時間をかけてノートにまとめることはしないで、そのまとまったものに自分の手を動かして、授業や知識をリンクさせていき理解を深めるほうが、時間的にも効果的にもよいと思います。


>みなさんへ

質問! 問題集を解いた後の丸付けの際に、その解説をノートに丸写しにしますか?横にある補足説明も写しますか?

皆さんは問題集のような黒板以外のものを写すのに抵抗があるのにもかかわらず、無意識のうちに 黒板に書かれたものは写すべきものだ と考えていませんか?問題集の解説も黒板による解説も本質は同じです。大事なのは その内容を理解して、さらに実践で使えるようになる(つまりは理解しつつ暗記するということですね) ということです。写すことも時には必要ですが、 黒板を写す という概念を一回とっぱらってください。そうすれば本当の黒板の写し方が見えてくるはずです。

今回の返信はかなり刺激的になっちゃいました。最後に一言二言…
amiさん、あまり私の言葉を鵜呑みにしないように(笑
もしこれを読んで納得すれば、ぜひ実行してください。これはないだろ!と思われたら、今までのやり方を実行してください。自分の納得した、信じた勉強方法でない限り、勉強は進みません。自分で決めた道でない限り、自分で決めた大学でない限り、努力できないのと同じように…

それでは勉強頑張ってください!!!

[C51]

>odinさん

>特に個人的には一切、ノートに書くことが必要ないと思う現代文、模試の解説でもの凄いスピードで(それも汚い字で)黒板に内容を順序だてて書くのを一心不乱に写してますからね

それは私もすごく思いました。教室全員が、全く理解できていないものをただひたすら一生懸命に写すあの姿…私の眼には北朝鮮の軍隊のように映りました(笑

>現役高校生のマインドマップレポート

おお!実践されたのですね。やはり現場でのレポートは説得力があります。マインドマップはかなり効果的ですが、作成するのに知識と慣れがいりますね。正直、今の時期に切羽詰っている高3生には博打です。ただodinさんは高1なんで、今からマインドマップに慣れていけば、長期的にかなりの効果が期待できるはずです。

それでは勉強がんばってください

[C50]

こんばんわ☆
脱ノート宣言!で書かれてる事は確かですね。納得です。
そこで、今のあたしのノートのとり方について相談にのってもらいたいです。

今あたしが授業中にやってる事は管理人さんが冒頭で言ってたように悪い例の典型かも知れません。
板書を写し、講師が口頭で言った部分もノートの横に書くというパターンで、
正直自分で考えるという事はあまりしていない気がします。

ですが、管理人さんの言っている悪い例と違うと思うのは
そのままだと日が経ったあと復習をする際に
走り書きしたノートの字は汚い上に、
自分で考えてないので授業を思い出そうとしても思いだせないので復習ができない
という状態になってしまうので
授業があったその日のうちに授業中にとったノートをまとめ直しています。
時間の無駄かとは思いますが、それでもまとめ直す際に
例えば数学なら何故こうゆう計算結果になるのか
という事を自分で実際計算をしながら写すようにしているので
おかげで理解できた部分もたくさんありますし
自分ではこの方法でイイんじゃないかな と思ってるのですが
やっぱり時間がかかってしまうのが気になってます。
基礎力が完成すれば自然と効率よく勉強できるようになる
という言葉もあるので、今はやっぱり基礎力を徹底する為にも
ノートまとめはしなきゃなぁとも思うし
ちょっと今さらですが悩んでる部分なのですが
管理人さんからみてこの方法はどう思いますか?
改善点等何かアドバイスあればお願いします><

[C48]

ご無沙汰しています。
脱ノート宣言で言われてることはもっともですね!ウンウンうなずけます。うちのクラスのほとんどが授業中ノートをとることに一生懸命です。きれいな色のペンを使いカラフルにまとめようとします。「書くことで覚えられる」というのもG戦士さんがご指摘なさるとおりノートをキレイにつくることに一生懸命で内容を理解できてないです。特に個人的には一切、ノートに書くことが必要ないと思う現代文、模試の解説でもの凄いスピードで(それも汚い字で)黒板に内容を順序だてて書くのを一心不乱に写してますからね、同じ文が出るわけでもなければ自分で理解できなければ問題は解けるようにならないのに。

話変わってマインドマップですが紹介していらしたホームページや実例をもとにして作っています。科目は世界史と倫理、保健体育です。世界史は授業はプリントなのでそれをもとに作っています。倫理は事前に教科書の太字部分だけマインドマップにし教科書には載ってないキーワードだけメモをとり書き足しています。保健体育は学年ビリをとってしまい(受験に関係ない科目は勉強しない主義なので(苦笑))平均くらいとってやろうと思いやっているのですが、ん~微妙な感じです。あまり世界史や倫理みたいに話が発展していかないのでつまらないです。医薬品の注意事項7項目など一つから7つに分かれても・・というような感じです。ので今後様子を見てみようと思います。 そしてやってみてですが「余分そうなところを書き足しまくっていくと覚えやすい!」ということと「絵をいれるとやはり覚えやすい!」ということです。余分そうなこととは例えば倫理でコラムや用語解説など隅っこに書いてあることでほっときがちですがマインドマップにちょこちょこっと付け加えると全体的に覚えやすくなる気がします。関連付ける情報が多いと覚えやすくなるっていうやつなんでしょうかね。そして2つ目のことですが絵は入れるとそこがカナリ覚えやすくなります。忘れても絵を思い出して、「あっ!!」ってことも少なからず起こります。しかし絵というものは難しくナカナカイイアイデアが思い浮かばないもので苦労しますね。あとは物事の起こる順番やらが明確になりしっかり理解できます。教科書は横にダラダラ書かれていて飽きるし、疲れるし、何がどうなったのか把握しずらいですがマインドマップは木の幹のように広がっていくので全体を把握できます。

なんか気付いたらカナリの長文になってしまいました(苦笑) では以上、現役高校生のマインドマップレポートでした。

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

脱ノート宣言!

