Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/592-2c03d3d8

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8267]

せっかく良い話なのに、馬鹿のせいで荒らされてるな

[C8255]

必死な粗の指摘乙、不細工浪人非リア充は勉強しろ。

[C8253]

今だに草生やしてるお前に爆笑。もう流行らねえよバーカ


↑「未だに」だろwwww学習障害は引きこもってろカスwwwwwwww

[C8248] すごいです!

この記事に感動しました!(;ω;)

改めて支えてくれる人に感謝しようと思います(*^ω^*)
  • 2011-08-05
  • はる
  • URL
  • 編集

[C8246]

シロップさん心ないコメントは気にしない方がいいですよ

ネットだからって何書き込んでもいいわけじゃない

[C8245]

この体験記読んで日本大学合格しました!
有難う御座いました!!!(旭川東高校 S.T)

[C8244]

お前らが体験記欲しがるから書いてくれてんのにこのコメントwwwwwクソワロタwwwww



今だに草生やしてるお前に爆笑。もう流行らねえよバーカ

[C8243]

お前らが体験談欲しがるから書いてくれてんのにこのコメントwwwwwwwwwwww
クソワロタwwwwwwwwww

[C8242]

ハンバーグに間違ってカラメルソースかけちゃった!
みたいな感じでした

[C8240]

G戦士と比べたら、ちょっと、なぁぁ、て、だけ、だよ

[C8239]

せめて受かった瞬間だけでも脚色したらさらに面白かったはず。

[C8238]

みんなコメントひどすぎるだろ

体験記面白かったよ!!

[C8237]

体験記の執筆お疲れさまでした。

現役で第一志望受かった者ですが(受かったのは東大ではありません…)、
合格を伝えたとき自分の母もそんな感じでしたw
覚めた対応という人もいますが、性格も状況も人それぞれですから珍しいやりとりではないと思いますよ。

[C8236] 浪人生です

シロップさんの体験記はすごくすごく身近に感じました。
リアルな感情というか。
更新がある度にワクワクしながら読んでました。

東大受ける人って自分とはかけ離れてるんだろーなって思いこんでいたんですが、
なんだ同じなんだなあってことがわかり、
なんか私的に道が開けたんですよね
行きたいとこを目指そうと。
それでこの体験記に惹かれたんだと思います。

体験記の前の方に
“10時頃に起きたこともザラにあった
でもここで心折れずに(←これ重要!)”
的な箇所がすごく印象に残り、
何度思い返しているかわからないです(*ノωノ)

おかげで投げやりにならずにすんで、完璧じゃないけど、コンスタントに続けられてます。
ありがとう!

シロップさんの体験記が励みになってます。めぐりあえて(?)よかったです。

[C8235]

合格したのに冷めんてなあw
って思ったけど面白かったぜ

[C8234]

長い間の執筆お疲れ様でした!
最初読み始めた時、あれこれなんて私?(笑)とか思うくらい状況が似ていて、更新される度に勇気貰いました。

大学での生活はどうでしょうか?
わたしも続いて合格出来るように頑張ろうと思います\(^o^)/

ありがとうございました!
本当にお疲れ様です!

[C8233]

間違えた5だ。

[C8232]

>>4
それは言い過ぎ。

[C8231]

中身スカスカの人生がそのまま文章に表れてしまっている感じ。

[C8229]

みなさん手厳しいですね…;;;;

泣きそうです
  • 2011-07-28
  • ツロップ
  • URL
  • 編集

[C8228] 立命ジロー

二浪したものですが、この文章を読んだ感想は、

どうも釈然としない……

結果が綺麗なので、記憶も美化されているのかもしれませんが……

[C8227]

うーん…文才がないからG戦士の時みたいな感動がない……

[C8226]

