Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/457-bc20b3b2

-件のトラックバック

-件のコメント

[C6996]

返事ありがとうございました
自分なりにやんわり解釈して、受け止めることにします

最後に、このブログには本当にお世話になりました
お体だけには気をつけて・・・<(_ _*)>

(このコメントに返事は無用です)
  • 2009-02-17
  • ラファエロ
  • URL
  • 編集

[C6988]

ラファエロさん

>「G戦士さんは、京大で学ぶ&留学した以外にどのような活動を行ってきたのか」という部分です

あえて挑発的に答えるとすれば、馬鹿とつるまなかった、徹底的に無関心を貫いたということですかね(笑)

あとは死ぬほど読書はしました。Blogでは経済系の記事が多いですが、現実ではそれよりも思想・哲学系に関してかなり読書をしていましたね。まあ、それ自体に意味があるとは思いませんが。
  • 2009-02-16
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6981]

今年で大学生になるものですが、自分が見ることができない視点でロジックを展開できるあたり、素直にすごいなぁと思わされます・・・
(ただ、難しいことを並べることに憧れを抱くほど愚かではないと自負しています)

「こういう考え方ができるようになりたいなぁ」と言ってしまうと、記事を通してG戦士さんが伝えたいことの間にズレが生じてしまうかもしれませんが笑

ただ、この記事にあるコメントにもあり、同じことを聞いてしまう感じになりますが(そのコメントには返事があり軽く流されていますが)あえて尋ねさせてもらいます
「G戦士さんは、京大で学ぶ&留学した以外にどのような活動を行ってきたのか」という部分です

自分の考えや行動を大学生活を通して精錬していきたいと考えているので、差し支えがなければ参考として詳しく教えていただければと思いますm(__*)m
  • 2009-02-16
  • ラファエロ
  • URL
  • 編集

[C6931]

大前さんの本は読んだときはありますよ。3冊くらいかな。でも1冊は旅行の本だったので実質2冊ですか(個人定期に旅行の本が一番好きです。おすすめ)。

確かに「同じような考え方してるなー」とは思いましたね。ただ結論部分は全く違います。てか逆ですね。
  • 2009-02-02
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6928]

G戦士さんは大前研一氏の本を愛読されているのですか?
考え方に共通する部分が見受けられたので
  • 2009-02-02
  • no name
  • URL
  • 編集

[C6927]

 このブログを拝見すると、人間が「他人の思うようにされたい」感情を持つ動物だということがよくわかる。しかしそこにつけこむことは、すべきではない。
 話は変わるが。確かに、日本は世界の二流文明なのである。
 日本は省エネで、もの作りなのである。それは文明としては二流で、損な立場である。でも、アメリカ人にモノを作らせたら、アメ車になってしまう。やたら石油ばかり食って、故障ばかりして、能率が悪い。それなら、日本がやったほうが、世界のためである。 
 しかし、だ。エネルギーはいずれ払底する。石油文明のアメリカは、どうなるだろう。それなら将来の文明は、人を訓練するしかない。そのために必要なものは、人に決まっている。「人は石垣、人は城」。「米百俵」も同じことである。それをいったのは外国人ではない。われわれの祖先である。
 言いたいことを汲んでくれたら、有難い。
  • 2009-02-02
  • 伊勢
  • URL
  • 編集

[C6925]

>日本文化は身内受けの凝り性文化だそう。

それは僕も全面的に同意しますね。そのベルギー人と一度話ししてみたいです。

そういえば、僕は欧州の小国の人と気が合う傾向があります。なぜなんだろうなー?


>日本の下仕官、ドイツの司令官、アメリカの総帥

記事の前半部で言いたいことは上とおなじです。ただ、僕の本意はかなり異なります。まあ長くなるのでまたいつかかきます。


>下仕官として生きろ、そなたは美しい!
と、変わらないからそのままで生きていくしかない、と考えているのでしょうか?

はい。経済停滞は避けられないでしょうが、無駄なところに投資して大損ぶっこくよりはマシかと。


>自らが良い司令官になるということですか?