日本の義務教育では非常にノートをとることが重要視される。板書だけではなく先生の言っている大事なことまで書き取れという。一見、真理のように思えるが、はっきり言って、ノートつくりを真面目にやるのは… バカだ!

ノートをとらなくてはいけない!…これこそが逆転合格を果たすためには排除せねばならない腐った常識なのだ!


私は小学生の時から全くノートを取るクセがなかった。たださぼっていただけではなく、取る意味が全く分からなかったからだ。しかし、今思えば、逆にノートをとるクセがなかったからこそ、わずか半年で京大に合格できたのだ。その理由を今から説明していく。

そもそもノートを取る意味って何だろう?おそらくは ①事柄をまとめる ②書くことで暗記 のふたつだと思う。それ以外に理由があるだろうか。

大抵の人は板書をただ写しているだけ、もしくは先生が大事と言った事を横にちょっこっと書いているだけだと思う。そのとき、自分がどういう意識で勉強しているか考えてみて欲しい。ただ写すことに一生懸命になってはいないか?だが、それではノートを取る目的である 事柄を整理して暗記する ということが全く果たされていないのだ!

では、授業をしっかり自分の中で考えてノート作りをする場合はどうだろうか?この場合は 自分でまとめよう という強い意識が働くためにある程度、事柄をまとめていくことができるだろう。しかし、効果的に暗記できているとは言いがたい。なぜなら、自分でまとめあがるのにはそれなりに時間がかかり、その時間が暗記そのものの効率性を下げてしまうからだ。

ただ、私は「書くこと」については大賛成だ。分かっているつもりになって、実は書くことが出来ない…ってことはしょっちゅうある。しかし ノートをとる という方法以外でも 書く を実践できる方法はいくらでもあるのだ!

その代表例が 暗記カード だ。授業中に分からない用語が出てきたら、それと同時に暗記カードを作る。ノートと比べて、復習の効率性が段違いに高いので、暗記面ではかなりの効力を発揮する。また、ノートと違い、用語単体で書き込めるので、文字数が半分以下になり、書き込む時間も短縮できる。ただ まとめる面 ではあまり効力を発揮しない。→暗記カードの使用法

そこで出てくるのが 参考書への書き込み だ。自分でまとめなくともしっかりまとめてくれている参考書はいくらでもある。ただそれを見るだけでは、自分の意識がともなっていないので、いくら綺麗にまとめてあっても、自分の脳内では全然まとまらない。そこで、書き込みをしていって、自分の脳内とのリンクを作るのだ。板書をただ写しているよりも断然 自分でまとめる という意識が働く。また、あらかじめ書いてあるものに書き込んでいくので、暗記カードと並行しても、従来のノート作りをするより時間がかからない。その時間を、作った暗記カードの暗記に当てればよいのだ!

ノートをとることは当たり前になりすぎていて誰も疑問に思わない。過去問をやるのに疑問を持つ前に、ノートをとる意味を考えてみて欲しい。

とりあえず板書をただ写している人はは今すぐやめろ!あなたのやっていることは デジカメで黒板を撮影すれば済むようなことじゃないか(笑

他にもいろいろな受験勉強サイトが参加中→人気blogランキングへ

□関連記事 メモリーツリー解体新書  大改革!暗記カード使用法  真・過去模試の勉強法 その1



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/71-22cf60d5

1件のトラックバック

[T51] マインドマップの入門

マインドマップの入り口は人によってさまざまなようです。本を買って知ったという人、インターネットでたまたまぶつかった人、友達が使っていた、漫画の中で紹介されていた等等。

27件のコメント

[C2788] KYOさんへ

確かにノート提出あったら、取るしかないでしょうな。成績に響くわけですから。拒否してみたところであなたの特になることは何も無いでしょうし。かくいう私も取ってましたよ、仕方なく。
 私にはあまり気に入らない制度ではありますが。ノートなんて、その人の好きなように取らせりゃいいじゃんって考え方なので。

[C2770]

脱ノートですが、たしかにただ写すだけになっていると思います。しかし、例えばノート提出をしろなどという課題がある場合にはやっぱりとったほうがいいですよね???

[C2256] 参考書への書き込み

なにかピンときません。
まとまっているところに書くのですから、当然「書く量」がへりますし、「まとめる」ってことになるのでしょうか。すいませんが、教えてください。
  • 2006-03-30
  • something
  • URL
  • 編集

[C1885] 何の達人かって?

もちろんマインドマップの達人(といいたいところです。(笑))。とりあえず、三年間研究してみました。マインドマップのページを検索してたら、脱ノート宣言にたどり着いたわけですが、ホームへ行って最初から覗いてみるとすごいサイトですね。
  • 2006-02-16
  • 達人
  • URL
  • 編集

[C1883]

>達人さん

なんか達人って感じですね (笑

ノートをとるっていうこと自体が目的化してる人が多いような気がしますね。私の知っている社会人の人のメモにしても、できる人ほど、何でもかんでもメモるのではなく、メモする内容をしっかり選んで、しかも絶対にその大事な部分を逃さないような気がしますし。

[C1874] 脱ノート大賛成!