うん

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

受験体験記-シロップver-  最終章「東京大学合格発表」

手付かずのままの後期の受験勉強。
にもかかわらず自分の中ではわかりきった結果。


不合格の事実がわかれば、私はきちんと勉強するんだろうか。そんなことを考えていても状況は好転せず、ただ合格発表の日だけがどんどん迫ってくる。
思い出されるのは、部活の先輩のこと。合格確実だと言われたにもかかわらず、前期試験後、後期の受験勉強をきちんとしていた話を聞いた。


それと比べて私は…
前期試験終了後から、まず寝れなくなって 、次に、起きれなくなって一生懸命整えてきたはずの生活リズムが乱れ、胃が少ししか食べ物をうけつけなくなり、朝は吐き気に見舞われる。そんな状態になっていた。

とりあえず頑張って図書館いってみても図書館にいた時間の半分は寝てしまう。
本屋に参考書をさがしにいって勉強の言い訳にしたり、巨大掲示板にこもって、鬱になったりもした。
もはや受験は終了した心地になって、大学入ったあとで困らないように、といろんなSNSに登録もした。

東大受かんなくても慶應は行けるんだから!!
一応後期も受けるけど、どうせ受かんないし。切り替えて大学を楽しめるようにしないと!!などと考えもした。

友達と電話していた時、「合格発表ついてきてよ、多分さ、東大受かってないから、そしたら笑って」と冗談をいっていたら本当についてきてくれることになった。

「もし本当に落ちてたら、笑ってけなしてあげる」
良い友人である。


…とはいいながら、合格発表の前日にはどうしようもなく鬱になり、自分の日記にひたすらマイナスの言葉や世の中への呪詛を書きなぐっていた。
例えば、その当時好きだったバンドの歌詞「このままじゃ気が狂いそうだからさ」という部分を10行以上にわたって書き連ねていた。
(そこには書いた時刻までが丁寧に記されていた。それによると、その日記の執筆は合格発表当日の朝の5時まで及んでいたようだ)


合格発表当日。
友達と連れ立って本郷へ。受験会場は駒場だったため、受験後初めて赤門をくぐる。

「ぜーーーーーったい落ちてるわー。はあ…」
「でも慶應行けるならいいじゃんー」
「うーん…確かに。拾ってもらえて良かった。けど、でも、なんかさー、落ちた人がさ、ベンチに座って泣いたりしてるらしいよ。私もそうなるかも…」
「はいはい」

発表時間より少し前に会場に着いたら、毎年フライングで発表されているものらしく、合格掲示板の周りにはすでに沢山の人が集まっていた。おめでとう!の掛け声や胴上げする音も聞こえてくる。

(前、見えないんですけど…っていうか文三の合格掲示板ってどこ…)
半ば軽い絶望に見舞われながら人並みをかき分け進んでいく。
「文科三類」の文字が目に入った。
(ここか…)
文三は受験番号がA3から始まる。
(どうせ、私の番号なんて無いんでしょ…)
半ば卑屈になりながら、見たくない、でも見たい。そんな気持ちで、友達と一緒に番号を探す。

最初は、どこからどういう番号が始まっているのかもわからなかったが自分の番号周辺をみているときに気づいた。

あれ、あったかもしれない…あれ?

すぐに、友達に報告。
「ねえねえ、あったかも…」
「え?どこ?」
受験番号は掲示板の上の方にあり、かなり見にくかった。

「いやでも、違うかもしれない…」
「は…?」

一応写メを撮って確認。やっぱり私の受験番号があった。
受験票を友だちに見せ、再度確認してもらう。
「受かってる?」
「や、これは受かってるでしょ」
「そうか…」

信じられない気持ちとともにじわじわ嬉しさがこみ上げてきた。

「いや、でもなんで受かったんんだろ?」
「さあ…点数取れてたからじゃないの?」

冷静かつ的確なツッコミ。

「あ、ちょっと電話してきてもいい?」と友達に断って、今まで散々お世話になったA講師に電話を掛けた。
実は、二次試験の前にも応援のメールをくださっていたし合格発表前にもメールを頂いた。