いえ。僕は司令官向きではありません。自分に日本人を引っ張っていく資質はないと思っています。

僕は外人とつるむときはリーダー的なポジションになりますが、日本人とつるむときはいつもエージェントタイプにおちつきます。向いていないのですね。

結論をいえば、またいつか詳述しますが、もっと間接的な方法を考えています。
  • 2009-02-02
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6924]

OLだった頃、会社で働いていた日本に超詳しいベルギー人が言ったことに納得してた。
日本文化は身内受けの凝り性文化だそう。
外国文化に負けまいとしているのではなく、
世に意図的にインパクトを与えようとしているのでもなく、
今ここにいる同じ価値観を共有する仲間からの喝采を浴びたいと考える。
その結果、同じものを志す者同士の「これすごいだろ、おもしろいだろ」合戦が始まり、
そこで生み出される物が自然と研ぎ澄まされていく。
でもその競争は、敵対的なものではなく、お互いを尊敬しあいながら、静かに深く進行していく。

そしてある日、偶然目撃した異文化出身の人間(外国人)から、
それがすごいものであることを知らされる。
ほとんどの日本人はその日が来るまで、自分たちが作り上げた物がすごいものとは知らない。
もろもろの伝統文化、芸能、電化製品、アニメ、他、みんな同じパターンで世界に広まっていった。
だから、日本がここまで発展してきたのも必然的なものだし、
この精神が衰えない限り、これからも日本は誰に頼まれることもなく、
知らないうちに勝手に世界にインパクトを与え続けていくだろうと。

[C6923]

この記事の内容は、
良い軍隊とは、
日本の下仕官、ドイツの司令官、アメリカの総帥(だったかな?後半はどうでもいいか!)
を一部表してますよね。

でもって、
日本人は下仕官として優秀なんだぜ!
でも、司令官とかには向かないけどな!
ま、俺は下仕官にならねぇけどよ。
精々頑張って下仕官やってろよ、他国に比べりゃ良い動きしてっから日本の下仕官尊敬してるぜ!
という風に読めました。(悪意たっぷりですいません、僻みだと思ってください)

確かに、日本は世界の有能な下仕官として生きていくんだろうなぁと思う事があります。
ただ「個人的には」日本の現体制、状況に不満がある、このままじゃダメだ!
と読んだ記事でした。

今世界がどうなのか自分には全然分かりません。
ただその中で日本の役割は今の状況から変えるべきなんでしょうか?
変えるなら、どうしたらいいんでしょう?

もしくはコメントにあるように、
下仕官として生きろ、そなたは美しい!
と、変わらないからそのままで生きていくしかない、と考えているのでしょうか?
ならば、下仕官が働きやすい環境とは、自らが良い司令官になるということですか?

勝手で分かりにくい意見言って申し訳ないです、ただもう少しG戦士さんの考えを聞いてみたいんです。


上とは関係ないですけど、
日系の超一流所に是非来て欲しいと言われてみたいですね、自分じゃありえないですけど…orz
  • 2009-02-02
  • ものき
  • URL
  • 編集

[C6919] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C6918]

>G戦士氏が日本の未来を強く案じていることはわかりました。

そうですね。上の記事とは矛盾しているように感じるかもしれませんが、僕は、最高品質の単純労働者の方々が報われる社会にしたいと常に思っています。


>最高品質単純労働者(笑)の一員として仕事をするほうが向いていると大学で気づきました。

皮肉ばかり記事では書きましたが、冗談抜きで、僕はそういう方を尊敬しています。わが国の誇りです。がんばってください。


>大学のカリキュラムをこなしただけでなく、どのような課外活動をして、日頃からどのように物事を考えていたのでしょうか?