ノートを取る。これは勉強の中でもっとも無駄な部分である。私が学生の頃には友達ときれいなノート作りを競い合っていて、そのくせテスト前に開いたためしも無い。中学・高校では、問題集という便利なものがあるので、ソレをやっていけばよいと思う。ウチの親父もノートを取る習慣が無かったらしいが、それでも成績はいつもトップだったらしい。教師がノート(問題を解いてきたものではなく、黒板を移しただけのもの)を提出させたり、それで、点数を評価するなんてやり方は愚の骨頂!!官僚的だと言ってもいいだろう。何しろ、作業をさせただけで、実力はついている保障はないのだから。まったく同じものを移すのなら、はじめからプリントに書いてコピーして配ってくれるか、上の方に書いてあったようにデジカメで撮るでもしたほうが効率がよろしい。要領の悪い人になると、ノートを丸写しすると、目が黒板とノートの往復になってしまい、話はまるで耳に入ってこない。たまに先生が黒板のスペースが無くなった時に消す際、『ここ、もう書いた?』と聞くことがあるが、先生からして大きな誤解をしていることが分かる。学生のノートをとる、という行為は仕事をする人がメモを採るという作業とは大いに異なると思う。教師は理解と記憶を目指して授業を進めるべきである。というのはやはり、板書をして時間つぶしをしなければいけないほど技量が足りないか、書くことが勉強であるという間違った思い込みを持っていると思わされることが往々にしてあった。理想としては、基本路線は口頭の話だけで進めていって、図解なり、難しい漢字なりが出てきたときだけ参考程度に黒板を使うという風にするべきだ。ノートばかり書かせる教師は授業中に教科書もろくに役立てていないのではないか?そもそも、まとめるという作業をわざわざ教師が黒板で行う必要がどこにあるのだろうか??教師は生徒を50分間、話だけで集中させておくことができない、あるいは授業中に生徒とディスカッション、あるいは質疑応答を受け答えるだけの能力が欠けているために、『ノート取り』と称して、学生を縛り付けておかなくてはならないのだ。
  • 2006-02-16
  • 達人
  • URL
  • 編集

[C1191]

なるほど。G戦士さんの言っていることを考えると納得できることがありますね。

今まで私は学校では高2の授業で英語R(リーダーと読みます。リーディングではありません)だけはノートを決してとっていませんでしたが、3学期からは
現代文、英語W、数2(グレード別なので先生による)、現代社会、保健は内職することに決定しました。
美術は内職しながら授業をしてみます。

ほんとうは地理も内職に使いたいのですが、先生がノートとらないと怒るんで・・・しかも地理もグレード別なんですが、席が一番前なので難しいです。
現代文も先生がたまに生徒の周りをうろつくので難しいですね。現代文の先生もノートをとらないと怒りますし。私ではありませんが現代文の授業に内職していた奴が先生に内職道具をとりあげられたことがありました。

ほんとうは生物も内職に使いたいのですが、先生曰く
「ノートをちゃんととって先生に提出した人は赤点をつけない」と言うのでしかたなくとってます。
生物は苦手なので・・・・。
  • 2006-01-08
  • 霧丸
  • URL
  • 編集

[C134]

 誠実なお返事有難うございます。思うが侭に永遠とコメントを書いていたら、いつの間にかあの様な長文になってしまいました。読みにくくて申し訳ありませんでした。

 自民、共産党のたとえはとてもユニークで、的を射ているかもしれません。本番一ヶ月前からの勉強法も拝見させていただきました、残り時間が短いという条件においてこのサイトで紹介されている効率的な勉強法は非常に適していると思います。

 確かに自分のそれは、むしろ時間的に余裕のある人向きかもしれません。早い時期からあのコメントを読んで、参考にしてくださる方がいらっしゃれば幸いです。管理人さんと全く違う意見も、尊重していただき有難うございました。
  • 2005-09-27
  • ケシ
  • URL
  • 編集

[C121]

>ケシさん

ものすごい詳しい返信お疲れ様です。ケシさんの真面目で誠実なすばらしい人柄が良く分かりました。教えを説かれた数学の先生もこんなに理解されて本当に幸せだと思います。

ただ、ケシさんがおっしゃた

>一ページ目から読んで見ましょう。当たり前と思うところも欠かさずに。

という言葉がありますが、これを読んで、もはや議論は不毛に終わるだけだと確信しました。もちろん私はこういう姿勢を否定はしませんが、自分自身は最も嫌っているというか、本当に真逆の考え方です。私は少しでも読む量を減らす姿勢なのに対して、ケシさんは少しでも読む量を増やす姿勢なのです。

何回も言いますが、どれが真理とか言ってるわけではありません。どちらも悪い部分や良い部分、得意な分野や苦手な分野があると思います。ただ、これだけ相異なるものをバーチャルでいくら議論しても意味がなく終わるといいたいだけで…。

このコメントを読んでる方も、ケシさんの方法に自分は納得できると思ったら、ケシさんの気合の入った長文を熟読するといいととても役立つと思います。もちろん私のほうが近いなと思ったら、同様にこのブログを読んでくださると非常にうれしいです。

あと、ケシさんの貴重な時間を奪うし、またかなり疲れるとも思うので、別にノートを取る意味についてわざわざ答えなくても結構ですよ。

また、自民党の中に共産党が突っ込むような真似よりも、ケシさんご自身で情報を自由な形で発信された法が、もっと完成度の高く、理解されやすいものになると思います。根拠とかもしっかりつけやすいですしね。

それでは、本当に長いコメントありがとうございました。また、なにかあったら気軽にコメントください。

[C120]

