Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/501-430b15a1

-件のトラックバック

-件のコメント

[C7305]

>何か速く読めるコツがあったら教えてください。

個人的意見ですが、知識量さえあれば読書は死ぬほど早くなります。「あ、ここはもう知ってる。あ、またこれか。まあこういうことだろう」みたいな感じで、読み流すだけで理解できるようになるので。

読むのが早いのはビジネス本や新書のような軽いものだけで、専門書の速読は僕もできません。

てことで、コツは読書をしまくることですねwww
  • 2009-03-25
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7297]

G戦士さんは本を読むのがすごく速い
ですよね、新書を10分で読んだって記事も
あったし、速読でもやってるんですか?
それともたくさん読んでるうちに勝手に
速くなったんですか?

何か速く読めるコツがあったら教えてください。

  • 2009-03-23
  • 軍曹
  • URL
  • 編集

[C7286]

>好きな小説家とか教えてください、僕は安部公房と三島由紀夫です。

特に特定の好きな作家はいませんね。乱読派です。しいていうならば、日本人の昔の作家が好きですかね。W村上以降はあまり好きではないです。あ、↑のふたりは結構好きですよ。


>G戦士さんが、具体的に、センターで何の科目を選択し、二次で何を選択し受けたのかということです。

体験記に書いてありますよ。


>じゃ大前研一のが好きですか?

どっちかといえばそうですね。企業参謀と旅行の本は結構すきです。


>「嫌い嫌い」と言いながら結構な割合で著作をチェックしてるあたり、
本当は好きなんじゃないですか?www

そうかもしれないですねwww
そういえば、社会学者の宮台真二を僕はきらいなのですが、
このあいだ、すごく似ているといわれました。
小さいころから好きな子に悪さをするタイプだったですしねww


>その方法、ある面では有効かもしれません。しかし読者の信頼を得るというポイントは落ちてしまっていますよね。

そうですね。ま、別に全員から信頼を得ようとしても無理なのであまり気にしていませんがw
  • 2009-03-23
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7285] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C7281]

>極論だということは承知のうえで、相手に考えを伝えることを優先させ、簡潔・明瞭に話す。正確さを追求しても、結局なにも伝わらないというのが現実だと知っているからだ。

 もしかしたら、正論という点でいろいろと悔しいおもいをしてきたのでしょうか。大変でしたね。

 その方法、ある面では有効かもしれません。しかし読者の信頼を得るというポイントは落ちてしまっていますよね。
 本を出すときには同じ名前で出すわけですし、名前を変えても人間は変わりません。

 例として適切かはわかりませんが、村上春樹が好きな人は、あまり詳しくない私が、「え、それはどうだろ」というところを指摘してもあらゆる方向で好意的な擁護します。
 そういった好意的な信頼を勝ち得た固定の読者を持つことは確かに難しいですし面倒ですし苦労します。

 >どうせ読む人は研究者でも知識人でもない・普通のひとなのだ。

 という点も多くのビジネス本に見受けられます。  「あ、こいつは読者を舐めてるな」という意識をもたれながら読まれるのはどうでしょう。
 読んでる当時の読者は確かに研究者でも知識人とも呼べないかもしれませんが、その本を手に取る、このブログを熱心にのぞくというのは大きく見て、将来の優秀な研究者、知識人の候補だと思うのです。

 刺激的な極論を言って、大勢の人が食いついてきて、想定通りと思っているときに、むしろまた大勢の知識人候補の人たちは、あなたも含めてその塊を白い目でみていることも多いのではないでしょうか。一度あいつはワイドショーのサルマネだと思ってしまうと、その中に隠れた有用な主張も見逃してしまいます。
 読者たちが送り手として実践できるかは別として、傍目八目という言葉はうそじゃありません。生半なテクニックは不信感を多くつのらせます。
 
 例えばですが、「俺は超エリートですごいやつだ」と言っても気にかけてもらえない。ならば「Aという人はこんなに超エリートですごいやつだ。Aと俺はこれこれこうでとても似ているぞ」と主張する。これは嫌味なやつと思わせたいテクニックなのでしょうか。違いますよね。

 研究者知識人であろうとなかろうと人間対人間である以上、難解な理論はまだしも相手の心のありようは透けてみえるものです。

 読者を「どうせ」から始まる言葉でくくられると、少しむっとしてしまうのは私が子供だからでしょうか。
  • 2009-03-22
  • ドレミ
  • URL
  • 編集

[C7273]

「嫌い嫌い」と言いながら結構な割合で著作をチェックしてるあたり、
本当は好きなんじゃないですか?www
G戦士さん自身も気付いてない潜在意識では。
  • 2009-03-20
  • ヅラ
  • URL
  • 編集

[C7270]

