Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/586-fa9441cf

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8342]

最後の問題で、

解答解説
→○ 元軍を撃退した執権は8大執権北条時宗です。時頼は5代将軍です。

となっていますが、×の間違いではないでしょうか?
  • 2011-12-01
  • しんた
  • URL
  • 編集

[C8188]

毎回楽しみに記事を読まさせていただいています!
今回の記事も為になりました。今後もシロップさんが使っていた参考書や問題集を、使い方と合わせて記事にしてもらえると嬉しいです。
  • 2011-07-02
  • ゆずこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

センター日本史B一問一答 完全版

センター日本史B一問一答 完全版 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
センター日本史B一問一答 完全版 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)金谷 俊一郎

ナガセ 2009-09
売り上げランキング : 11714


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


使用対象

・あやふやな知識を発見し基本レベルの知識を定着させたい受験生。
・「なんとなく日本史は覚えた」とは思いつつも、基礎に自信が持てない受験生。
・センター日本史対策を初めようと思っている受験生。

使用時期

  ・基礎知識のインプットがひと通り終わった後。
  ・センター前、秋頃~冬。

無駄な日本史の勉強


多くの日本史選択者が陥りやすい罠がある。年号や用語の暗記ばかりに精をだすことだ。
例えば1192つくろう鎌倉幕府 は有名で多くの人がしっているであろう。鎌倉幕府がいつ始まったのかを知る点では有用だ。
しかし、沢山の年号を漫然とおぼえても、入試で年号自体を問うてくる出題の頻度は実は非常に低いため意味が無い。
では、用語についてはどうか。歴史用語の知識をつけることは入門の段階では大切だ。しかし用語の名前をむやみやたらに覚えたところで、それだけでは入試に太刀打ちできない。
センター試験を始めとする入試で問われるのは、「その用語がどういった意味の歴史用語でどの時期にあったものなのか」なのだ。
だからこそ、出来事が起こった時期や具体的な内容はもちろん、原因や背景、結果や意義を含めた「本質」を理解する必要がある。

センターレベルの知識の確認

年号・用語の丸暗記ではなく、意味や時期を把握していく上で使えるのがこの「センター日本史B 一問一答 完全版」である。(以下センター日本史一問一答)


例えば、鎌倉時代の項目を見ると

守護は原則として一国ごとに設置され、大番役の催促や謀反人・殺害人の逮捕などの職務にあたった。


という正誤問題がある。

答えと解説は

→○ 守護は原則として一国一人で、大番役の催促、謀反人・殺害人の逮捕といった大犯三カ条を基本的な権限としました。



となっている。

問題
大犯三カ条は、地頭や守護の権限や特権について規定している。


解答解説
→× 大犯三カ条は、守護の権利なので誤りです。



室町時代の項目に行くと

問題
室町時代の守護の職務は、御成敗式目に定められているように、大番催促、謀反・殺害人等の逮捕など、いわゆる大犯三カ条に限定されていた。


解答解説
→× 室町時代の守護の職務は大犯三カ条に加えて、半済や、刈田狼藉をとりしまる権限、幕府の裁判の判決を強制執行する使節遵行など、様々な権限が付加されました


となる。

中世において大事な概念である守護(や地頭)。それがどういう職務を担っているのか、時代ごとに役割がどのように変化したのか、用語の丸暗記だけでは対応できない。
上記のように用語の意味や時代背景を掴んで基礎知識を定着させるのに、この参考書は理にかなう。



また、この参考書はセンターの過去問が時代順に並べられている○×式の一問一答であり、。出題頻度に応じて☆☆☆(全員必修・センター70%)☆☆(9割を狙う人必修)☆(満点を狙う人必修)という三段階にわかれているため、重要度も見極めやすい。センター、と限定されているが、抑えなければならない基礎知識が時代ごとに確認出来る非常に便利な参考書で、センターを目指す受験生だけでなく、入試の基礎を確認したい受験生にもおすすめできる。


ただし、ゼロから日本史の勉強を始めるような受験生に薦められる参考書ではない点には注意してほしい。「センター日本史一問一答」ではほとんどが正誤問題の形式だ。
したがって、ある程度の知識がなければ、全ての問題が正しいようにも間違っているように思われて、かえって非効率になってしまう。
例えば

問題
執権北条時頼は、博多湾を襲った元軍を撃退することに成功した。


を見たときに、
基礎知識があれば、これは「元寇」についての話で8代将軍「時宗」について言っているのだろう、とすぐに分かる。
しかし、基礎知識がない場合、これでも正解な気がしてしまう。

解答解説
→○ 元軍を撃退した執権は8大執権北条時宗です。時頼は5代将軍です。


をみて、なるほど!と思っても、全ての問題に対してこのように勉強するのでは時間がかかるし、誤った知識と正しい知識が交互に出てくるため、インプットするときに混乱する可能性もある。

だから、ある程度知識のインプットが終わった段階で、この参考書を使い、自分の曖昧な部分を認識して確実に定着させてほしい。

使い方

日本史の基礎知識がある程度定着した後、
1.答えを赤シートで隠しながら問題を見て○×を心の中で唱える。×としたものはどうして×なのか、どうすれば正解になるのかまで答えを出してから、解答を見て確認する。(時代は12時代あるので、一日1個進めていくとすると12日、2個進めると6日とすぐに終わる。初回でも、基礎知識のインプットが済んでいればかかる時間は1時代約30分~1時間ほど)
2.チェックボックスが付いているので、最初にやったときに、勘ではなく実力で出来たものはチェックマークに印をつけて、この段階ではもうやらない。逆に出来なかったものは◎○×法で復習。
具体的には、その日のうちにもう一度解いて知識の再確認をしたあと、次の日から◎○×法を用いて問題にチェックして全ての知識が◎になるまで繰り返す。
3.センター直前には入試一ヶ月前からの勉強法を行う。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/586-fa9441cf

0件のトラックバック

2件のコメント

[C8342]

最後の問題で、

解答解説
→○ 元軍を撃退した執権は8大執権北条時宗です。時頼は5代将軍です。

となっていますが、×の間違いではないでしょうか?
  • 2011-12-01
  • しんた
  • URL
  • 編集

[C8188]

毎回楽しみに記事を読まさせていただいています!
今回の記事も為になりました。今後もシロップさんが使っていた参考書や問題集を、使い方と合わせて記事にしてもらえると嬉しいです。
  • 2011-07-02
  • ゆずこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。