前回はイキナリ真っ向からの反論を述べてしまいましたが、丁重にお答えしていただいて有難うございます。それでは早速管理人さんにご指摘された点について、詳しく述べて行きたいと思います。
 〔完璧なまでの予習〕:完璧になるまで予習をする意味は前回にもありました、良い循環を作るためにあります。一度理解さえすれば、授業を受けることが復習になります。その分、家出の勉強時間はカットでき、予習などに当てましょう。そして更に、もし完璧な予習を実践できたら分かるかと思いますが自然と予習の効率も上がり、予習も最小限の時間ですみます。ここまでは、前回述べたことを少し言い換えただけですね。それでは具体的お話しさせていただきます。
 数学で大切なのはまず基本。僕の教わっている教師も、一に基本で二に基本。といった感じで、基本に一番多くの時間を当てます。公式の完璧な暗記、それも理解しながらが大事です。これもまた教師に言われたことなのですが、「自分で証明できない公式は使うな」だそうです。公式の証明には必ずその範囲の基本とその前までの範囲の公式が必要です。これを理解することだけでも、前の公式の確認基本の理解度が上がります。さらに公式を丸暗記せずに理解することで、公式をうっかり忘れるの防ぎます。数学ででつまずく人の大半は基本の理解度が低いことが原因だと断言できます。さらに理解しているつもりでも、上記の公式の証明が出来ない人も多いです。分かったつもりになってしまっているのです。なんとなく、大体、公式であったから…、では駄目。高校数学の範囲で難しい問題というのは、答えにたどり着くまでが非常に入り組んでいる。使うべき公式も一つや二つではありません。しかし逆に言えば、一つ一つ公式から理解していれば、応用問題も基本的な問題の連続でしかなくなります。勿論そのためにはある程度の反復練習、パターンの把握などが必要で、数多くの問題をこなすことが鍵となります。しかしそのためにも、まずは公式の理解が先決です。授業で扱っている教科書、参考書で今やっている範囲のところからでも、一ページ目から読んで見ましょう。当たり前と思うところも欠かさずに。そうして公式を理解できたら、今度は基本問題の数をこなしましょう。公式を当てはめるだけのような簡単な問題のことです。ほとんど全問正解できたら、少し応用問題を解いてみましょう。スムーズにとけたのならばそれでよし、もしわからなくても考え込む必要はありません。そのまま授業に臨みましょう。公式と基本さえ理解していれば、授業も驚くほど理解でき、応用問題もじきに解けるようになります。そこまでくれば毎日の予習もだいぶ楽になり、少しテキストを読む程度でよくなります。余った時間を、暗記科目に当てることも出来ます。
 これは蛇足かもしれませんが、自分の友人で常に成績上位の人がいます。しかしその友人は数学のノートは全く取っていません、代わりに落書きを書いたり寝てたりしています。彼はいわゆる天才肌で、彼のまねをしてみても無意味です。それでも、その人に公式や基本的な事を聞けば、完璧に答えることが出来ます。天才と呼ばれる人とは、基本的なことを完璧に理解していて、発展問題にどうそれを当てはめるかというセンスが高い人のことだと思います。しかし逆に言えば、基本を把握し、発展問題のパターンをつかめば、きちんと天才の人と戦うことも出来ます。そのためにもまずは基本をしっかり理解しましょう。
 (ノートの必要性についてはまた後ほど)
  
  • 2005-09-24
  • ケシ
  • URL
  • 編集

[C118]

>神野誠 さん

英単語については暗記カードでやるやり方を私は推奨しています。詳しくは http://jukennavi.blog13.fc2.com/blog-entry-61.html をご覧下さい。

また、英語の辞書について少し…。まあ慣れていて5秒くらいの高速で辞書を引ける人はそのまま紙の辞書でも全然いいと思いますよ。ただ、自分は紙の辞書だと、15秒くらいはかかるので、時間効率を重視して、入力してすぐに見つかる電子辞書かパソコンのALC英辞郎on the Webで調べています。あと、紙の辞書で、隣のページに来たときに復習できるのはいいと思いますが、それに対して電子辞書の単語帳は紙の辞書と違い、覚えたい単語だけを瞬時に全て表示してくれるので、計画的にやれる方にはこちらのほうが効率はいいです。ただ、時間はかかっても、こつこつ型の方には紙の辞書でそのつど確認していくほうがやりやすく、持続しやすいのかもしれません。まあ、自分はその真逆のタイプなのであんまりよく分かりませんが(笑

>タクロー さん

自分の考え方と似ているので、特に何もないです(笑
上手く代弁してくれてありがとうございましたw

[C117]

>ケシさん タクローさん 神野誠さん

コメントありがとうございます。とりあえず、誤解のないようにひとつ言っておきますが、私はこの勉強法が万人に通ずるとは思っていないし、十人いたら十の勉強方法があると考えています。そして、その方法を決めるのは、私でも先生でもなく、あなた自身です。結果に責任をもてるのは自分ひとりしかいません。それを前提とした上で、私自身が最善と思えるものを紹介しているのです。あと、私が完全否定しているのは、あくまで「黒板の丸写し」であり、ノートとり自体は別にあってもいいと思います。ただし、「ノートをとれ」というと、皆が黒板を凝視して写す作業ばかりしてしまうのが、日本人のどうしても変えられない習性だと考えているので、ノートとり自体に否定的な立場をとっているのです。

>ケシさん

ちょっとこういう反論が来るのを楽しみにしてたので、コメント投稿感謝します。他の方も「G戦士はついに狂ったか!?」と思われたら、どしどしコメントくださいね。

>一度完璧と思えるまで予習をして見ましょう。そうすれば黒板に書かれている事がスムーズに頭に入ってきます。

その完璧とはどういう段階までをさすのでしょうか?私の学校の先生も「予習は徹底的にやれ」とよく言っていましたが、一体どの程度までが徹底的なのかよく分かりませんでした。大半の受験生が、具体的に言わないと、普段どおりの予習になると思います。

