Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/473-0de3809a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C7743]

物理は独学でセンターだけで使うのですが、この参考書の次はどの参考書が最適でしょうか?
  • 2010-04-09
  • いも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ぶつりの1・2・3

479735044Xぶつりの1・2・3 誰でも解ける!センター物理「力学」の3ステップ解法 (サイエンス・アイ新書)
桑子 研
ソフトバンククリエイティブ 2009-01-21

by G-Tools

お奨め学力レベル


偏差値40  ★★★★★
偏差値50  ★★★★★
偏差値60  ★★☆☆☆
偏差値70  ☆☆☆☆☆


こんな人にお奨め


・高校物理をまだ習っていない中学生・高1生
・物理(特に力学)に苦手意識のあるひと(物理アレルギーなひと)
橋元の物理をはじめからていねいにが分からなかったひと


物理は簡単だ


 私は文型だが、理科は物理を選択した。本番のセンターでは88点とふるわなかったが(最初の問題でミスして芋づる式に減点)、1月に解いた予想問題では8割がた100点だった。それくらい物理は得意だった。

 私は、「センターのなかで物理はもっとも簡単な科目だと思う」といい続けてきた。なんといっても覚えるべき解法の数が極端に少ない(センター理科の選択科目)。一度コツを掴めば、短時間の勉強で高得点がとれるようになる。いわゆる楽勝ってやつだ。

 しかし一方で、特に文型の人を中心に、物理アレルギーなひと――いくらやっても全然のびないひと――がいるのも事実。そんなひとには橋元の物理をはじめからていねいにを勧めていたが、それでも全然結果が出ないということも多かった。「こんなに楽勝なのに、なぜああも物理を毛嫌いするのか」ずっと内心疑問だったが、本書をよんで、その理由がわかった。

 私が無意識のうちにイメージできていたものを、彼らはまったくイメージせずに、ただ数式や公式を見ていただけだったのだ!

 本書は、物理が得意なひとが無意識的にやっていることをきれいに可視化している。どうしても物理が苦手だというひとでも本書なら「物理の頭のつかいかた」が理解できるはずだ(これで理解できなければ科目変更を考えたほうがいい)。一刻も早く読むべし!


物理はイメージ!


 物理で最も大事なのが「力学の徹底理解」である(まずは力学と電磁気)。力学の基本さえ身につけば、あとは一通り問題演習を積めばいい(波動などで躓く人はいるかもしれないが)。

 そしてその力学の理解するために最重要なのが「イメージする力」である。いくら公式を覚えても、いくら解答とにらめっこしても、正しいイメージが掴めていなければ物理は解けるようにならない(この意味で、物理は数学以上に暗記が物をいわない科目である)。

 書店で本書を開いてみて欲しい。かわいらしいイラスト(それでいて本質的)が満載だ。

・運動量とは一体なんなのか?
・エネルギーが保存するって一体どういうこと?

 そんな素朴な疑問が、「イメージ」で解決される! 「快感」と言っても良いくらいに「わかる、わかるぞー!」となること間違いなしの一冊である。

 少し褒めすぎたので、少し補足しておくが、本書にはいわゆる裏技は一切ない。一歩ずつ基本をみっちり理解していく。これだけだ。しかし物理の上達はこのプロセスなしにはありえない。とにかく読み込んで欲しい。


具体的使用法


① まず一通りじっくり読み込む! ゆっくりでいいから、絶対に理解できないところを作らないこと!

② 練習問題は◎○×勉強法を使って復習。二度目で解けなかった問題があったら、基礎が身についていない証拠! 本文に戻ってみっちり理解する。

③ 良書とはいえ、あくまで入門書。①②のプロセスが終わったら、すぐ次の参考書・問題集へ移るべし。(授業と並行して使う場合は問題演習へ。受験用で使う場合はすぐに次の分野へ。)


まずは力学と電磁気:前 物理メニュー 次:橋元の物理をはじめからていねいに
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/473-0de3809a

0件のトラックバック

1件のコメント

[C7743]

物理は独学でセンターだけで使うのですが、この参考書の次はどの参考書が最適でしょうか?
  • 2010-04-09
  • いも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。