Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/375-0e1d9f49

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8312]

久しぶりにブログを読み返していて2つ思ったことがあったのでコメントします。

まず、この記事の中で「大企業に勤めれば人生安定という時代は終わった」「二、三年働いてみないとなかなか分からないというのが現実ではないでしょうか。」ということから考えると、
2,3年で会社を辞める若者が増えてきたことにネガティブな報道をするマスコミは、今の社会を正しく見通せていないのではないか?と思ったんですが、このような解釈は正しいでしょうか?

あと、「居酒屋でバイトしようが、カフェでバイトしようが、どっちでも大差ないだろうと直感しているからです(私からすればこの直感こそ間違っているのですが)。」とありますが、
G戦士さんはアルバイトでどの業種を選ぶかについて、どういった考えを持っていますか?
  • 2011-10-08
  • tninzin
  • URL
  • 編集

[C8284]

参考になりました
ありがとうございます!!

[C8130]

>根拠が薄いさんへ

「志向により選ぶ進路はバラバラであるべき」と
このサイトの記事に書いたところでどうなるのでしょうか?

そういった一般論的なことは
誰もが理解しているはずですし
わざわざ記事にするまでもありません。

わたしからすれば
G戦士さんの記事はきちんと筋が通っていて
なおかつ人として考え方が完成されていると思います。

したがって、

記事に書かれている内容は
参考にする価値のある、

「1人の人間の考え方」

だと思います。


G戦士さんの記事をみて
自分の能力へと変換できる人は
記事を観た人の中の数%でしょうが
それでも数%の役には立っています。

その数%の人達は
G戦士さんの記事の中で

どの記事が有用か
きっちりとした取捨選択をして
受け入れるか否かを決めています。

G戦士さん自身も
ある1つの方法論を書いているにすぎません。

だれでもわかる啓発的なみるまでもない記事と
利用できる人は数%にすぎないが絶大な効果の記事、

どちらが有用だと思われますか?


また矛盾点を
指摘されているようですが、

第3者の目から見ても

その反論自体が
根本的に異なった方法論であり
どちらも独立していたり

「例」として挙げているものを
「これだけをすすめます」と言っているように
とらえてしまっていたりと、

コメント返信に
値するものではありません。

それでも返信をされた
G戦士さんには感服します。

記事を理解してください。

[C7747] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C7162] 受験についての質問

現在高2です。
横浜市立か名古屋市立の医学部を目指しているのですが、数学の進め方について質問したいです。
センター数学①では90%程度とれているのですが、
センター数学②では50%~60%しかとれません。
そこで質問です。
ⅠAもⅡBもまだ青チャートなどで基礎固めしたほうがいいですか??
自分の中では、ⅠAはセンターの形式に慣れただけな気がするのです。
あと、過去問の利用法などありましたら教えてください。
  • 2009-03-10
  • 現高2
  • URL
  • 編集

[C7161]

>僕からみてて今回はG戦士さんがアンフェアに逃げて根拠が薄いさんの方が筋が通ってるなぁというのが正直な感想です。

なんかめんどくさくなってきたので、はっきり言いましょう。全くの匿名の方相手のネット上の論争なんかに貴重な時間を割きたくないだけのことです。

他の読者にとって意味のある指摘だ、と私が判断すれば別ですが、基本的には、いちいち全ての質問に答える気はないです。実際、私が無視しているコメントは山ほどあります。

今回は、本音をいえば、あまりにも長文コメントだったから悪いかな、と思い反応しただけです。


特例で、今回だけ返信しますが、今後はこういうコメントは無視するのでご了承を。


>まず大学選び、進路決定についてですが、私は
フリーターも含めて大学に行かないこと、有名大学に行かないこともアリだと思います。

ぼくもそう思います。過去の記事でも私はそう書きました。


>「とりあえず大学」ではroiは悪いと思いますね。

そうです。過去の記事でも私はそう書きました。


>2ちゃんの就職偏差値を参考にされてましたが笑えますね。

補足しておきましたが、あれをマジで参考にしてるほど馬鹿ではありません。あくまで分かりやすい例示&引用です。こういうあからさまなところに噛み付かれても、困ります。。。


>東大が良い、外資が良い、と言うのは最近「徹底抗戦」なる本を出したホリエモンのような安易さ、危険があると思いますね。

外資が良いなどとは全く言っていませんよ。ぼくは、専門家を目指すキャリアもあるよってことくらいしか言っていません。




・・・・といちいち反応しているとすごく疲れるわけです。ご理解いただけたでしょうか?

はあ、こういうのがあると一気にBlog運営する気がなくなるんだよなあ。。。やはり3月でコメント欄は閉鎖します。社会人になってまでいちいち反応できないし、なんか荒れそうなきがするので。
  • 2009-03-10
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7160] ケンカ売ってるわけじゃないです

横やりを入れるようで申し訳ありませんが第三者からの意見を言わせて下さい。

僕からみてて今回はG戦士さんがアンフェアに逃げて根拠が薄いさんの方が筋が通ってるなぁというのが正直な感想です。
僕は以前の根拠が薄いさんのコメントも見ていました。
間違えて消してしまったすみませんと言われればそれまでですが興味深い記事だっただけに少し信じられません。
おもしろかったので保存してますよ。よかったら書きましょうか?