京大総合人間学部なんですよね?でしたらたしかセンターで倫理は必要ないですよ。

センターでは英語、理科、地歴がそれぞれ選択です。理科は選択したセンターでの配点がそのまま二次の配点になったはず。

地歴はセンターで世界史B日本史B地理Bのどれかを受けて、二次ではセンターで受けなかったものの中から選ばなければならなかったと思います。

今年はどうかわかりませんが。

[C7269]

センター科目が体験記の第8章、二次が第15、16章に書いてありますよ。
一応書いておきますと、センターが国数英と物理倫理で、二次が国数英と地理です。

僕はG戦士さん本人ではありませんので、もしかしたら間違えているかもしれませんが。
  • 2009-03-19
  • 読者
  • URL
  • 編集

[C7268]

じゃ大前研一のが好きですか?
  • 2009-03-19
  • 仲間
  • URL
  • 編集

[C7265] はじめまして

 一浪しましたが、おかげさまで何とかなりました。
 コンテンツ残しで凍結だそうで、なんだか寂しいような気もします。

 さて、ひとつ、ここを覗くたびに、疑問に思っていたことがあります。プロフィールにも書かれていないことです。体験記がエッセイ風に書かれているにもかかわらず、明記されていない肝心なことです。何をエラそーにと思われるかもしれませんが、体験記の無用な形容や修飾や感情的表現よりも、よほどに知りたいことです。

 つまり、G戦士さんが、具体的に、センターで何の科目を選択し、二次で何を選択し受けたのかということです。加えてその選択戦略です。もしかしたら閲覧者が一番参考にしたいことなのではないでしょうか。
 あなたのサイトの勉強法の中で、国語では古文が、社会では地理が充実しています。私はそれをみて、はじめ、では京大受験のコツとして力を入れるべきなのはそれらなのかなと思いました。京大では現在地歴は、世B日B地理Bのうちセンターで受けたうけたものは二次では受けられないことになっています。ならば地理は二次で受けて日本史をセンターに回したのかな、いやもしくは……。と変なところで考えをめぐらせてしまっていました。
 加えて当時は現在の入試体制とも違ったと思われます(今は後期がありません)。そこらへんの差異も明確にしておかれたほうが、受験生の勘違いもないのではと。
 ずっと気になりっぱなしのことだったので、最後にプロフィールかどこかに是非簡略に系図かなにかで追記してほしいです。

 私も受けた総合人間学部文系というのは、一年目では科を決めずに色々とみてまわれるらしいのですが、参考までにG戦士さんがどの科になぜ決めたのかというのも気になります。どこかのコンテンツに隠れているのでしょうか、コメント欄の有用な質疑応答もコンテンツに移行することなど考えてないでしょうか。一年間このサイトを閲覧してきた身としては、歯がゆさの残る凍結はしてほしくないです。もちろん面倒でなければですが。
 ちょうど入れ替わりになってしまうのですね。1回生と4回生のつきあいなどあるのかわかりませんが、知らん顔をして「あ、こいつか、むむむ」くらいには思ってみたかったな。
  • 2009-03-19
  • フィラデルフィア太郎
  • URL
  • 編集

[C7264]

G戦士さん、オレたち男は将来ハゲますよ(笑)
ハゲない人もいるけど
  • 2009-03-19
  • 弱肉強食
  • URL
  • 編集

[C7263]

何て本ですか?
  • 2009-03-19
  • 受験生
  • URL
  • 編集

[C7262]

好きな小説家とか教えてください、僕は安部公房と三島由紀夫です。
  • 2009-03-19
  • 犬になりたい 
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

省みる



 本屋でちらっと立ち読みしてみたところ、自分とほとんど同じ考え方をしていることに驚いた。そして少しショックだった。というのも、僕は堀紘一は嫌いだからだ(笑) 

 ちなみに、堀紘一は東大法学部卒、ハーバード経営大学院卒、ボストン・コンサルティング元日本代表、現在ドリームインキュベータ会長、という超エリートである。彼の著作を何冊か読んだが、大衆に迎合しすぎた・単純化しすぎた論理に閉口したのを覚えている。

 しかし本書を読むと、受験・勉強法に関しては、恐ろしいほどに、私と堀紘一が似ていることが分かった。どちらも、「△△という問題がある。だったら、○○をやれ!なぜなら□□だから。以上!」というような形式をとっている。こう考えると、実は、似ているからこそ嫌いだったのかもしれない(笑)

 僕自身、人に物事を伝えるときに極端なほどに単純化することを好む。極論だということは承知のうえで、相手に考えを伝えることを優先させ、簡潔・明瞭に話す。このブログでも、まどろっこしいことは言わず、とにかく主張をひとつガツンとぶつけるというスタイルをとっている。正確さを追求しても、結局なにも伝わらないというのが現実だと知っているからだ。