>授業で取り扱う問題も先に自分で解いていればノートをとるべきところそうでないところがわかります。

それが分かるほど受験生が効率的な考え方を皆持っていればよいのですが…八割以上の受験生が予習を真面目にこなしながらも、いざノートを取るとなると、ただ黒板を写すだけになっていると私は感じています。

>しかし、ノートは毎日必ず必要とするもの。

私は経験上「別に必ず必要なもんではないだろ」と思うのですが…良かったらその根拠を教えてください。

ちゃんとノートを取っていて、しかも偏差値も70超えているとかなら、全然ノートとってていいですよ(笑)真面目に予習してて、ノートも取ってるのに何故か偏差値は60に全然満たないって人が↑のような人よりものすごく数が多いと自分が感じているからこの記事を書いたわけでして。そういう人にちゃんとノートとれって言っても、結局写すんですよ。

なんか ノートを取るのは基本 てことから議論がスタートしてる感がするんですが…。そもそもノートを書くとどんなメリットがあるんですかね?ちょっと聞きたくなったんで、よろしかったら答えてください。

[C115] スゴイ!

 今まで復習の仕方には苦労してきました。毎回毎回どこをすべきかしないべきかと・・・。効率の良い方法を探してきました。これは、本当にいい方法だと思いました。ただ、英単語等については、単語集で覚えるべきものをまとめ、それをカードにして毎日空いた時間に見直す。そして、単語集をやり終えたらまたはじめから見直す、という方法のほうが効率的ではないかと思いました。それと、電子辞書についてですが大方賛成です。ただ、英語だけについては電子辞書ではないほうがいいと思います。なぜなら、普通の辞書では、自分がチェックしたものを確認することが出来ます。電子辞書にも確かに単語帳機能などがありますが、そのチェックした(マーカーで色づけ)単語を見るときに普通の辞書ではそのページに載っている又は前のページ次のページに今までチェックした単語をその都度確認することが出来ます。また、重要なところだけを確認できます。電子辞書は僕も持っていますが、類語などを調べるとき意外は普通の辞書を使ったほうが良いのではないでしょうか

[C113] 横からすいません汗

オレが思うにノートをとる時のやり方に問題があるのだと思うんですけど@@
G戦士さんの言われてることは、
先生が書いたことを一語一句正確にしかもキレイに写すってやり方のノートのとり方が問題だって言ってるんだと思います。
正直言えばホントノートは使い方によっては無駄にも効率よい方法にもなると思います。
よく几帳面な型方がする↑のような例がとても効率の悪さの代表だと思ってます。
まぁ和田さんが推奨してる、書きなぐりノートをするならまだいいと思いますけどね。
ただ無心に写すだけ写して分かった気になるってことがどれだけ無駄なことか・・・
それは去年経験済みです。
去年オレは化学の有機の分野を進研ゼミの教材でやっててまとめてあるのをもっとまとめて必死で書いて覚えよう覚えようとしました。
でもやっぱキレイに書こうとしてしまうんですよね・・・
んで結局は全然頭に入ってないとw
それにノートって使えば使うほどどんどん冊数増えて邪魔になるしとりあえずその中から探す時間も無駄だし、
ましてや改めてまとめるとか・・・だと思います。
まぁとりあえずノート使うなら使い方に気をつけろってことだと思いますよ♪

あっあと参考書に書き込むってのはめっちゃいいと思います♪
もともとまとまってる情報の中にさらに有益な情報を自分で書きこむことによって素晴らしい教材になるし♪
オレ去年それに気づいてからノート使わなくなりましたしw
単語カードとかあーゆー小さいもの使った方がずっとずっと便利だしね♪

[C112] 初めまして

 初めまして、各科目の勉強法等、とても参考にさせてもらっています。
 しかし、脱ノート宣言に書かれていることには少々納得致し兼ねます。英数国にしても、暗記科目の理科社会にしろ、ノートをとることは基本です。皆さんはこの基本がそもそも間違っているのだと仰っているのですが、それでは数学を例にとって私の意見を述べていきたいと思います。
 数学:確かに数学のノートをしっかりととるのは大変なことが多いです。大体にして数学教師には字を書くのが早い人が多いですし、問題の途中で長い数式を展開して、変形して、代入してということも良くあります。そんな膨大な数式を丁寧に取ろうとしても、途中で先に板書を消されてしまって…なんて事も。そんな問題を解消するに欠かせない事、それは毎日の予習です。もっと言えば、理解が出来ていればきちんとノートをとる事はできます。理解が出来ないからノートが取れない、そんな状態からノートをとるのをやめても無意味。理解が深まる事はありません。一度完璧と思えるまで予習をして見ましょう。そうすれば黒板に書かれている事がスムーズに頭に入ってきます。授業で取り扱う問題も先に自分で解いていればノートをとるべきところそうでないところがわかります。思い切って計算の部分は飛ばすのもありです。正し、教科書もしくは参考書に書き込むのはNGです。数文字でもです。ほんのわずかな書き込みでも、そのページ全体が狭苦しく見えて完全なマイナス効果です。
 暗記物の教科書は、大事なところを少し太線にしているだけで、余計な情報が多いです。だからノートは教師の流れに沿って丁寧にとらなければなりません。これにはある程度の慣れが必要なので、最初のうちはとにかくきれいにとるようにしましょう。そのうち、内容も理解しながら、脳に記憶を残しながらノートをとれる用になれます。
 以上のことは決して簡単ではありません。最初からうまく行く事はなく、どうしても練習が必要です。しかし、ノートは毎日必ず必要とするもの。期間的には知れています。一度理解してノートを取れるようになれば、後は楽です。ノートをきちんと理解し、その翌日も、翌々日も、という良い循環が出来ます。
 以上長文となりましたが、私の意見を述べさしてもらいました。
  • 2005-09-23
  • ケシ
  • URL
  • 編集

[C68]

ご丁寧な返答ありがとう御座いました。
まずはしっかりした動機を持って
毎日の勉強を続けられるようにします。

これからもblog更新頑張ってください。

  • 2005-09-13
  • The Chicken
  • URL
  • 編集

[C64]

>The Chicken さん

>机でのノートというのは一日の授業の復習ということでしょうか?