僕としては経験で知ってるとしても議論してほしかったです。

なんだかちょっとスッキリしなかったので投稿しました。

[C7156]

根拠が薄い2さん

ひとつめのコメントは、ふたつめとだぶっていると思ったので消しました。よく同じコメントをふたつ投稿される方がいるので。今回はものすごい長文コメントがふたつあったので、特に悪意があったわけではないのですが、重複だと判断し、消しました。まさかあんなに長文がふたつあるとは考えもせず…本当に申し訳ないです。もし保存しているのであれば、再度投稿してください。

以下、一応質問に答えておきます。


>外資金融機関の殆どは2009年度の採用を見送ったと聞きましたが。少なくとも私が確認した限り大手3社は0です。

何情報ですか? コンサルも外資金融も今年も採用していますよ。もちろん例年よりは減っていますし、採用していないところもあるみたいですが。まあ、どうでもいいことですけれど。


>受験に関してMARCHは駄目と書いたのに、同じ私大の早慶は載せなかったのは、商社、マスコミ、外資金融の内定者率でかなり慶応に負けているからでしょう?

馬鹿で申し訳ないのですが、なにを主張されたいのかよくわかりません。MARCHと慶応はほとんど学歴として同じだといいたいのですか?

とりあえず反論したい箇所を引用などしていただけると助かります。


>大赤字で業界自体が壊れかけてる外資金融を薦めるなんて正気の沙汰とは思えません。

業界が壊れかけているというのはまた一つの仮説でしょう? 確かに、自己勘定投資等の分野はやばいことになっていますが、従来の投資銀行業務を始めとして、健全なところは健全ですよ。もちろん例年通りとはいきませんが。



…とここまで書いて思いますことには、これ以上議論を続けても不毛ではないかと。あなたのおっしゃる論理の飛躍が私の記事にあるのは分かりますが、一体どの部分に関することなのかはっきりしませんし、そもそも私は厳密な意味での検証を経て記事を書く気もないのです。そんなことをしても無味乾燥な記事になってしまって誰にも読んでもらえないですしね。まあ、どのレベルの論理展開の整合性を要求されているのかよく分からないのでなんともいえませんが。

とりあえず、もし異なる意見、私に対する反論があるのならば、ご自身のブログで記事を書いてトラックバック等をされることを勧めます。私が誤ってコメントを消すこともありえませんし、より見やすい形で編集することができると思いますよ。


最後に一度謝罪しておこうと思います。これだけの長文コメントを匿名でされたからには、おそらく私の記事の論理の間違いを見つけられだけでなく、感情的にも相当不愉快になられたのだと思います。そうでなければ、普通は無視するなり、一言悪口コメントを残すなりで終わるものですし。その点に関しては、深く謝罪したいと思います。申し訳ありませんでした。


ただ繰り返しになりますが、これ以上不毛な議論を続ける気はありません。特に、「外資金融のモデルが破綻した」という主張をされる方との議論は無益なものにおわることが経験的に分かっているので。
  • 2009-03-09
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7155] 根拠が薄い2

なぜか1つ目のコメントが消えているのですが何故ですか?あなたに聖人君主性を求めているわけではないですが、アンフェアじゃないですか。

それと一応すべて読んだ上でコメントしたんですがね。
外資金融機関の殆どは2009年度の採用を見送ったと聞きましたが。少なくとも私が確認した限り大手3社は0です。GSが少し採ってるかも、てなもんじゃないですか。次年度以降も似た状況になるでしょう。

それは内定者であるあなた自身が1番よく分かってるのでは???
外資系コンサル、マーケなどもすでに今年度の採用を大幅に減らしてますよ。こちらは確認済みですがあなたは知らないんですか?知らないで言ってるとしても、UBS的にごまかすんだとしても、どちらでも最低だと思いますよ。
そんな状態にも関わらず「外資金融へ行け」と言うのは酷くないですか。


受験に関する考えは評価できます。
欲望やドーパミンに訴えかけるあなたの学習法は論理的ですし、スキナーのプログラム学習の観点から言ってもあなたの学習法は正しいと思いますね。志望動機には個人差があって良いとも思いますし。ある弁護士などは「モテたいから某私立大学を受けた」と書いてましたね。私はいたってリベラルです。

方法論に文句はつけませんが、思考と展開、つまり論理性がめちゃくちゃです。
受験に関してMARCHは駄目と書いたのに、同じ私大の早慶は載せなかったのは、商社、マスコミ、外資金融の内定者率でかなり慶応に負けているからでしょう?そういう「ゴマカシ」を感じるわけです。「明治には勝ってるから明治はボロクソに書いて、慶応には負けてるから慶応にことは書かない」と言うのは汚いですよ。私は全知全能の神ではありませんが、ある程度知識がある人が読めば誰でも言ってることの矛盾性を感じますよ。

しかし
大赤字で業界自体が壊れかけてる外資金融を薦めるなんて正気の沙汰とは思えません。
「時間の無駄だから受験自体をするな」と言うべきじゃないですか。
4,5年後に建て直しが図れる可能性はありますが、外資が作り上げたモデル自体が崩壊しているのにどうして薦められるのか全く理解できません。

反論あるならどうぞ。
  • 2009-03-09
  • 根拠が薄い2
  • URL
  • 編集

[C7145]

根拠が薄いさん

他の記事を含めてもっと丁寧によんでみてください。あなたの主張は私のものと何ら矛盾しません。
  • 2009-03-08
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7144]

今年大学受験をしたものです。進路の事で悩んでいるので、質問させてください。
大阪大(経済)と慶応大(経済)だったら、どっちのほうが就職的にいいですか。
僕は関東なので関東で働けたらなと思っています。
  • 2009-03-08
  • 上州
  • URL
  • 編集