まあ適当に生きていただけですよ(笑)
とりあえず勉強がんばってください!
  • 2009-02-01
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6916]

長い間このブログのお世話になってる者です。初書き込みとなりましたが、それは今回の記事に大きな驚きを覚えたからです。
私は現在一浪の末、大学に入ろうとしています。年齢的にはG戦士さんとはちょうど大学生活4年分の差がありますが、個人的な感覚ではたった4年の差なのです。それなのにここまで説得力のある意見(私がどこまで真意を理解できているかはわかりませんが)を言えるということへの驚きです。

そこでG戦士さんはどういう大学生活を送っていたのか伺いたいのです。
大学のカリキュラムをこなしただけでなく、どのような課外活動をして、日頃からどのように物事を考えていたのでしょうか?

できれば、G戦士さんだけでなくこのブログをご覧になっている全ての大学生、大学生活経験者にも伺いたいです。(他人のブログでこういうことやるのってまずい気もしますが)

ちなみに私は理系(地方国立総合大学志望)です。でも世界情勢についても詳しく知ってみたいので・・・

大学合格もまだなのに大学生活のことを気にするのもどうかと思いましたが、気になってしまいましたので(笑)

[C6915]

日本は大学に入った後に競争力が衰える人が多いのが優秀なホワイトカラーが出ない原因なのかなと思いました。
アメリカは逆ですもんね。
  • 2009-02-01
  • シジナ
  • URL
  • 編集

[C6914]

G戦士さんは本当に頭がいいなあと日記読んでて強くそう思います。こういう人がやがて企業のトップにたつんだろうなと。

自分はホワイトカラーで人々の先頭にたって仕事をするよりも、最高品質単純労働者(笑)の一員として仕事をするほうが向いていると大学で気づきました。工学部なのでものづくりも大好きですし。このブログが終了しても、また新たなブログでG戦士さんの日記を読みたいななんて思ってます。


  • 2009-02-01
  • りかちゃま
  • URL
  • 編集

[C6913]

確かに皮肉たっぷりですが、
かなり的を射ている意見なのでしょう。
高3のガキには理解十分とは言えませんが
G戦士氏が日本の未来を強く案じていることはわかりました。
  • 2009-02-01
  • バベル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

将来の日本(仮)

 ひとつ前置きしておきますが、皮肉は理解してくださいね(笑)


 いきなりラディカルなことを言いますが、僕は、今後の日本は「最高品質単純労働者生産工場」になっていくと思っています。僕は自分のキャリアを考えるときに、いつもこの仮説をベースにしています。つまり、「これから日本は最高品質単純労働者生産工場になるだろう。その中で自分が果たすべき役割は何か?」と考えているのです。

 まずわかりやすい理由から説明します。それは至って単純なもので、日本人は、ひたむきに努力することにかけては世界で一番だからです。日本人ほど、ほとんど何のリターンもないにもかかわらず一生懸命働く民族はいません。外国と比べて、日本のマクドナルドの店員はもはや神の領域だと思います。僕は、海外で、一回聞き返しただけで、店員に小声で「fucking jap!」といわれたことがあります(笑) マックバイトで少し頑張ったところで時給が少し上がるだけでしょう。にもかかわらず、日本人は必死に頑張るのです。なんとすばらしい国民でしょうか!

 さて、ここまでなら誰でも言ってることな気がします。僕が少し変わっているのは、日本の単純労働者が、日本という枠を超えて、グローバルビジネスのなかで、最高品質単純労働者の役割を担うようになってきていると思うところです。もはや現実として、変化は起こっていると。それも国際的な規模で。

 僕の仮説を強化する一つの事実が、ワーキングホリデーをする人の増加です。ワーキングホリデーとは、Wikipediaによれば、次のように定義されます。

二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度


 留学エージェントが「働きながら留学」という巧妙なキャッチフレーズで勧誘し続けていますが、これは要するに「単純労働の輸出」です。カナダやオーストラリアにはかなりの人数の日本人がワーホリビザで、ショップスタッフ、レストランの定員、ホテルのベッドメイキングなどの仕事に従事しています。