当たり前すぎて誤解を招いちゃいましたね。椅子に座って机に向かって勉強するということです。勉強内容は関係ありません。おそらく皆ができていることですが、私の場合、勉強習慣というものが皆無だったのでどうしてもしっかり机に向かって勉強することができなかったんです。

>それと参考書というのは問題集のほうではなくて問題の解き方の本に直接書き込むということでしょうか?

はい、そうです。ノートの代わりに利用していました。

□最終的なアドバイス

① 動機づけを持つ。

「必ず京大へ入らなければならない」と思うことです。The Chicken さんの文を見る限り「京大に入りたい」という目標で終わってしまっています。「京大へ入らなければいけない」という絶対超えなければならないハードルと思えるくらいにしなければなりません。
そして、細かい目標を設定してください。例えば「次のテストで10番以内に入る」とかを必ず達成しなければならない目標にするのです。ただこれだけだと、やるべきことがあやふやになってしまい、実際の勉強につながらなりません。そこで、例えば英単語500個暗記とか数学問題集50問を完璧にするとかのような具体的なノルマも設定してください。ノルマさえこなせれば一日何時間の勉強でもかまいません。以上をたとえるなら、山の頂上(京大合格)と中継地点(テスト10番以内)を見ながら、足元に注意(日々のノルマ)して登山(勉強)するようなイメージです。一応注意しておきますが、必ず山の頂上(京大合格)を意識しておくこと!学校のテストの成績や模試の成績がよくなっても最終的には何の意味もないのですから…。

② 勉強できる環境を自ら作り出す

勉強にルールはありません。家や学校で勉強できないなら、近くの図書館やカフェで勉強してみてください。人に見られていると意外と長時間できる場合があります。他にも、授業中の内職や電車通学中の勉強でも構いません。とにかく自分が勉強できる場所を探してください。そして、それを見つけたら必ずその場所に行くように自らを律するのです。

③ 集中してやるのだけが勉強ではない

私は勉強するのに気がのった日など一日もありません。集中してやれた時なんてほとんど皆無です。気分がのらない日でも、ボーっとした気分で暗記カードをペラペラめくってボソボソつぶやく…こうやるだけでかなり暗記できます。というか「集中してやれた!」なんて所詮は本人の主観的な意識にすぎないわけです。気がのらないのをいちいち気にするのではなく、それをどう処理するか考えてください。

[C63]

説明が足りなくて申し訳ありませんでした。
①240人中30位ぐらいです
(とはいっても入試の平均点が300点中220点ぐらいだったので進学校とはいえないかもしれませんが)
②授業の進度は遅いほうです。未だに三角比に入ってないので。 クラスの雰囲気ですが授業中は静かです。
③通信教材(チャレンジ)です。勉強時間は平日が1時間で、休日が2時間ぐらいです。(中々集中力が続かない・・・・・)

④それが困ったことに気分でころころ変わってしまうんです。

⑤実は文系と理系で迷っていて最終的に理系に決めたものですから、バイオテクノロジーに秀でている京大に決めたわけです。

机でのノートというのは一日の授業の復習ということでしょうか?すみません、なにぶんこちらは一日の授業の復習をしたことがないので・・・・・。

それと参考書というのは問題集のほうではなくて問題の解き方の本に直接書き込むということでしょうか?

それではご返答よろしくお願いします。
  • 2005-09-12
  • The Chicken
  • URL
  • 編集

[C62]

>The Chicken さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

>どうすれば毎日勉強を続けられるのでしょうか?

こういう抽象的な質問に答えるには、少し情報量が足りません。まずは、↓の事柄に具体的に答えてくださらないでしょうか?
①現在の成績 ②在籍する高校のレベルと雰囲気 ③現在の勉強の方法と時間 ④する気になる日とならない日の違い ⑤京大へ行く動機の内容とその強さ

とりあえず現時点でアドバイスできることを少しだけ…。まず自分の勉強できる環境を確立することです。さっきの質問の答えを考える中で、自分を勉強から遠ざけている要素が分かってくるはずですから、それを考慮して自分に最善の環境を考えてみてください。
少し抽象的な議論になってしまったので、具体例をだします。私は 机に向かってノートに綺麗に書く ということが全く出来ませんでした。そこで、ノートは計算にしか使わないで、参考書への書き込みと暗記カードの記入を至る所でやりました。布団の中、トイレ、食事中などの時間にその作業をして、机の上では結局最後まで、リハーサル以外のときは全く勉強しませんでした。

今回いえるのはこれくらいです。すいません。それでは勉強がんばってください。

[C61]

こんにちは
ここにくるのは初めてなのですが
この典型的な悪い例を僕はやっていました
今度の授業からは気を付けて受けます。

ここで管理人さんに質問なのですが
今僕は高1で一人密かに京大を狙っているのですが
それに対して今の成績は思うように良くありません
僕はすごいムラっ気があって勉強がしたい日と
したくない日が分かれるときがいっつもです