[C7143] 根拠が薄い

自分の意見も挙げておかないと汚いと思うので挙げておきます。
まず大学選び、進路決定についてですが、私は
フリーターも含めて大学に行かないこと、有名大学に行かないこともアリだと思います。
例えば中田英寿やイチローは有名大学に進学できるだけの成績があったのに関わらず高卒でプロに行きました。それが彼らの取った選択ですし、彼らは好きなことをして、今までに数十億も稼いでいるのを考えると正しい選択だったと言えるでしょう。
また単にお金を稼ぐことを目指すなら競艇選手も良いとおもいます(中卒以上で可。競艇選手の平均年棒は2000万円、トップ選手の生涯獲得金額は20億を超える。年齢による衰えが少なく、少なくとも40歳定年説の外資よりは長持ちする。プロ在籍選手は2000人であり間口は広い)。
外資金融を志望したあなたには、お金に換算するのが最も分かり易いでしょう。

日本の大学進学率は47%、2人に1人は大学に行かない計算です。「とりあえず大学」ではroiは悪いと思いますね。
もう1つ言えば難関大学も含めて新卒就職は景気に左右されやすい点があります。例えば2009年度以降、外資金融はもちろん、トヨタやソニー、メガバンクなどは今年度と次年度の採用を大幅に減らす方針を決定済みです。学生数は変わりませんから特に文系学生は、景気の直撃を受けます。特に現在高校生の人が「とりあえず偏差値の高い大学の文系学部」に進むことは「手ぶらで死地に赴く」気がしますね。
また志向もあるでしょう。例えば「大学生活を楽しみたい」人はサークルやクラブが活動的な早稲田に行けばいいし、官僚や裁判官志望ならなんだかんだ行って東大法学部以外は低学歴とみなされますから必死に東大文1を目指しましょう。。CAになりたいのであれば聖心などが多数OGを排出してますからわざわざ東大に行く必要はないでしょう。「慶応や東大の彼氏や旦那が欲しい」女性は繋がりの深い、聖心、お茶、東女などに進んでテニサーに入ればいいんじゃないでしょうか。
つまり志向によって選ぶべき大学・学部は違って来ると思います。「特に○になりたい」の○の人の経歴をなぞるのをオススメします。時代背景も考えて○の人は現在50歳以下の人、外交官なら外交官を多数輩出している大学を調べたり、ウィキペディアなどで著名な外交官の経歴をチェックするなどがオススメです。
これは就職四季報などである程度分かりますよ。

そして今、特に志望の無い受験生以下の人に指南するなら「少なくとも今後3年間はほぼ全ての企業が採用を抑制する可能性が非常に高い」ので専門学部、つまり医学部、法科大学院など専門学部、あるいはリクルーター制度の使える有名大学の看板学部(法、経済、工など)をオススメします。いわゆる「潰しが利く」ところです。海外志望ならむしろ1度国内有名大の医学部、工学部へ進むべきだと思います。何故なら
・欧米の有名大学は学費が非常に高く、4年で1000万超かかること
・日本人は英語がネックとなって無名大学にしか進めないこと
・大学院卒でなければ不利であること
・英語がネックで大学院進学のためのGPA平均が低くなること
・結果的に高い学費を払ったのに日本の院に進むか日本で就職するハメになりやすいこと
だからです。1度国内有名大学の実学部ををクッションにしておけば海外は外国で学ぶ、働き易い。もしくは高校時点から海外を選ぶのも良いと思われます(欧米の初等教育レベルはとても低く、日本人でも有名大へ奨学金を貰って入り易い。)

2ちゃんの就職偏差値を参考にされてましたが笑えますね。むしろアレは思考が鈍るので見ない方が良いと思いますよ。今2009年ですがリーマンもメリルも消えました。GE,GM,CITYの株券はすでに紙屑同等(1ドル以下)です。農林中央金庫は実質アイスランド同様の状態と公然と言われていますし、商工組合中央金庫の完全民営化は2015年までに行われます。5,227億円だった資本金は、2008年10月1日には2,186億円にまで減っています。
では5年前の就職偏差値をチェックして見て下さい。どこにランクされてますか?あれほどアテにならないものは無いですね。

つまり「志向により選ぶ進路はバラバラであるべき」と思います。東大が良い、外資が良い、と言うのは最近「徹底抗戦」なる本を出したホリエモンのような安易さ、危険があると思いますね。
自分が将来何になりたいのか?
その為に何をすべきか?
を考え、最も近い道を邁進すべきであって、情報や学歴はその為に必要なツール(必要ないことも多い)に過ぎないと思います。
 割にそれに気付かずに安易に目の前の道を近視眼的に進んで、途中で止まってしまった「元天才児」「元秀才」はたくさん見てきました。

安易に、しかし妥当に人生を歩むべきだと思います。

  • 2009-03-08
  • 根拠が薄い
  • URL
  • 編集

[C7096]

>>7088
なるほど。ご丁寧な返答ありがとうございます。

[C7088]

>外資系企業に就職すると、なぜ転職時にチャンスが広がるのですか?

少し言葉の選び方を間違ったかもしれません。別に外資系だからチャンスが劇的に広がるというわけではありません。また、外資系といっても戦略コンサルティングや投資銀行などのプロフェッショナル職に限定される話ですね。

以上のような職種では、若いうちから大きな責任が任されて短期間で多くの経験がつむことができます。よって、当然市場価値も高くなります。

また、日系企業と比して、会社固有の能力ではなく、他企業でも活用可能なスキルを多く身につけることになるため、市場での価値と企業内での価値の乖離が小さいということもいえます。
  • 2009-03-01
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7078]

>>また転職時の自分の市場価値も格段に上がるため、よりやりがいある仕事に挑戦するチャンスも広がります

と、大学生の就職事情①に書いておられたので(②にコメントして申し訳ございません)。外資系企業に就職すると、なぜ転職時にチャンスが広がるのですか?日系企業だとそうはなかなかいかない気がするのですが…。
意味わかりづらくて申し訳ございません。

[C7076]

>日本においてなぜ外資系は市場価値が高いと思います?

