FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出願を決めるヒント

センターついに終わりましたね・・・。お疲れ様です。

・・・で、いきなり次の話題へ。センター終わって、自己採点終わって、次にやるべきことといえば・・・そう出願校の問題です。センター上手くいった人はまあそのままいけばいいのですが、悪かった人にとって出願は本当に悩みどころです。これで人生が決まるといったら語弊がありますが、行く都市、できる友人、指導教授などが半ば決まってしまうわけですからね。

出願校を決めろで、詳しく述べていますから、基本的方針はそこで確認してください。今日は少し変わった数学的思考から考えて見ましょう(ちなみにこの決め方は個人的にかなり好きです)。

具体的に次の4ケースがあるわけです。

1.つっこんで受かる場合
2.つっこんで落ちる場合
3.押さえて受かる場合
4.押さえて落ちる場合

言うまでもなく 1の確率<3の確率 2の確率>4の確率 ですね。さらに蛇足ですが 1の確率+2の確率=1 3の確率+4の確率=1 です。

次に、ケースごとの満足度の数値を考えてみてください。もちろん正確である必要はありません。実際、こんな感じになったらどれくらい嬉しいかな、悲しいかな、と軽い気持ちでいいので決めてみてください。

たとえば、下のように

1 100
2 マイナス50
3 30
4 マイナス200

てな感じで。

ただ、注意してほしいのが、必ずしも 1>3>2>4でなくてもいいということです。人によっては 2>3 かもしれませんし(まあこの場合はどう考えても突っ込むべきなんですが、そうはいかないのが人間というものです)

次に、センター後に提出する自己採点シートの返却結果の合格可能性の数値を取り出します。Aなら0.8とか、Dなら0.2とかまあそんな感じですね。

つっこんだ場合の期待値=1の満足度×1の合格確率+2の満足度×(1-合格確率)
押さえた場合の期待値=3の満足度×3の合格確率+4の満足度×(1-合格確率)

まあ単純ですが、より大きな期待値のほうを選択するというわけです。

で、なんでわざわざこんな阿呆なことをするかというと、人間って言うのは、本当に不合理なもんで、かなり変な思考体系をもってるんですね。まあ数式を使わずに簡単に言うと次のようになります。

1.うかる確率が限りなく低い場合に、人間はリスク愛好的になる。つまり、うけたくなる(逆を言えば、おちる確率が高いとリスク愛好的に)。
2.うかる確率が高いときに、人間はリスク回避的になる。つまり受けたくなくなる(逆をいえば、おちる確率が低いとリスク回避的に)


これらを確認する分かりやすい例として

(1) 1000円を0.8の確率で得られるくじと、750円を確実に得られるくじを選ぶ場合。
(2) 1000円を0.8の確率で失うくじと、750円を確実に失うくじを選ぶ場合。

を考えてみると分かりやすいかと思います。もちろん人によって違いますが、(1)の場合は後者、(2)の場合は前者を選ぶ人が多くなる傾向があります。数学者などのかなり理系的センスがある人でも当たり前のようにこの傾向は現れます。

また、受かったときの満足感より落ちるときの悲しみのほうがより大きいというのも特徴です。これは上のリスク愛好的と回避的のやつを数式化してちょいと式変形してやれば容易に算出できます。

人間はかなり非合理な存在です。特に大学受験ともなると、一生を決める大事な決断だというのに、むしろその思いが強い感情を生んでよりこれらの偏見を強める可能性もあります。

まあ、要するに「E判定のみなさん、もっとびびっていいですよ。A判定のみなさん、びびらないで。ちょっと変わったリスク感をお持ちのみなさん、少し落ち着いて」ということですね(笑)

もちろん、この数式で決めることはありませんが(むしろ危険)、新しい見方は提供できるはずです。うんうんただ唸っているよりは、出願を決める助けにはなると思いますよ。ぜひお試しあれ。

コメント

-

管理人 

カノン

E判キタコレ
経済学部E判来ますた。傾斜173点(藁)
京大第二回オペンあともう少しで文系順位50位切るとこだったので、別に31点ビハインドなんて動揺なんてせぬが、流石にこれにはへこんだorz
二次目標点数;英語90数学130世界史80

       国語50Ω\ζ°)チーン
志望は理学部なので、別に浪人しても構わないが・・・。 

-

自分の夢まで自己採点しないでください。
↑河合塾の思惑は浪人増化と思われ。

通りすがりβ

河合塾のTOPに出てるコメントに感動した。
「自分の夢まで自己採点しないでください。」
あれ、何故か目から汗が……
最後まで突き進みます。

-

\(^o^)/オ
\(^_^)/ワ
\(^O^)/ター

AGUNI

はじめまして!
東大受験を1年後に控える高校2年生です。
ブログをたどっていたらたどりつきました!!
これからこのブログを参考にさせていただこうとおもいご挨拶申し上げました。
よろしくお願いします!!

通りすがりβ

国語155。
地理73。
経済学部傾斜199/250

これは酷い・・・・・・
つか、無対策の倫理が必死でやった地理より良い点とはどういうことだ。
まぁいい。数学を1問人より大目に取ればおkだ。
模試でAB判定出せたのはまぐれじゃないと信じて、最後まで諦めずに突き進むのみ。

-

国語126
オワタワ

MIYABI

なんとかボーダーとれてましたぁ!!!
これで心置きなく二次対策に集中できます(*>▽<*)

MIYABI

京大特攻♪

今日の分の自己採点はまだですが、
センターがどんな結果であれ、
私は京大教育に特攻します!!
二次力に自信がない訳ではないし、
受けてみなきゃ始まらない!
やらないで後悔するより、
やって後悔するほうがいいです(*^ー^*)
落ちた時のことは落ちてから考えます。笑
とりあえず昨日の時点でセンター利用私立のボーダーは余裕を持って超えてるので一安心。
やっと7教科→4教科へとコンパクトになって楽チンですw
最後まで根気強く、変わらぬ努力を続けます。
私がなりたいのは、
浪人生でもなく、
私大生でもなく、
京大生
ですからぁ!!
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。