どうしても毎日勉強を続ける気にはどうしてもなれないんです。

どうすれば毎日勉強を続けられるのでしょうか?
  • 2005-09-12
  • The Chicken
  • URL
  • 編集

[C56]

> amiさんのやっている解答の写し方は非常にいいと思います。

ホントですか?!ありがとうございます!!
ずっとこのやり方でやってきているのですが、実は成績は全くと言っていい程伸びず
最近は自分のやり方に自信が持てていなかったんです。。
でもこうやって褒めてもらえてホントに嬉しいです☆★

> ただ漠然と写していても、あのなが~い数学の解答の本質はつかめません。

確かにそうですよね。
数学に限らず他の教科でも「絶対理解してやる!!」っていう意識でやらないと
いくら写しても理解できませんもんね。

とにかく、ホント自分のやり方に自信がもてました!!
また気合い入れなおして頑張ります!!
ありがとうございました★☆

[C55]

>amiさん

やはり自分が納得できる形が一番だと思います。結局は自分の合否に責任をもてるのは自分だけですからね。自分の信じるやり方でがんばってください。

あ、ちょっと補足を。amiさんのやっている解答の写し方は非常にいいと思います。というか写しているというよりは解答を利用しているといった方が正しいくらいだと思いますね。そのやり方は自信を持って続けるべきです!

なんか「数学は暗記」というのは定説になってから意味もなく一言一句変えずにひたすら解答を写しまくる輩が増えたと思い、あんな発言したんです。本当に一言一句暗記するなら、それが一番いいんですが…数学で言う暗記はそういう意味じゃないはずです。これは、やった人なら分かると思いますが、ただ漠然と写していても、あのなが~い数学の解答の本質はつかめません。「数学は暗記」の本質は「こういう問題がきたときはあれを使う!そしてその計算方法はこうやるんだ」というような考え方ですからね。amiさんのように補うような形で解答を利用すれば、解答の論理の順序が分かりますから、本当の意味での暗記が進むんですよ。

なんか今日は久しぶりに暇人なので朝っぱら(昼!?)から長文でかなりうすい内容のレスをしちゃいました。寝ぼけててアホな文になってなかったでしょうかね?

それでは勉強頑張ってください

[C54]

アドバイスありがとうございます。

あたしの説明すこし不足してましたね。。
実は予備校のテキストの解答には解説がなく、答えのみが書かれいる状態なんですね。
なので、授業中の解説を写さないと、テキストの解説というものがないんですよ。
解説がついていれば管理人さんのいう方法が一番手っ取り早いんですけどね。。

あと管理人さんからみなさんへの
“問題集を解いた後の丸付けの際に、その解答をノートに丸写しにしますか?横にある補足説明も写しますか?”
という質問ですが
あたしは、問題集の解説も書いて暗記しよう!と思っているので
丸写しというわけではないですが、やっぱり解説を写す派ですね。
もちろんただ写すのではなく、理解する事を目的にしているので自分で考えながらやるようにしてるのですが。。


うーん…やっぱり時間の無駄かも知れませんが
授業・問題の理解のために授業のノートはもう少し今の方法を続けようと思います。
相談に乗っていただいてありがとうございました♪

[C53]

>amiさん

状況をもう少し詳しく聞かなければ、断定はできませんが、私的にはそのやり方はナシです。

>例えば数学なら何故こうゆう計算結果になるのか
という事を自分で実際計算をしながら写すようにしているのでおかげで理解できた部分もたくさんあります

それだと授業中に写さなくても、手元にある解答を使えばいいんじゃないでしょうか?復習の際は、ノートの代わりにそれを見ながら、計算して分からないところを理解した方が時間がかからないと思います。
ただそれだけじゃ授業を完全に消化できないので 解答に載っていない講師が解説していた解答のポイント を手元の解答の該当する所に付け加えるといいでしょう。それを加えた解答を使えば、完全に板書を写したノートを使うのと同じ復習作業がより短い時間でできると思います。

>基礎力が完成すれば自然と効率よく勉強できるようになる という言葉もあるので、今はやっぱり基礎力を徹底する為にもノートまとめはしなきゃなぁとも思う

基礎力完成には大賛成ですが、そこにノートまとめが必要不可欠かは少々疑問です。
しっかりまとまっている参考書がないなら、その作業は必須でしょう。例えば、マイナーな資格試験や英語で書かれたテキストしかない試験を受ける際にはかなり重要です。
昔、今の先生方が受験生だった時代には、今のようにまとまっている参考書がなく、単なる羅列だけの辞書的なものしかなかったので、自力でまとめるのが必須作業だったのです。そのため自分でまとめるのをかなり重視する先生がたくさんいます。もちろんその中にはかなり優秀な先生も相当数おられるでしょう。
しかし、今は違います。図やイラストを使って分かりやすくまとめているものがたくさんあります。教科書も最近のものは質が上がってきているので、それを使っても構いません。
自分でまとめる必要性…前に紹介したマインドマップのような脳科学的に最高の形のものを作れるなら話は別ですが、有名講師が推敲を重ねて書き上げた市販の参考書以上にまとまったノートにできますか?
既に十分すばらしい形のまとめがあるならば、真面目に自力で時間をかけてノートにまとめることはしないで、そのまとまったものに自分の手を動かして、授業や知識をリンクさせていき理解を深めるほうが、時間的にも効果的にもよいと思います。


>みなさんへ

質問! 問題集を解いた後の丸付けの際に、その解説をノートに丸写しにしますか?横にある補足説明も写しますか?

