Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/567-ec44a934

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8080]

やっぱ相当な文才と想像力が必要なんだな

嘘みたいなことをリアルに書くのは

[C8079] 浪人生

いやいや・・2009の国語で9割はまぐれじゃ取れないでしょ・・

[C8077]

お疲れ様です。
続き気長に待ってますね。頑張ってください。

[C8076]

予想:次回3/12
気長に待ってますぜ

[C8075]

久しぶりの更新ですね!続きも楽しみにしてますよ!

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

受験体験記-シロップver-  第三章「センター・受験結果-現役-」

第三章 「センター・受験結果-現役-」


センター試験当日。
高校の友達が多くいる会場だったので緊張感はなかった。
ただ、出来る気もしなかった。前回、少し勉強するようになったと書いたが、それもせいぜい30分~1時間程度。センター試験を受けている中で気付いたのは、あまりに貧弱な集中力しか今の私は持ち合わせていないということだった。実際、長時間いすに座っているだけで、落ち着かなくなり、そわそわしだした。長らくきちんと椅子に座って勉強してなかったからこんなことになったのだと思う。
集中力切れと問題が解けないストレスの中でセンター試験中に考えていたのは、「早く終わらせて帰りたい」ということだけだった。
とくに出来なかったのは数学で、一学期に模試で出ていたら、きっと解けていただろうと思われる問題ですら全く解き方が分からなくなっていた。出来なさ過ぎて時間が余ってしまい、とても暇で鬱な時間を過ごした。
IAが終わったとき、友人が「IA簡単だったね!」とコメントしていて、何とも言い難い気分になった。


家に帰ってもセンターの採点なんてしなかった。
しかし、翌日にセンターリサーチのために高校に登校することになっていたため、高校でセンターの採点をした。


2009年度 センター結果

現社 80
日本史 68
国語 183
英語 156
リスニング 30
生物 58
数1A 55
数2B 50


643/900 (72%)
680/950 (71%)


全体の平均点 552/900(河合塾算定)
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/10/average.html



ほとんど実力通り順当に悪い。一応全体の平均点と比べてみれば上回っていたけれど、仮にも東大を志望していたはずなのだ。
直前に参考書を一通り読んで臨んだ現代社会で8割取れたものの、予備校で授業を受けていたはずの日本史は68点しかとれていない。(東大受験生なら日本史・世界史選択の場合基本的には世界史を選択するのが普通だが、私は世界史で受けたセンター模試では30点代しかとったことがなかったのでさすがにやめた。)
特に、簡単だったはずの数ⅠAですら半分くらいしか取れていない。(ちなみに、この年の全体の数1平均点は63.96点)

ただ、国語だけは奇跡が起こった。
古文漢文なんて全く勉強しておらず、ほとんど読めなかったので、フィーリングと勘でなんとなく適当に選んだら、古文と漢文がそれぞれ50点満点だったのだ。
これには自分が吃驚してしまい、私には運があるのかもしれない!と一瞬勘違いしてしまった。

とはいっても、もちろんこの結果は東大受験生としてはありえない点数。

参考 2009年度東大の足切り 最低点 文一702 文二722 文三729
http://todai.kawai-juku.ac.jp/09zen1dan.html

実際点数を見た段階でも、センターリサーチが返ってきた段階でも第一段階選抜に通ることができないなんてことは、わかりきっていた。
でも、東大以外は行きたくない。(このころの私は今から考えると非常に意固地で視野狭窄に陥っていた。他の学校の資料を請求してはいたが、真剣に大学について知ろうとはしていなかった気がする。)
足きりだと思いつつも一縷の望みで文科Ⅲ類出願。
蓋を開けてみればもちろん足切りだった。(そもそも、足切りに通りたいだけなら、毎年足切りの高い文三に出願している時点で間違っている)

この現実をうけて、シリアスになるどころか、逆に、変に前向きになってしまい(一種の躁状態?)、来年に向けて、私大一個うけとこう、という気持ちになって、早稲田大学の社学も受験した。
社学にした理由は、社会学に単純に興味があったということに加えて、社学は早稲田の中では割と簡単だという風評を聞いたことがあったからだ。
ただ、来年を見据えた前向き(?)な受験とはいえ、全く勉強していなかったので緊張感も何もなかった。正直、うけてもうけなくても一緒だったように思う。
採点してみたら、受験者平均にも届かないような点数で驚いた。そして、もちろん落ちていた。


2009年度 受験結果

早稲田大学 社会科学学部 ×
東京大学 文科三類 ×(足きり)


受験結果が判明する頃、友人の大学合格を聞くのは嬉しかったが、同時に、非常に複雑な気持ちだった。


-------

次回から浪人時代に入ります。
長らく更新停滞していてすみませんでした。これから少し更新のペースを早めていくつもりです。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/567-ec44a934

0件のトラックバック

5件のコメント

[C8080]

やっぱ相当な文才と想像力が必要なんだな

嘘みたいなことをリアルに書くのは

[C8079] 浪人生

いやいや・・2009の国語で9割はまぐれじゃ取れないでしょ・・

[C8077]

お疲れ様です。
続き気長に待ってますね。頑張ってください。

[C8076]

予想:次回3/12
気長に待ってますぜ

[C8075]

久しぶりの更新ですね!続きも楽しみにしてますよ!

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。