FC2ブログ

年末の過ごし方

受験生のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

G戦士は実家に帰ってゆったりとした時間を過ごしています。読書したり、車を運転したり、古くからの友人にあったり…。下宿ではただの置物と化していたテレビもよく見ています。

駅で単語帳を必死に見ている真面目そうな女子高生なんかを見ると、「ああ。もう直前時期なんだなあ」とつい自分の受験時代を思い出してしまいます。とにかく空き時間さえあれば勉強していた記憶があります。あの集中力は自分でも驚いたくらいでした。


話は変わりますが、この時期は誘惑が本当に多いですね。浪人の人なんかはすでに大学生になった同級生達が集まって飲み会やカラオケを楽しんでいたり、年末年始ならではの面白いテレビ番組をやっていたり…。

これらにどう打ち勝つかというのも、大事だと強調すぎることはない直前期を成功させるために必要なことでしょう。

結論から言います。全てを我慢する必要はありません。受験というものは厳しいものではありますが、誘惑を全て我慢するという非現実的なことまで求めてはいません。これくらいの根性をもって勉強するという意味ではいいのかもしれませんが、守れないルールというものは逆効果を生むことが多いです。一度テレビを見てしまったら、歯止めが利かなくなってずるずる連続してテレビを見つづけてしまったり、遊びの誘いを受けてそのまま朝まで遊んでしまったり。

ですから、自らを律する心をもって、「この飲み会には行くけど、テレビは一切見ない」だとか「予め決めていたテレビ番組しか見ない」だとか、守ることが可能なレベルのルールを決めることが大切です。そして、そのルールに絶対に従うのです。何があっても従うくらいの気持ちで。

実際にやれば分かりますが、これだけでも非常に難しいことです。合格に対する強い決意と、現実を見つめる勇気がなければ到底不可能です。

頑張れ!今の頑張りは必ず未来の自分の糧になるはず!

コメント

カラス

国がくそやばい

俺やるよ

ちょっと元気もらいました。G戦士毎度どうもm(_ _)m
センターまであとすこし…
18才という青春を無駄にはしません。俺はやれる限りやるよ。

今までほんとうにありがとうございました。

ASAKAWA

がむばります!本当にありがとう!
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