皆さんは問題集のような黒板以外のものを写すのに抵抗があるのにもかかわらず、無意識のうちに 黒板に書かれたものは写すべきものだ と考えていませんか?問題集の解説も黒板による解説も本質は同じです。大事なのは その内容を理解して、さらに実践で使えるようになる(つまりは理解しつつ暗記するということですね) ということです。写すことも時には必要ですが、 黒板を写す という概念を一回とっぱらってください。そうすれば本当の黒板の写し方が見えてくるはずです。

今回の返信はかなり刺激的になっちゃいました。最後に一言二言…
amiさん、あまり私の言葉を鵜呑みにしないように(笑
もしこれを読んで納得すれば、ぜひ実行してください。これはないだろ!と思われたら、今までのやり方を実行してください。自分の納得した、信じた勉強方法でない限り、勉強は進みません。自分で決めた道でない限り、自分で決めた大学でない限り、努力できないのと同じように…

それでは勉強頑張ってください!!!

[C51]

>odinさん

>特に個人的には一切、ノートに書くことが必要ないと思う現代文、模試の解説でもの凄いスピードで(それも汚い字で)黒板に内容を順序だてて書くのを一心不乱に写してますからね

それは私もすごく思いました。教室全員が、全く理解できていないものをただひたすら一生懸命に写すあの姿…私の眼には北朝鮮の軍隊のように映りました(笑

>現役高校生のマインドマップレポート

おお!実践されたのですね。やはり現場でのレポートは説得力があります。マインドマップはかなり効果的ですが、作成するのに知識と慣れがいりますね。正直、今の時期に切羽詰っている高3生には博打です。ただodinさんは高1なんで、今からマインドマップに慣れていけば、長期的にかなりの効果が期待できるはずです。

それでは勉強がんばってください

[C50]

こんばんわ☆
脱ノート宣言!で書かれてる事は確かですね。納得です。
そこで、今のあたしのノートのとり方について相談にのってもらいたいです。

今あたしが授業中にやってる事は管理人さんが冒頭で言ってたように悪い例の典型かも知れません。
板書を写し、講師が口頭で言った部分もノートの横に書くというパターンで、
正直自分で考えるという事はあまりしていない気がします。

ですが、管理人さんの言っている悪い例と違うと思うのは
そのままだと日が経ったあと復習をする際に
走り書きしたノートの字は汚い上に、
自分で考えてないので授業を思い出そうとしても思いだせないので復習ができない
という状態になってしまうので
授業があったその日のうちに授業中にとったノートをまとめ直しています。
時間の無駄かとは思いますが、それでもまとめ直す際に
例えば数学なら何故こうゆう計算結果になるのか
という事を自分で実際計算をしながら写すようにしているので
おかげで理解できた部分もたくさんありますし
自分ではこの方法でイイんじゃないかな と思ってるのですが
やっぱり時間がかかってしまうのが気になってます。
基礎力が完成すれば自然と効率よく勉強できるようになる
という言葉もあるので、今はやっぱり基礎力を徹底する為にも
ノートまとめはしなきゃなぁとも思うし
ちょっと今さらですが悩んでる部分なのですが
管理人さんからみてこの方法はどう思いますか?
改善点等何かアドバイスあればお願いします><

[C48]

ご無沙汰しています。
脱ノート宣言で言われてることはもっともですね!ウンウンうなずけます。うちのクラスのほとんどが授業中ノートをとることに一生懸命です。きれいな色のペンを使いカラフルにまとめようとします。「書くことで覚えられる」というのもG戦士さんがご指摘なさるとおりノートをキレイにつくることに一生懸命で内容を理解できてないです。特に個人的には一切、ノートに書くことが必要ないと思う現代文、模試の解説でもの凄いスピードで(それも汚い字で)黒板に内容を順序だてて書くのを一心不乱に写してますからね、同じ文が出るわけでもなければ自分で理解できなければ問題は解けるようにならないのに。

話変わってマインドマップですが紹介していらしたホームページや実例をもとにして作っています。科目は世界史と倫理、保健体育です。世界史は授業はプリントなのでそれをもとに作っています。倫理は事前に教科書の太字部分だけマインドマップにし教科書には載ってないキーワードだけメモをとり書き足しています。保健体育は学年ビリをとってしまい(受験に関係ない科目は勉強しない主義なので(苦笑))平均くらいとってやろうと思いやっているのですが、ん~微妙な感じです。あまり世界史や倫理みたいに話が発展していかないのでつまらないです。医薬品の注意事項7項目など一つから7つに分かれても・・というような感じです。ので今後様子を見てみようと思います。 そしてやってみてですが「余分そうなところを書き足しまくっていくと覚えやすい!」ということと「絵をいれるとやはり覚えやすい!」ということです。余分そうなこととは例えば倫理でコラムや用語解説など隅っこに書いてあることでほっときがちですがマインドマップにちょこちょこっと付け加えると全体的に覚えやすくなる気がします。関連付ける情報が多いと覚えやすくなるっていうやつなんでしょうかね。そして2つ目のことですが絵は入れるとそこがカナリ覚えやすくなります。忘れても絵を思い出して、「あっ!!」ってことも少なからず起こります。しかし絵というものは難しくナカナカイイアイデアが思い浮かばないもので苦労しますね。あとは物事の起こる順番やらが明確になりしっかり理解できます。教科書は横にダラダラ書かれていて飽きるし、疲れるし、何がどうなったのか把握しずらいですがマインドマップは木の幹のように広がっていくので全体を把握できます。

なんか気付いたらカナリの長文になってしまいました(苦笑) では以上、現役高校生のマインドマップレポートでした。

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。