合格を報告すると、とても喜んでくださった。
「良かったじゃん!っていうか、奇跡だね笑」
「はい…笑」
「そういえば、もう胴上げしてもらった?」
「まだです」
「せっかくだし、一生に一度だから、胴上げしてもらいなよ」
「はい、本当にありがとうございました」

A講師のすすめを素直に聞き入れ、胴上げしてもらいに行く。実は、胴上げしてもらえることを期待してちゃっかりジーパンを履いてきていた。ガタイのよい、東大ユニフォームを着ているお兄さんにおずおずと近づき、「すみません…受かったんですけど…」といって、暗に胴上げを要求。

「本当?!おめでとうございますー!!ただ、ちょっと待っててね」
その部活の人達は他の人を胴上げしている最中だった。
空気が読めない自分を恥ずかしい思いながらも、順番をまって胴上げしてもらった。

胴上げの感想は、嬉しいけどやっぱり恥ずかしい気分。宙に浮いた瞬間は落とされるんじゃないかと思って不安になった。

そのあとでようやく母親にも合格したとのメール。仕事中だと思ってメールをしたが、すぐに電話がきた。

「本当に受かったの?」
「うん、そうみたい」
「うそでしょ?ドッキリじゃなくて…?」
「いや、この状況でドッキリはないでしょ…本当だと思う…写メみたけど、受験番号あったよ。とりあえず、あとで合格掲示板の写メ送るわ」
「本当…!良かったわねえ…!それとA先生にはきちんとご報告した?」
「うん」

母親ですら子の合格を信じてはいなかったようだ(笑)

でも、それもそのはず。
もともと自分の成績が悪かったことも伝えてあった。
しかしそれ以上に、この一年、あるいはこの数年、どれだけ母親は子の心配をせざるを得なかったかを考えれば当然だ。
一時は、一生フリーターでもいい、と言った。またある時は、専門にいく、と。そのまたあるときは、どこか適当な大学行く、と。
あまりにも自分勝手な行動を繰り返しては、その度に母と衝突した。
現役時代はわざわざ予備校にも通わせてもらったのに。その期待を裏切って、現実から逃げ続けてきた。

自分の転機は、逃げられない境地に陥ったから。つまり、未来の展望のない状況になってはじめて、それを心の底から不安に思ったこと。現状を変えたいと思ったこと。
受験をきっかけにしてこの状況を打開できるのではないか、という期待を持ったこと。
そしてなにより、親、友達、A講師等、周りの人びとの応援。私が受験勉強を頑張ろうという姿勢を見せた時、何も言わず後押ししてくれた。

受験に際して、大義名分があったわけじゃない。もともとの動機も、日本で一番の大学に行きたいというだけに過ぎなかった。
でも、もうこれ以上、私に期待をしてくれる優しい人達を裏切りたくないと思った。
その想いがあったからこそ、宅浪でも、前期の試験まで無事勉強し続けられたのだと思う。

仮に前期試験で落ちていて、後期試験を受けなくてはならなくなってもきっとそれは変わらない。
不合格という結果を目の前にして落ち込むことはあるだろう。前期以後勉強しなかった自分を呪ったかもしれない。けれども、この一年間は(厳密に言えば前期試験までの半年間は)、自分の中で悔いの無いものだと言い切れる。
周りの人たちに対しても恥ずかしくない行動をしたと信じている。

最初は、どん底の成績だった。しかし、一つ一つ土台を固めていくことで次のステップに進んでいくことができた。その積み重ねの結果として、「東大合格」を果たすこともでき、周りの人たちへの感謝を具体的な結果でもって示すことが出来た。そのことは本当に嬉しく思う。

仮にあのままフリーターを続け受験勉強から逃げ続けた場合、どうなっていたかはわからない。
けれども、これからの未来だって何が起こるかわからない。順風満帆とはいかないかもしれない。とはいえ、自分が頑張った、あるいは頑張れるという自信。周りへの感謝。それは歴然として変わらないし、これからの困難を乗り越えていく糧になってくれるだろう。

最後に、予備校で大好きだった先生が講義最終日に残してくれた言葉を残してこの合格体験記を終わりたいと思う。

Go for it ! I'm on your side.