 ここで重要なのが、日本人は従業員としてかなり人気が高いということです。英語力がクソなのにもかかわらずです。現地の人と話していると、「日本人はすばらしい。絶対に店の金を盗まないし、明るい。仕事も一生懸命やる。こんなにすばらしい民族は見たことがないよ!」と言われます。同じ日本人として誇らしいことです。

 しかし、いわゆるマネージャー職、頭を使う系のお仕事になるとどうでしょうか? 日本人は全くといっていいほどいません。先ほどの現地の人に、少しからかって、「そんなに優秀なら彼女達をマネージャーにするのはどう? ナイスアイデアじゃないか。きっと一生懸命働くよ。君の会社は大繁盛さ!」と言ったら、「いや、いや、いや。お前だって分かるだろう。何を言ってるんだ」と本気で返されました。(オーストラリア人に皮肉は分からなかったようですw)

 日本人がグローバリゼーションの波に乗り遅れているというのは嘘です。既にグローバリゼーションに完全に対応しています。その典型例がワーホリ労働者なのです。英語がそれほどできなくても、「どんどん来てくれ!」といわれるほどに、完璧な単純労働者として認められています。なお、国内においても、彼らの作った気の行き届いた財の輸出という形で、グローバリゼーションに対応しています。
 また、最高品質単純労働者は馬鹿にした呼び名ですが、これは僕がつけた具体的な名前だからです。より一般的・抽象的には、職人などと呼ばれているようです(笑)
 あ、僕は本気で日本の単純労働者を誇りに思っています。町工場の職人とか単純に格好いいです。1mmを超えた世界ですよ。半端ないです!

 一方、いわゆるホワイトカラーの人たちはどうかというと、海外での存在感はゼロに等しいですね。そのことを示すのが、外資バッシングが強い日本でも活躍している海外の企業は、金融、コンサル、ITなど超典型的なホワイトカラー企業だということです。
 日本のホワイトカラーが担っている役割は、日本の最高品質の労働者、あるいは彼らの作り出した財を輸出することです。車とかその典型例です。自動車はなんか最新技術の粋みたいに思われていますが(確かにそういう面もありますが)、基本的には職人技がモノをいいます。自動車のエンジンは経験と勘で作られます。ハイブリッドカーとかも格好いい名前ついてますが、職人芸です。補足しておけば、最近日本勢の元気が全然ない電機業界は、既にモジュール化(部品買ってきて組み立てまーす)が進んでいて、職人芸はあまり効かない業界ですね。あ、でも日本企業はその部品を作ることで貢献しています!笑

 最近、「これからは英語をやらなあかん!」とか「論理的思考が大事だ!」とか、そんなキャッチフレーズをよく聞きますが、僕は、日本人はそんなことやらなくてもいいと思っています。向いていない。だって、これだけ英会話学校が乱立しながら、この英語力ですよ? 大学進学率がこれだけ高くてこの議論力ですよ? 日本人の英語に関するROIC(Return on Invested Capital)はやばいくらい低いでしょう。これ以上投資したってリターンは何もないです。素直に帰国子女と一部のエリートに任せておきましょう。ごたごた言う前に、いい「ものづくり」と「おもてなし」をしろ! こう教えるべきです。

 日本は世界最高品質の単純労働者を生産することで世界に貢献すべきです。小学校・中学校では合唱コンクール、マラソンを課すことで、集団としての規律を身につけさせる。大学受験では、単純作業を繰り返す忍耐力を身につけさせる。大学では、変な知恵をつけさせず、サークル活動で恋愛をさせて将来の伴侶を見つけさせる。企業では、徹底的に愛社教育を施し、年功序列、終身雇用の下、最高の効率をもって、職人達が作り出した財を輸出するシステムを作り上げる。これこそ日本の目指す道でしょう! ………あれ? これって既にもうやってるや。ああ、やっぱり日本と言う国はすばらしいです。なんて戦略的な国家なのでしょう!
 でも最近は甘やかしすぎて、非正規雇用のくせに仕事を選び始めた馬鹿野郎共が増えたとの報告があります。これはわが日本国企業軍は、徹底的に再訓練する必要があります。変な入れ知恵をする受験勉強法Blogなど閉鎖せねばなりませんな!