馬鹿で申し訳ないですが、質問の意味が理解できません。
  • 2009-02-28
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7070]

ちょっと気になったのでお伺いしたいのですが、日本においてなぜ外資系は市場価値が高いと思います?

[C6424]

>mnさん

コメントありがとうございます。

気楽・かつ・真剣に就職活動に取り組んでみてください。きっと納得できる結果が得られると思います。
  • 2008-10-06
  • 管理人G戦士
  • URL
  • 編集

[C6418]

『センター試験の願書受付開始』のニュースを見て、受験生のころがなつかしくなり、ここに久しぶりにやってきました。
浪人した後このサイトに出会い、無事第1志望の大学に入ったのが2年半前。G戦士さんには今でも感謝しています。(実はアドバイスしていただいたことも・・・w)

そのころから月日が流れ、今は大学3年生になりました。
就活ガイダンス等も始まり、徐々に本格化していく中で、周りの就活に対する態度に違和感を覚えていました。
自分で考えてもいまいち腑に落ちなかったものが、このコラムを読んでストンと落ちました。

この記事は就職活動をするうえで私の大事な気づきになりそうです。
今日は大手就職サイトが情報公開をはじめるスタートの日。そんなときにこの記事に出会えたおかげで、余計な力を抜いたいい就活ができそうです♪

G戦士さんにはお世話になりっぱなしですね。
ありがとうございます。
G戦士さんにとって、卒業までの半年、最後の学生生活が最高のものになりますように(^^)
  • 2008-10-01
  • mn
  • URL
  • 編集

[C5678]

とても考えさせられました。

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

大学生の就職事情② ――もっと気楽に、でも現実的に

 前回の記事(大学生の就職事情①)は次のような内容でした。
 まず、大企業、人気企業を中心に、学歴差別はいまだに露骨に存在しています。また、学生(消費者)になじみのある日系大企業よりも外資系企業のほうがが人気(難易度)が高く、そしてそれらの企業の文化は実力主義とはいえ、学歴を日系以上に重視します。つまり、就職に可能性を残すという意味では学歴にはまだかなりの価値はあるといえるのではないか? 大体こんなことを述べました。

   しかしこれらは単に事実を述べたものに過ぎません。実をいえば、私の就職活動に対する価値観は、このような学歴主義とは全く別のところにあります。本記事では、事実を踏まえた上で、私は就職活動をどう考えているのか、少しだけ話してみようかと思います。


 私が、皆さんに提唱したいことはただひとつだけ。「就職(将来)を重く考えすぎ! もっと自由に、もっと明るく未来を構想しよう!」というものです。

 就職活動の中で、私は憂鬱になることが度々ありました。といっても、選考に受かった落ちたで悩んでいたわけでも、面接等の選考にストレスを感じていたわけでもありませんでした。社会人の方々との対話は非常に刺激的で、4時間ぶっつづけの個人面接(選考官がかわるがわる部屋に入ってくる)が終わった後も、むしろ元気をもらった感じがしたものです。
 私が憂鬱だったのは、面接などに代表される就職活動におけるメインイベントではなく、それに付随する就職活動生同士のコミュニケーションでした。私は、就職活動生と就職活動の話をする時間が大嫌いでした。なんか、空気が、会話の内容が、とてもとても重いのです……

 この私の感覚を分かりやすく表すならば、自分が恋人候補――美人で性格よさそうな人――を物色している中で、皆が、結婚相手――生涯ずっと一緒にいることを誓えるほどにかけがえのない相手――を必死に探しているといった感じでしょうか。こう言うと、単に私が人生に不真面目なだけかと思われるかもしれませんが、次のように説明すると、就職活動の一種の気持ち悪さに気づいてもらえると思います。「なぜたった何回かしかデート(面接)できない異性(企業)と本気で結婚(就職)を考えられるのか」と。



 多くの就職活動生は、今までの受験校選択やアルバイト選択の際に、ものすごく軽い気分で決断してきたように思います。何故かといえば、それは単純で、その選択によって、人生がそれほど左右されるわけではないと考えているからです。居酒屋でバイトしようが、カフェでバイトしようが、どっちでも大差ないだろうと直感しているからです(私からすればこの直感こそ間違っているのですが)。
 一方、就職活動は、彼らにとっては、今後の人生を決定付ける今までの選択とは全く別次元の大決断です。だから、皆が目を血走らせながら説明会に向かい、声を震わせながら面接をこなし、合否に一喜一憂するのです。

 そんな彼らは、「福利厚生」「平均年収」「本社の場所」「業界シェア」「ブランド力」等についての情報をこれでもかというほど持っています。しかし、それでいて、実際にどんな業務をするのか、(人事部以外に)どんな人がどんな志で働いているのか、身につけられるスキルはどういったものか、等については全く知りません。まるで結婚相談所に登録された異性のプロフィール(身長、年収、趣味など)を必死に暗記しているかのようです。プロフィールに恋し、何回かのデートでそれが嘘でないか確認し、すぐに結婚をして、それでふたりは幸せに!……そんな話信じられるわけがないと思うのですが、何故か就職活動ではそれがまかり通っているのです。

 もちろん、何の理由もなく、就職活動生のこのような姿勢が形成されたわけでもありません。彼らにとって、新卒で入る会社はまさに結婚相手と同じくらい重要なものです。定年までずっと同じ企業で過ごすことになるのですから当たり前です。結婚相手を選ぶとき、相手が借金を持っていないことや学歴があることを気にするのは当然な話ですから、彼らがプロフィールを必死に調べ上げるのもある意味理にかなっていることです。
 実際、高度成長期には、このような価値観――良い大学から大企業へ入ることを目指す新卒主義――で就職活動をしてきた人たちは大きな成功を収めてきました。日本企業はものすごい勢いで規模を拡大しつづけ、一生懸命働いた人なら誰もが出世することができました。誰と結婚(就職)しようが、ある程度ステータスのある人(大企業)であれば、皆報われてきたのです。