あなたは独りじゃないし、応援している人もいる。
自分が最良だと信じる道を恐れずに進んでいこう。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/592-2c03d3d8

0件のトラックバック

23件のコメント

[C8267]

せっかく良い話なのに、馬鹿のせいで荒らされてるな

[C8255]

必死な粗の指摘乙、不細工浪人非リア充は勉強しろ。

[C8253]

今だに草生やしてるお前に爆笑。もう流行らねえよバーカ


↑「未だに」だろwwww学習障害は引きこもってろカスwwwwwwww

[C8248] すごいです!

この記事に感動しました!(;ω;)

改めて支えてくれる人に感謝しようと思います(*^ω^*)
  • 2011-08-05
  • はる
  • URL
  • 編集

[C8246]

シロップさん心ないコメントは気にしない方がいいですよ

ネットだからって何書き込んでもいいわけじゃない

[C8245]

この体験記読んで日本大学合格しました!
有難う御座いました!!!(旭川東高校 S.T)

[C8244]

お前らが体験記欲しがるから書いてくれてんのにこのコメントwwwwwクソワロタwwwww



今だに草生やしてるお前に爆笑。もう流行らねえよバーカ

[C8243]

お前らが体験談欲しがるから書いてくれてんのにこのコメントwwwwwwwwwwww
クソワロタwwwwwwwwww

[C8242]

ハンバーグに間違ってカラメルソースかけちゃった!
みたいな感じでした

[C8240]

G戦士と比べたら、ちょっと、なぁぁ、て、だけ、だよ

[C8239]

せめて受かった瞬間だけでも脚色したらさらに面白かったはず。

[C8238]

みんなコメントひどすぎるだろ

体験記面白かったよ!!

[C8237]

体験記の執筆お疲れさまでした。

現役で第一志望受かった者ですが(受かったのは東大ではありません…)、
合格を伝えたとき自分の母もそんな感じでしたw
覚めた対応という人もいますが、性格も状況も人それぞれですから珍しいやりとりではないと思いますよ。

[C8236] 浪人生です

シロップさんの体験記はすごくすごく身近に感じました。
リアルな感情というか。
更新がある度にワクワクしながら読んでました。

東大受ける人って自分とはかけ離れてるんだろーなって思いこんでいたんですが、
なんだ同じなんだなあってことがわかり、
なんか私的に道が開けたんですよね
行きたいとこを目指そうと。
それでこの体験記に惹かれたんだと思います。

体験記の前の方に
“10時頃に起きたこともザラにあった
でもここで心折れずに(←これ重要!)”
的な箇所がすごく印象に残り、
何度思い返しているかわからないです(*ノωノ)

おかげで投げやりにならずにすんで、完璧じゃないけど、コンスタントに続けられてます。
ありがとう!

シロップさんの体験記が励みになってます。めぐりあえて(?)よかったです。

[C8235]

合格したのに冷めんてなあw
って思ったけど面白かったぜ

[C8234]

長い間の執筆お疲れ様でした!
最初読み始めた時、あれこれなんて私?(笑)とか思うくらい状況が似ていて、更新される度に勇気貰いました。

大学での生活はどうでしょうか?
わたしも続いて合格出来るように頑張ろうと思います\(^o^)/

ありがとうございました!
本当にお疲れ様です!

[C8233]

間違えた5だ。

[C8232]

>>4
それは言い過ぎ。

[C8231]

中身スカスカの人生がそのまま文章に表れてしまっている感じ。

[C8229]

みなさん手厳しいですね…;;;;

泣きそうです
  • 2011-07-28
  • ツロップ
  • URL
  • 編集

[C8228] 立命ジロー

二浪したものですが、この文章を読んだ感想は、

どうも釈然としない……

結果が綺麗なので、記憶も美化されているのかもしれませんが……

[C8227]

うーん…文才がないからG戦士の時みたいな感動がない……

[C8226]

うん

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。