Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/590-34d29eec

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8219]

めちゃ面白い!
続き!早く!
  • 2011-07-18
  • プノンペン
  • URL
  • 編集

[C8218]

文三の採点っておかしいよな。
特に数学なんてかなりデタラメな事書いているのに何故か部分点が入ってくる。
文一二なら絶対に点にならないのに

[C8217]

途中、復習が復讐になってません?
  • 2011-07-18
  • ニーニョ
  • URL
  • 編集

[C8216]

センターと二次の得点を載せてくれたらうれしいな

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

受験体験記-シロップver-  第十五章「東大受験当日-二日目・その後-」

2月26日。
今日で長かった受験もひとまず終了するのか。
出来ても出来なくても、後期の勉強は頑張る。それはそれとして、去年は一次で落とされた試験。
今年は最後まで楽しんでいい思い出にしよう。

東大に受かりたい、という気持ちはもちろんあった。
でも、不合格の不安が頭をもたげ、「二次をいい思い出にしたい」とマインドに変わった。

社会
得意科目 日本史 と 12月からほぼ2.5ヶ月しか勉強できず、最後まで東大模試では10点代しか取れなかった世界史。
日本史は、よくわからないところもありつつ大体できた。なんとか45点くらいは取れていて欲しいと思った。
世界史は、もちろん短答式の第三問から解き始める。毎年の試験とは少し傾向が違って文化史が多めだった。なんとなくぼんやりと覚えているものは書いて、覚えた気がするのにわからないものはあとで思い出せることを期待して飛ばした。その後、第2問→第1問とすすめていった。
第1問の大論述を見たとき、「東大合格への世界史 第2版 (東京大学への道)」に載っていたような問題に類似している気がしたので、これはいけるかもしれない!!と思って興奮した。
あることないこと書き上げてなんとかマスを埋めた。


英語
さすがに英語の前にはキムタツの東大リスニングSUPERを聞きながら過ごした。正直、英語はリスニングしかできない気がした。
試験が始まり、自分で決めた順番で解いていく。
いつも苦手意識を持っていた毎年自由英作文が出ていた第2問が非常に簡単になっていた。
しかし、枠からはみ出してしまった…!! これはきちんと採点してもらえるのだろうか。減点されるのだろうか、わかってもらえるだろうか、と心配した。(解答を集めるときに、周りの人の解答を見たら、頑張って小さい字で詰めて書いている人もいたが、はみ出している人もいるようだったので、きっと大丈夫だ、と自分に言い聞かせた。)
第4問文法もあいかわらずよくわからないし、第5問も読むのこそ頑張って終わらせたが、問題となるとあまりわからない。
自分の出来なさに若干イライラしながらも、最後まで分かるところはないか粘った。
唯一自信が持てるリスニングは、そこそこの出来。完璧にはわからなかったけれど、他の分野よりはよほどマシだ。



全て終わった。

後期試験だって控えているはずなのに、もう全てが終わったという気持ちに苛まれた。

帰り。駅に向かう途中、部活関連で昔戦ったことのある有名高校の知り合いを見かけた。きっと彼は受かっているに違いない、と思った。自分が惨めだった。思わずiPodの音量を上げた。
各予備校が配っていた一日目の解答を半ば押し付けられる形で受け取り帰宅。
電車の中でプロセスをすっとばして見た数学の解答。第一問も第二問も答えは異なっていた。導き方を復讐する気にもならずそのままかばんの中にしまった。
もう絶望しか感じない。

家に帰ってからは疲れてすぐに布団に入った。
ここでも、また昨日のように、日本史の第四問の近現代史の事件の名前を間違えていたことに気づく。
センター後あまり日本史に触れなかったことを心の底から後悔した。
それにしても、リラックスしたとたんに自分の間違いに気付いてしまうのはどうしてなのだろう。

そういえば、昔、中学受験をしたとき、受けたあと塾の先生に手応えを聞かれた。
私は「どこの問題ができなくて、ここも、あれも自信がなくて、不安です」というふうに答えた。すると先生は、「そうやって、詳細に自分の分析が出来るというのは冷静に試験が出来たということだから、きっと受かっているんじゃないかな」といった。そして、実際に受かっていた。
東大の試験では、どこができた、とはっきりいえる部分は殆ど無かったが、出来なかった部分は大体把握できた。
とはいっても、あまりに出来ていない部分が多かったため、絶対落ちたと思った。

明日からは後期の勉強をしなきゃ、と固く誓った。

次の日、なんとか図書館に向かった。
不思議なもので、前期試験で燃え尽きてしまったからなのか全然勉強が身に入らない。

数学3Cまでやらねばならないのもあったのかもしれないし、絶対に今からではどうにもならない、と思ってしまったからかもしれない。
あるいは、過去問をといてもなにも出来ないことに嫌気がさしたのか。
ほとんどの時間をぼんやりしたまま、勉強できずに合格発表の日が迫ってきた。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/590-34d29eec

0件のトラックバック

4件のコメント

[C8219]

めちゃ面白い!
続き!早く!
  • 2011-07-18
  • プノンペン
  • URL
  • 編集

[C8218]

文三の採点っておかしいよな。
特に数学なんてかなりデタラメな事書いているのに何故か部分点が入ってくる。
文一二なら絶対に点にならないのに

[C8217]

途中、復習が復讐になってません?
  • 2011-07-18
  • ニーニョ
  • URL
  • 編集

[C8216]

センターと二次の得点を載せてくれたらうれしいな

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。