  ただ、私は、就職活動をそれほど重く考えて得をする時代はとっくに終わっていると思います。大企業に就職さえすれば人生安定という時代は終わりました。更に言えば、自分の属している組織のために必死に働いてたとしても、その全員が報われる時代は終わりました。単純な数学の問題として、社員数が増えていかない今の現状では、全員が出世することは不可能なのですから。逆に、何も考えずただ会社のために働いても、いざ会社が倒産してしまったら、その後の人生は一転、悲惨なものになる可能性さえあります。

 かといって、私は、「実力主義の外資系やベンチャーに行け。そのために真剣に就職活動に取り組め」というつもりも毛頭ありません。それこそ、私は、もっと気楽に就職活動を楽しめばいいのではないか、と思います。というか、今まで適当に人生を歩んできた大学生が、いきなり人生一回限りの大決断をしようとしても、あまりまともな思考は生まれないでしょう。変に就職活動に躍起になっている連中は、気持ち悪い精神論を語っている変なベンチャーの社長にだまされてしまうか、結局リスクがとれずに誰もが知っている大企業でルーティーンワークに勤しむか、両極端な結果に終わっているケースが多いと思います。

   誤解を解消するために言っておきますが、人生に対して真剣であることを否定しているわけではありません。また仕事をなめているわけでも決してありません。ただ、新卒での就職活動をあまりにも重く考えすぎると失敗するよ、と言いたいだけです。もしかしたらこの仕事は自分に合ってないかもしれない、もしかしたら転職するかもしれない、そういったオプションを考慮した上で、真剣に、でも前向きに考えるべきだと思うのです。

 私は就職活動中、「とても真剣に人生考えてるね」とか「就職活動への取り組み方がいいね」といったフィードバックをもらうことが多く、軽く見られたことは一切ありません。仕事をして給料をもらうということは、それに見合う価値を企業に提供することであって、その義務を達成するにはある程度の無理も忍耐も必要であるということも理解しています。
 しかし、はっきり言っておきますが、新卒の就職が特別だなんて思ったことはありません。ものすごく気軽に考えています。「失敗だったら転職すればいいや」「転職できるだけの市場価値をつけるとこには入らなきゃだめだけどね」と思ってます。
 就職活動を重く捉えることと、仕事に対してプロであることは必ずしも一致しません。極端にいえば、仕事に全く生きがいを求めていない人でも立派に仕事をこなす場合もあれば、仕事に生きがいを求めて犯罪に手を染める経営者もいます。

   もちろん日系の保守的な大企業だけを視野に入れる場合、私のような考え方は危険です。いまだに、部署をたらいまわしにされることも多く、15年後には「すばらしいビジネスパーソンだが、自社でしか市場価値を持たない人」ができあがっているはずです。そうなったら最後、いきなり「やっぱり違った」と言って転職しようとしても無理です。それこそ就職活動を重く考え、この企業で何十年もやっていけるだろうか真剣に考える必要があります。
 ただ、私が思うのは、たった何回かの面接でこのような重い問いに答えを出すことは非常に難しいということです。二、三年働いてみないとなかなか分からないというのが現実ではないでしょうか。

 私が本記事を通して言いたかったのは、要は、「数回会っただけの人と結婚するのが良いのか」、それとも「何年か付き合ってみてから結婚するのが良いのか」ということです。現実の恋愛では、後者の考え方が主流になって久しいと思いますが、就職活動は何故か前者のままであるのはちょっとおかしいんじゃないのか? というわけです。


 あまり受験には関係ないことで長文を書いてしまいましたね。すいません。ただ、受験校や学部を選択するときにもこの考え方は応用できると思います。あまりに学部選択が人生に影響を与えると考えてしまうと、最終的には保守的な選択――法学部や医学部――に落ち着いてしまい、自分のやりたいことを犠牲にしてしまうかもしれません。色々な可能性を殺さない仕方(現実的な考察をふまえて)であり、かつ前向きな選択(自分の直感に従うもの)をすることが大事だと私は考えています。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/375-0e1d9f49

0件のトラックバック

20件のコメント

[C8312]

久しぶりにブログを読み返していて2つ思ったことがあったのでコメントします。

まず、この記事の中で「大企業に勤めれば人生安定という時代は終わった」「二、三年働いてみないとなかなか分からないというのが現実ではないでしょうか。」ということから考えると、
2,3年で会社を辞める若者が増えてきたことにネガティブな報道をするマスコミは、今の社会を正しく見通せていないのではないか?と思ったんですが、このような解釈は正しいでしょうか?

あと、「居酒屋でバイトしようが、カフェでバイトしようが、どっちでも大差ないだろうと直感しているからです(私からすればこの直感こそ間違っているのですが)。」とありますが、
G戦士さんはアルバイトでどの業種を選ぶかについて、どういった考えを持っていますか?
  • 2011-10-08
  • tninzin
  • URL
  • 編集

[C8284]

参考になりました
ありがとうございます!!

[C8130]

>根拠が薄いさんへ

「志向により選ぶ進路はバラバラであるべき」と
このサイトの記事に書いたところでどうなるのでしょうか?

そういった一般論的なことは
誰もが理解しているはずですし
わざわざ記事にするまでもありません。

わたしからすれば
G戦士さんの記事はきちんと筋が通っていて
なおかつ人として考え方が完成されていると思います。

したがって、

記事に書かれている内容は
参考にする価値のある、

「1人の人間の考え方」

だと思います。


G戦士さんの記事をみて
自分の能力へと変換できる人は
記事を観た人の中の数%でしょうが
それでも数%の役には立っています。

その数%の人達は
G戦士さんの記事の中で

どの記事が有用か
きっちりとした取捨選択をして
受け入れるか否かを決めています。

G戦士さん自身も
ある1つの方法論を書いているにすぎません。

だれでもわかる啓発的なみるまでもない記事と
利用できる人は数%にすぎないが絶大な効果の記事、

どちらが有用だと思われますか?