 ちなみに、本書での主張の代表例は次のようなもの。

・受験など無駄。無駄なものは極力やらないほうがいい。ただ、受験はやらないといけないことがある。だったら、最短時間で効率よくやってあっさり受かることだけ考えればいい。

・まず敵を知ること。過去問を解き、分析する。そしたら、やるべきこと、やらなくていいことがはっきり見えてくる。課題がわかった時点でもはや勝ちは見えている。

 上の主張には、こんな反論が想定できる。たとえば、なんだかんだいって受験で身につく知識は役立つものであり、決して無駄などとはいえないこと。あるいは、過去問を分析してもやるべきことがわかるひとなど少数派でしかないこと。……ほかにもたっくさんあるだろう。
 しかしそんな細かいことをいちいち検討していては埒があかない。どうせ読む人は研究者でも知識人でもない・普通のひとなのだ。議論を複雑化せずに、直球で上のように主張するほうが、より効果的だ。

 ……ううむ。堀紘一を敬遠するのはやめたほうがいいのかもしれない。しかし、なぜか好きになれないのだ。ハゲだからだろうか?(笑)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/501-430b15a1

0件のトラックバック

13件のコメント

[C7305]

>何か速く読めるコツがあったら教えてください。

個人的意見ですが、知識量さえあれば読書は死ぬほど早くなります。「あ、ここはもう知ってる。あ、またこれか。まあこういうことだろう」みたいな感じで、読み流すだけで理解できるようになるので。

読むのが早いのはビジネス本や新書のような軽いものだけで、専門書の速読は僕もできません。

てことで、コツは読書をしまくることですねwww
  • 2009-03-25
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7297]

G戦士さんは本を読むのがすごく速い
ですよね、新書を10分で読んだって記事も
あったし、速読でもやってるんですか?
それともたくさん読んでるうちに勝手に
速くなったんですか?

何か速く読めるコツがあったら教えてください。

  • 2009-03-23
  • 軍曹
  • URL
  • 編集

[C7286]

>好きな小説家とか教えてください、僕は安部公房と三島由紀夫です。

特に特定の好きな作家はいませんね。乱読派です。しいていうならば、日本人の昔の作家が好きですかね。W村上以降はあまり好きではないです。あ、↑のふたりは結構好きですよ。


>G戦士さんが、具体的に、センターで何の科目を選択し、二次で何を選択し受けたのかということです。

体験記に書いてありますよ。


>じゃ大前研一のが好きですか?

どっちかといえばそうですね。企業参謀と旅行の本は結構すきです。


>「嫌い嫌い」と言いながら結構な割合で著作をチェックしてるあたり、
本当は好きなんじゃないですか?www

そうかもしれないですねwww
そういえば、社会学者の宮台真二を僕はきらいなのですが、
このあいだ、すごく似ているといわれました。
小さいころから好きな子に悪さをするタイプだったですしねww


>その方法、ある面では有効かもしれません。しかし読者の信頼を得るというポイントは落ちてしまっていますよね。

そうですね。ま、別に全員から信頼を得ようとしても無理なのであまり気にしていませんがw
  • 2009-03-23
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7285] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C7281]

>極論だということは承知のうえで、相手に考えを伝えることを優先させ、簡潔・明瞭に話す。正確さを追求しても、結局なにも伝わらないというのが現実だと知っているからだ。

 もしかしたら、正論という点でいろいろと悔しいおもいをしてきたのでしょうか。大変でしたね。

 その方法、ある面では有効かもしれません。しかし読者の信頼を得るというポイントは落ちてしまっていますよね。
 本を出すときには同じ名前で出すわけですし、名前を変えても人間は変わりません。

 例として適切かはわかりませんが、村上春樹が好きな人は、あまり詳しくない私が、「え、それはどうだろ」というところを指摘してもあらゆる方向で好意的な擁護します。
 そういった好意的な信頼を勝ち得た固定の読者を持つことは確かに難しいですし面倒ですし苦労します。

 >どうせ読む人は研究者でも知識人でもない・普通のひとなのだ。

 という点も多くのビジネス本に見受けられます。  「あ、こいつは読者を舐めてるな」という意識をもたれながら読まれるのはどうでしょう。
 読んでる当時の読者は確かに研究者でも知識人とも呼べないかもしれませんが、その本を手に取る、このブログを熱心にのぞくというのは大きく見て、将来の優秀な研究者、知識人の候補だと思うのです。

 刺激的な極論を言って、大勢の人が食いついてきて、想定通りと思っているときに、むしろまた大勢の知識人候補の人たちは、あなたも含めてその塊を白い目でみていることも多いのではないでしょうか。一度あいつはワイドショーのサルマネだと思ってしまうと、その中に隠れた有用な主張も見逃してしまいます。
 読者たちが送り手として実践できるかは別として、傍目八目という言葉はうそじゃありません。生半なテクニックは不信感を多くつのらせます。
 