 え? 僕はどうするかって? 単純労働は嫌いなので、このゲームからは抜けます(笑)



---追記
きっと多くの大企業の方には上の意見は賛成してもらえると思いますよ。僕は就職活動で、冷やかしで何社か日系の超一流企業を受けましたが、上のようなことを言ったら、「ぜひ来て欲しい!」「よく考えてるね!すばらしい!」と評価されましたから。途中で全て断ったので、上層部がどう考えているかは知りませんが。

え? 嘘じゃないかって? いや、それはちゃんと言葉は代えていますよ。


徹底的に愛社教育を施し、年功序列、終身雇用の下、最高の効率をもって、職人達が作り出した財を輸出するシステムを作り上げる。これこそ日本の目指す道でしょう!

日本人は地道に働く精神を忘れてはならないと思います。ものづくりこそ本当に価値あることです。長期的視点に立って、最高品質の製品を作り、世界に貢献する志が大切です。それに私は御社の人たちに惚れました。一生同志でいたいと思いました。

最近は甘やかしすぎて、非正規雇用のくせに仕事を選び始めた馬鹿野郎共が増えたとの報告があります。これはわが日本国企業軍は、徹底的に再訓練する必要があります。

非正規雇用がどうこうは別にして、仕事を選ぶという姿勢には賛成しかねます。甘えがあると思います。まずは目の前の仕事に懸命に取り組む。つらいことがあっても、楽しむことを心がける。それを乗り越えてはじめて成長できる。会社に貢献できる。そう考えております。


あ、ちゃんと自分なりのモラルは守っています。その企業に本当に行きたい人に失礼ですから、内定までは絶対にいかず、「しかし家族を大切にしたいので、転勤の可能性のある御社の総合職に行く資格は私にはないと思います。本当に申し訳ありません」と断りを入れています(笑)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/457-bc20b3b2

0件のトラックバック

15件のコメント

[C6996]

返事ありがとうございました
自分なりにやんわり解釈して、受け止めることにします

最後に、このブログには本当にお世話になりました
お体だけには気をつけて・・・<(_ _*)>

(このコメントに返事は無用です)
  • 2009-02-17
  • ラファエロ
  • URL
  • 編集

[C6988]

ラファエロさん

>「G戦士さんは、京大で学ぶ&留学した以外にどのような活動を行ってきたのか」という部分です

あえて挑発的に答えるとすれば、馬鹿とつるまなかった、徹底的に無関心を貫いたということですかね(笑)

あとは死ぬほど読書はしました。Blogでは経済系の記事が多いですが、現実ではそれよりも思想・哲学系に関してかなり読書をしていましたね。まあ、それ自体に意味があるとは思いませんが。
  • 2009-02-16
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6981]

今年で大学生になるものですが、自分が見ることができない視点でロジックを展開できるあたり、素直にすごいなぁと思わされます・・・
(ただ、難しいことを並べることに憧れを抱くほど愚かではないと自負しています)

「こういう考え方ができるようになりたいなぁ」と言ってしまうと、記事を通してG戦士さんが伝えたいことの間にズレが生じてしまうかもしれませんが笑

ただ、この記事にあるコメントにもあり、同じことを聞いてしまう感じになりますが(そのコメントには返事があり軽く流されていますが)あえて尋ねさせてもらいます
「G戦士さんは、京大で学ぶ&留学した以外にどのような活動を行ってきたのか」という部分です

自分の考えや行動を大学生活を通して精錬していきたいと考えているので、差し支えがなければ参考として詳しく教えていただければと思いますm(__*)m
  • 2009-02-16
  • ラファエロ
  • URL
  • 編集

[C6931]

大前さんの本は読んだときはありますよ。3冊くらいかな。でも1冊は旅行の本だったので実質2冊ですか(個人定期に旅行の本が一番好きです。おすすめ)。

確かに「同じような考え方してるなー」とは思いましたね。ただ結論部分は全く違います。てか逆ですね。
  • 2009-02-02
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6928]