また矛盾点を
指摘されているようですが、

第3者の目から見ても

その反論自体が
根本的に異なった方法論であり
どちらも独立していたり

「例」として挙げているものを
「これだけをすすめます」と言っているように
とらえてしまっていたりと、

コメント返信に
値するものではありません。

それでも返信をされた
G戦士さんには感服します。

記事を理解してください。

[C7747] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C7162] 受験についての質問

現在高2です。
横浜市立か名古屋市立の医学部を目指しているのですが、数学の進め方について質問したいです。
センター数学①では90%程度とれているのですが、
センター数学②では50%~60%しかとれません。
そこで質問です。
ⅠAもⅡBもまだ青チャートなどで基礎固めしたほうがいいですか??
自分の中では、ⅠAはセンターの形式に慣れただけな気がするのです。
あと、過去問の利用法などありましたら教えてください。
  • 2009-03-10
  • 現高2
  • URL
  • 編集

[C7161]

>僕からみてて今回はG戦士さんがアンフェアに逃げて根拠が薄いさんの方が筋が通ってるなぁというのが正直な感想です。

なんかめんどくさくなってきたので、はっきり言いましょう。全くの匿名の方相手のネット上の論争なんかに貴重な時間を割きたくないだけのことです。

他の読者にとって意味のある指摘だ、と私が判断すれば別ですが、基本的には、いちいち全ての質問に答える気はないです。実際、私が無視しているコメントは山ほどあります。

今回は、本音をいえば、あまりにも長文コメントだったから悪いかな、と思い反応しただけです。


特例で、今回だけ返信しますが、今後はこういうコメントは無視するのでご了承を。


>まず大学選び、進路決定についてですが、私は
フリーターも含めて大学に行かないこと、有名大学に行かないこともアリだと思います。

ぼくもそう思います。過去の記事でも私はそう書きました。


>「とりあえず大学」ではroiは悪いと思いますね。

そうです。過去の記事でも私はそう書きました。


>2ちゃんの就職偏差値を参考にされてましたが笑えますね。

補足しておきましたが、あれをマジで参考にしてるほど馬鹿ではありません。あくまで分かりやすい例示&引用です。こういうあからさまなところに噛み付かれても、困ります。。。


>東大が良い、外資が良い、と言うのは最近「徹底抗戦」なる本を出したホリエモンのような安易さ、危険があると思いますね。

外資が良いなどとは全く言っていませんよ。ぼくは、専門家を目指すキャリアもあるよってことくらいしか言っていません。




・・・・といちいち反応しているとすごく疲れるわけです。ご理解いただけたでしょうか?

はあ、こういうのがあると一気にBlog運営する気がなくなるんだよなあ。。。やはり3月でコメント欄は閉鎖します。社会人になってまでいちいち反応できないし、なんか荒れそうなきがするので。
  • 2009-03-10
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7160] ケンカ売ってるわけじゃないです

横やりを入れるようで申し訳ありませんが第三者からの意見を言わせて下さい。

僕からみてて今回はG戦士さんがアンフェアに逃げて根拠が薄いさんの方が筋が通ってるなぁというのが正直な感想です。
僕は以前の根拠が薄いさんのコメントも見ていました。
間違えて消してしまったすみませんと言われればそれまでですが興味深い記事だっただけに少し信じられません。
おもしろかったので保存してますよ。よかったら書きましょうか?

僕としては経験で知ってるとしても議論してほしかったです。

なんだかちょっとスッキリしなかったので投稿しました。

[C7156]

根拠が薄い2さん

ひとつめのコメントは、ふたつめとだぶっていると思ったので消しました。よく同じコメントをふたつ投稿される方がいるので。今回はものすごい長文コメントがふたつあったので、特に悪意があったわけではないのですが、重複だと判断し、消しました。まさかあんなに長文がふたつあるとは考えもせず…本当に申し訳ないです。もし保存しているのであれば、再度投稿してください。

以下、一応質問に答えておきます。


>外資金融機関の殆どは2009年度の採用を見送ったと聞きましたが。少なくとも私が確認した限り大手3社は0です。

何情報ですか? コンサルも外資金融も今年も採用していますよ。もちろん例年よりは減っていますし、採用していないところもあるみたいですが。まあ、どうでもいいことですけれど。


>受験に関してMARCHは駄目と書いたのに、同じ私大の早慶は載せなかったのは、商社、マスコミ、外資金融の内定者率でかなり慶応に負けているからでしょう?

馬鹿で申し訳ないのですが、なにを主張されたいのかよくわかりません。MARCHと慶応はほとんど学歴として同じだといいたいのですか?