 例えばですが、「俺は超エリートですごいやつだ」と言っても気にかけてもらえない。ならば「Aという人はこんなに超エリートですごいやつだ。Aと俺はこれこれこうでとても似ているぞ」と主張する。これは嫌味なやつと思わせたいテクニックなのでしょうか。違いますよね。

 研究者知識人であろうとなかろうと人間対人間である以上、難解な理論はまだしも相手の心のありようは透けてみえるものです。

 読者を「どうせ」から始まる言葉でくくられると、少しむっとしてしまうのは私が子供だからでしょうか。
  • 2009-03-22
  • ドレミ
  • URL
  • 編集

[C7273]

「嫌い嫌い」と言いながら結構な割合で著作をチェックしてるあたり、
本当は好きなんじゃないですか?www
G戦士さん自身も気付いてない潜在意識では。
  • 2009-03-20
  • ヅラ
  • URL
  • 編集

[C7270]

京大総合人間学部なんですよね?でしたらたしかセンターで倫理は必要ないですよ。

センターでは英語、理科、地歴がそれぞれ選択です。理科は選択したセンターでの配点がそのまま二次の配点になったはず。

地歴はセンターで世界史B日本史B地理Bのどれかを受けて、二次ではセンターで受けなかったものの中から選ばなければならなかったと思います。

今年はどうかわかりませんが。

[C7269]

センター科目が体験記の第8章、二次が第15、16章に書いてありますよ。
一応書いておきますと、センターが国数英と物理倫理で、二次が国数英と地理です。

僕はG戦士さん本人ではありませんので、もしかしたら間違えているかもしれませんが。
  • 2009-03-19
  • 読者
  • URL
  • 編集

[C7268]

じゃ大前研一のが好きですか?
  • 2009-03-19
  • 仲間
  • URL
  • 編集

[C7265] はじめまして

 一浪しましたが、おかげさまで何とかなりました。
 コンテンツ残しで凍結だそうで、なんだか寂しいような気もします。

 さて、ひとつ、ここを覗くたびに、疑問に思っていたことがあります。プロフィールにも書かれていないことです。体験記がエッセイ風に書かれているにもかかわらず、明記されていない肝心なことです。何をエラそーにと思われるかもしれませんが、体験記の無用な形容や修飾や感情的表現よりも、よほどに知りたいことです。

 つまり、G戦士さんが、具体的に、センターで何の科目を選択し、二次で何を選択し受けたのかということです。加えてその選択戦略です。もしかしたら閲覧者が一番参考にしたいことなのではないでしょうか。
 あなたのサイトの勉強法の中で、国語では古文が、社会では地理が充実しています。私はそれをみて、はじめ、では京大受験のコツとして力を入れるべきなのはそれらなのかなと思いました。京大では現在地歴は、世B日B地理Bのうちセンターで受けたうけたものは二次では受けられないことになっています。ならば地理は二次で受けて日本史をセンターに回したのかな、いやもしくは……。と変なところで考えをめぐらせてしまっていました。
 加えて当時は現在の入試体制とも違ったと思われます(今は後期がありません)。そこらへんの差異も明確にしておかれたほうが、受験生の勘違いもないのではと。
 ずっと気になりっぱなしのことだったので、最後にプロフィールかどこかに是非簡略に系図かなにかで追記してほしいです。

 私も受けた総合人間学部文系というのは、一年目では科を決めずに色々とみてまわれるらしいのですが、参考までにG戦士さんがどの科になぜ決めたのかというのも気になります。どこかのコンテンツに隠れているのでしょうか、コメント欄の有用な質疑応答もコンテンツに移行することなど考えてないでしょうか。一年間このサイトを閲覧してきた身としては、歯がゆさの残る凍結はしてほしくないです。もちろん面倒でなければですが。
 ちょうど入れ替わりになってしまうのですね。1回生と4回生のつきあいなどあるのかわかりませんが、知らん顔をして「あ、こいつか、むむむ」くらいには思ってみたかったな。
  • 2009-03-19
  • フィラデルフィア太郎
  • URL
  • 編集

[C7264]

G戦士さん、オレたち男は将来ハゲますよ(笑)
ハゲない人もいるけど
  • 2009-03-19
  • 弱肉強食
  • URL
  • 編集

[C7263]

何て本ですか?
  • 2009-03-19
  • 受験生
  • URL
  • 編集

[C7262]

好きな小説家とか教えてください、僕は安部公房と三島由紀夫です。
  • 2009-03-19
  • 犬になりたい 
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。