G戦士さんは大前研一氏の本を愛読されているのですか?
考え方に共通する部分が見受けられたので
  • 2009-02-02
  • no name
  • URL
  • 編集

[C6927]

 このブログを拝見すると、人間が「他人の思うようにされたい」感情を持つ動物だということがよくわかる。しかしそこにつけこむことは、すべきではない。
 話は変わるが。確かに、日本は世界の二流文明なのである。
 日本は省エネで、もの作りなのである。それは文明としては二流で、損な立場である。でも、アメリカ人にモノを作らせたら、アメ車になってしまう。やたら石油ばかり食って、故障ばかりして、能率が悪い。それなら、日本がやったほうが、世界のためである。 
 しかし、だ。エネルギーはいずれ払底する。石油文明のアメリカは、どうなるだろう。それなら将来の文明は、人を訓練するしかない。そのために必要なものは、人に決まっている。「人は石垣、人は城」。「米百俵」も同じことである。それをいったのは外国人ではない。われわれの祖先である。
 言いたいことを汲んでくれたら、有難い。
  • 2009-02-02
  • 伊勢
  • URL
  • 編集

[C6925]

>日本文化は身内受けの凝り性文化だそう。

それは僕も全面的に同意しますね。そのベルギー人と一度話ししてみたいです。

そういえば、僕は欧州の小国の人と気が合う傾向があります。なぜなんだろうなー?


>日本の下仕官、ドイツの司令官、アメリカの総帥

記事の前半部で言いたいことは上とおなじです。ただ、僕の本意はかなり異なります。まあ長くなるのでまたいつかかきます。


>下仕官として生きろ、そなたは美しい!
と、変わらないからそのままで生きていくしかない、と考えているのでしょうか?

はい。経済停滞は避けられないでしょうが、無駄なところに投資して大損ぶっこくよりはマシかと。


>自らが良い司令官になるということですか?

いえ。僕は司令官向きではありません。自分に日本人を引っ張っていく資質はないと思っています。

僕は外人とつるむときはリーダー的なポジションになりますが、日本人とつるむときはいつもエージェントタイプにおちつきます。向いていないのですね。

結論をいえば、またいつか詳述しますが、もっと間接的な方法を考えています。
  • 2009-02-02
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6924]

OLだった頃、会社で働いていた日本に超詳しいベルギー人が言ったことに納得してた。
日本文化は身内受けの凝り性文化だそう。
外国文化に負けまいとしているのではなく、
世に意図的にインパクトを与えようとしているのでもなく、
今ここにいる同じ価値観を共有する仲間からの喝采を浴びたいと考える。
その結果、同じものを志す者同士の「これすごいだろ、おもしろいだろ」合戦が始まり、
そこで生み出される物が自然と研ぎ澄まされていく。
でもその競争は、敵対的なものではなく、お互いを尊敬しあいながら、静かに深く進行していく。

そしてある日、偶然目撃した異文化出身の人間(外国人)から、
それがすごいものであることを知らされる。
ほとんどの日本人はその日が来るまで、自分たちが作り上げた物がすごいものとは知らない。
もろもろの伝統文化、芸能、電化製品、アニメ、他、みんな同じパターンで世界に広まっていった。
だから、日本がここまで発展してきたのも必然的なものだし、
この精神が衰えない限り、これからも日本は誰に頼まれることもなく、
知らないうちに勝手に世界にインパクトを与え続けていくだろうと。

[C6923]

この記事の内容は、
良い軍隊とは、
日本の下仕官、ドイツの司令官、アメリカの総帥(だったかな?後半はどうでもいいか!)
を一部表してますよね。

でもって、
日本人は下仕官として優秀なんだぜ!
でも、司令官とかには向かないけどな!
ま、俺は下仕官にならねぇけどよ。
精々頑張って下仕官やってろよ、他国に比べりゃ良い動きしてっから日本の下仕官尊敬してるぜ!
という風に読めました。(悪意たっぷりですいません、僻みだと思ってください)

確かに、日本は世界の有能な下仕官として生きていくんだろうなぁと思う事があります。
ただ「個人的には」日本の現体制、状況に不満がある、このままじゃダメだ!
と読んだ記事でした。

今世界がどうなのか自分には全然分かりません。
ただその中で日本の役割は今の状況から変えるべきなんでしょうか?
変えるなら、どうしたらいいんでしょう?