とりあえず反論したい箇所を引用などしていただけると助かります。


>大赤字で業界自体が壊れかけてる外資金融を薦めるなんて正気の沙汰とは思えません。

業界が壊れかけているというのはまた一つの仮説でしょう? 確かに、自己勘定投資等の分野はやばいことになっていますが、従来の投資銀行業務を始めとして、健全なところは健全ですよ。もちろん例年通りとはいきませんが。



…とここまで書いて思いますことには、これ以上議論を続けても不毛ではないかと。あなたのおっしゃる論理の飛躍が私の記事にあるのは分かりますが、一体どの部分に関することなのかはっきりしませんし、そもそも私は厳密な意味での検証を経て記事を書く気もないのです。そんなことをしても無味乾燥な記事になってしまって誰にも読んでもらえないですしね。まあ、どのレベルの論理展開の整合性を要求されているのかよく分からないのでなんともいえませんが。

とりあえず、もし異なる意見、私に対する反論があるのならば、ご自身のブログで記事を書いてトラックバック等をされることを勧めます。私が誤ってコメントを消すこともありえませんし、より見やすい形で編集することができると思いますよ。


最後に一度謝罪しておこうと思います。これだけの長文コメントを匿名でされたからには、おそらく私の記事の論理の間違いを見つけられだけでなく、感情的にも相当不愉快になられたのだと思います。そうでなければ、普通は無視するなり、一言悪口コメントを残すなりで終わるものですし。その点に関しては、深く謝罪したいと思います。申し訳ありませんでした。


ただ繰り返しになりますが、これ以上不毛な議論を続ける気はありません。特に、「外資金融のモデルが破綻した」という主張をされる方との議論は無益なものにおわることが経験的に分かっているので。
  • 2009-03-09
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7155] 根拠が薄い2

なぜか1つ目のコメントが消えているのですが何故ですか?あなたに聖人君主性を求めているわけではないですが、アンフェアじゃないですか。

それと一応すべて読んだ上でコメントしたんですがね。
外資金融機関の殆どは2009年度の採用を見送ったと聞きましたが。少なくとも私が確認した限り大手3社は0です。GSが少し採ってるかも、てなもんじゃないですか。次年度以降も似た状況になるでしょう。

それは内定者であるあなた自身が1番よく分かってるのでは???
外資系コンサル、マーケなどもすでに今年度の採用を大幅に減らしてますよ。こちらは確認済みですがあなたは知らないんですか?知らないで言ってるとしても、UBS的にごまかすんだとしても、どちらでも最低だと思いますよ。
そんな状態にも関わらず「外資金融へ行け」と言うのは酷くないですか。


受験に関する考えは評価できます。
欲望やドーパミンに訴えかけるあなたの学習法は論理的ですし、スキナーのプログラム学習の観点から言ってもあなたの学習法は正しいと思いますね。志望動機には個人差があって良いとも思いますし。ある弁護士などは「モテたいから某私立大学を受けた」と書いてましたね。私はいたってリベラルです。

方法論に文句はつけませんが、思考と展開、つまり論理性がめちゃくちゃです。
受験に関してMARCHは駄目と書いたのに、同じ私大の早慶は載せなかったのは、商社、マスコミ、外資金融の内定者率でかなり慶応に負けているからでしょう?そういう「ゴマカシ」を感じるわけです。「明治には勝ってるから明治はボロクソに書いて、慶応には負けてるから慶応にことは書かない」と言うのは汚いですよ。私は全知全能の神ではありませんが、ある程度知識がある人が読めば誰でも言ってることの矛盾性を感じますよ。

しかし
大赤字で業界自体が壊れかけてる外資金融を薦めるなんて正気の沙汰とは思えません。
「時間の無駄だから受験自体をするな」と言うべきじゃないですか。
4,5年後に建て直しが図れる可能性はありますが、外資が作り上げたモデル自体が崩壊しているのにどうして薦められるのか全く理解できません。

反論あるならどうぞ。
  • 2009-03-09
  • 根拠が薄い2
  • URL
  • 編集

[C7145]

根拠が薄いさん

他の記事を含めてもっと丁寧によんでみてください。あなたの主張は私のものと何ら矛盾しません。
  • 2009-03-08
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7144]

今年大学受験をしたものです。進路の事で悩んでいるので、質問させてください。
大阪大(経済)と慶応大(経済)だったら、どっちのほうが就職的にいいですか。
僕は関東なので関東で働けたらなと思っています。
  • 2009-03-08
  • 上州
  • URL
  • 編集

[C7143] 根拠が薄い

自分の意見も挙げておかないと汚いと思うので挙げておきます。
まず大学選び、進路決定についてですが、私は
フリーターも含めて大学に行かないこと、有名大学に行かないこともアリだと思います。
例えば中田英寿やイチローは有名大学に進学できるだけの成績があったのに関わらず高卒でプロに行きました。それが彼らの取った選択ですし、彼らは好きなことをして、今までに数十億も稼いでいるのを考えると正しい選択だったと言えるでしょう。
また単にお金を稼ぐことを目指すなら競艇選手も良いとおもいます(中卒以上で可。競艇選手の平均年棒は2000万円、トップ選手の生涯獲得金額は20億を超える。年齢による衰えが少なく、少なくとも40歳定年説の外資よりは長持ちする。プロ在籍選手は2000人であり間口は広い)。
外資金融を志望したあなたには、お金に換算するのが最も分かり易いでしょう。

日本の大学進学率は47%、2人に1人は大学に行かない計算です。「とりあえず大学」ではroiは悪いと思いますね。
もう1つ言えば難関大学も含めて新卒就職は景気に左右されやすい点があります。例えば2009年度以降、外資金融はもちろん、トヨタやソニー、メガバンクなどは今年度と次年度の採用を大幅に減らす方針を決定済みです。学生数は変わりませんから特に文系学生は、景気の直撃を受けます。特に現在高校生の人が「とりあえず偏差値の高い大学の文系学部」に進むことは「手ぶらで死地に赴く」気がしますね。
また志向もあるでしょう。例えば「大学生活を楽しみたい」人はサークルやクラブが活動的な早稲田に行けばいいし、官僚や裁判官志望ならなんだかんだ行って東大法学部以外は低学歴とみなされますから必死に東大文1を目指しましょう。。CAになりたいのであれば聖心などが多数OGを排出してますからわざわざ東大に行く必要はないでしょう。「慶応や東大の彼氏や旦那が欲しい」女性は繋がりの深い、聖心、お茶、東女などに進んでテニサーに入ればいいんじゃないでしょうか。
つまり志向によって選ぶべき大学・学部は違って来ると思います。「特に○になりたい」の○の人の経歴をなぞるのをオススメします。時代背景も考えて○の人は現在50歳以下の人、外交官なら外交官を多数輩出している大学を調べたり、ウィキペディアなどで著名な外交官の経歴をチェックするなどがオススメです。
これは就職四季報などである程度分かりますよ。