もしくはコメントにあるように、
下仕官として生きろ、そなたは美しい!
と、変わらないからそのままで生きていくしかない、と考えているのでしょうか?
ならば、下仕官が働きやすい環境とは、自らが良い司令官になるということですか?

勝手で分かりにくい意見言って申し訳ないです、ただもう少しG戦士さんの考えを聞いてみたいんです。


上とは関係ないですけど、
日系の超一流所に是非来て欲しいと言われてみたいですね、自分じゃありえないですけど…orz
  • 2009-02-02
  • ものき
  • URL
  • 編集

[C6919] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C6918]

>G戦士氏が日本の未来を強く案じていることはわかりました。

そうですね。上の記事とは矛盾しているように感じるかもしれませんが、僕は、最高品質の単純労働者の方々が報われる社会にしたいと常に思っています。


>最高品質単純労働者(笑)の一員として仕事をするほうが向いていると大学で気づきました。

皮肉ばかり記事では書きましたが、冗談抜きで、僕はそういう方を尊敬しています。わが国の誇りです。がんばってください。


>大学のカリキュラムをこなしただけでなく、どのような課外活動をして、日頃からどのように物事を考えていたのでしょうか?

まあ適当に生きていただけですよ(笑)
とりあえず勉強がんばってください!
  • 2009-02-01
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C6916]

長い間このブログのお世話になってる者です。初書き込みとなりましたが、それは今回の記事に大きな驚きを覚えたからです。
私は現在一浪の末、大学に入ろうとしています。年齢的にはG戦士さんとはちょうど大学生活4年分の差がありますが、個人的な感覚ではたった4年の差なのです。それなのにここまで説得力のある意見(私がどこまで真意を理解できているかはわかりませんが)を言えるということへの驚きです。

そこでG戦士さんはどういう大学生活を送っていたのか伺いたいのです。
大学のカリキュラムをこなしただけでなく、どのような課外活動をして、日頃からどのように物事を考えていたのでしょうか?

できれば、G戦士さんだけでなくこのブログをご覧になっている全ての大学生、大学生活経験者にも伺いたいです。(他人のブログでこういうことやるのってまずい気もしますが)

ちなみに私は理系(地方国立総合大学志望)です。でも世界情勢についても詳しく知ってみたいので・・・

大学合格もまだなのに大学生活のことを気にするのもどうかと思いましたが、気になってしまいましたので(笑)

[C6915]

日本は大学に入った後に競争力が衰える人が多いのが優秀なホワイトカラーが出ない原因なのかなと思いました。
アメリカは逆ですもんね。
  • 2009-02-01
  • シジナ
  • URL
  • 編集

[C6914]

G戦士さんは本当に頭がいいなあと日記読んでて強くそう思います。こういう人がやがて企業のトップにたつんだろうなと。

自分はホワイトカラーで人々の先頭にたって仕事をするよりも、最高品質単純労働者(笑)の一員として仕事をするほうが向いていると大学で気づきました。工学部なのでものづくりも大好きですし。このブログが終了しても、また新たなブログでG戦士さんの日記を読みたいななんて思ってます。


  • 2009-02-01
  • りかちゃま
  • URL
  • 編集

[C6913]

確かに皮肉たっぷりですが、
かなり的を射ている意見なのでしょう。
高3のガキには理解十分とは言えませんが
G戦士氏が日本の未来を強く案じていることはわかりました。
  • 2009-02-01
  • バベル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。