そして今、特に志望の無い受験生以下の人に指南するなら「少なくとも今後3年間はほぼ全ての企業が採用を抑制する可能性が非常に高い」ので専門学部、つまり医学部、法科大学院など専門学部、あるいはリクルーター制度の使える有名大学の看板学部(法、経済、工など)をオススメします。いわゆる「潰しが利く」ところです。海外志望ならむしろ1度国内有名大の医学部、工学部へ進むべきだと思います。何故なら
・欧米の有名大学は学費が非常に高く、4年で1000万超かかること
・日本人は英語がネックとなって無名大学にしか進めないこと
・大学院卒でなければ不利であること
・英語がネックで大学院進学のためのGPA平均が低くなること
・結果的に高い学費を払ったのに日本の院に進むか日本で就職するハメになりやすいこと
だからです。1度国内有名大学の実学部ををクッションにしておけば海外は外国で学ぶ、働き易い。もしくは高校時点から海外を選ぶのも良いと思われます(欧米の初等教育レベルはとても低く、日本人でも有名大へ奨学金を貰って入り易い。)

2ちゃんの就職偏差値を参考にされてましたが笑えますね。むしろアレは思考が鈍るので見ない方が良いと思いますよ。今2009年ですがリーマンもメリルも消えました。GE,GM,CITYの株券はすでに紙屑同等(1ドル以下)です。農林中央金庫は実質アイスランド同様の状態と公然と言われていますし、商工組合中央金庫の完全民営化は2015年までに行われます。5,227億円だった資本金は、2008年10月1日には2,186億円にまで減っています。
では5年前の就職偏差値をチェックして見て下さい。どこにランクされてますか?あれほどアテにならないものは無いですね。

つまり「志向により選ぶ進路はバラバラであるべき」と思います。東大が良い、外資が良い、と言うのは最近「徹底抗戦」なる本を出したホリエモンのような安易さ、危険があると思いますね。
自分が将来何になりたいのか?
その為に何をすべきか?
を考え、最も近い道を邁進すべきであって、情報や学歴はその為に必要なツール(必要ないことも多い)に過ぎないと思います。
 割にそれに気付かずに安易に目の前の道を近視眼的に進んで、途中で止まってしまった「元天才児」「元秀才」はたくさん見てきました。

安易に、しかし妥当に人生を歩むべきだと思います。

  • 2009-03-08
  • 根拠が薄い
  • URL
  • 編集

[C7096]

>>7088
なるほど。ご丁寧な返答ありがとうございます。

[C7088]

>外資系企業に就職すると、なぜ転職時にチャンスが広がるのですか?

少し言葉の選び方を間違ったかもしれません。別に外資系だからチャンスが劇的に広がるというわけではありません。また、外資系といっても戦略コンサルティングや投資銀行などのプロフェッショナル職に限定される話ですね。

以上のような職種では、若いうちから大きな責任が任されて短期間で多くの経験がつむことができます。よって、当然市場価値も高くなります。

また、日系企業と比して、会社固有の能力ではなく、他企業でも活用可能なスキルを多く身につけることになるため、市場での価値と企業内での価値の乖離が小さいということもいえます。
  • 2009-03-01
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7078]

>>また転職時の自分の市場価値も格段に上がるため、よりやりがいある仕事に挑戦するチャンスも広がります

と、大学生の就職事情①に書いておられたので(②にコメントして申し訳ございません)。外資系企業に就職すると、なぜ転職時にチャンスが広がるのですか?日系企業だとそうはなかなかいかない気がするのですが…。
意味わかりづらくて申し訳ございません。

[C7076]

>日本においてなぜ外資系は市場価値が高いと思います?

馬鹿で申し訳ないですが、質問の意味が理解できません。
  • 2009-02-28
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C7070]

ちょっと気になったのでお伺いしたいのですが、日本においてなぜ外資系は市場価値が高いと思います?

[C6424]

>mnさん

コメントありがとうございます。

気楽・かつ・真剣に就職活動に取り組んでみてください。きっと納得できる結果が得られると思います。
  • 2008-10-06
  • 管理人G戦士
  • URL
  • 編集

[C6418]

『センター試験の願書受付開始』のニュースを見て、受験生のころがなつかしくなり、ここに久しぶりにやってきました。
浪人した後このサイトに出会い、無事第1志望の大学に入ったのが2年半前。G戦士さんには今でも感謝しています。(実はアドバイスしていただいたことも・・・w)

そのころから月日が流れ、今は大学3年生になりました。
就活ガイダンス等も始まり、徐々に本格化していく中で、周りの就活に対する態度に違和感を覚えていました。
自分で考えてもいまいち腑に落ちなかったものが、このコラムを読んでストンと落ちました。

この記事は就職活動をするうえで私の大事な気づきになりそうです。
今日は大手就職サイトが情報公開をはじめるスタートの日。そんなときにこの記事に出会えたおかげで、余計な力を抜いたいい就活ができそうです♪

G戦士さんにはお世話になりっぱなしですね。
ありがとうございます。
G戦士さんにとって、卒業までの半年、最後の学生生活が最高のものになりますように(^^)
  • 2008-10-01
  • mn
  • URL
  • 編集

[C5678]

とても考えさせられました。

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。