Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/330-0c125cef

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8436]

こんにちは(^o^)/

すてきなブログですね。
私はその日の気になる話題を綴っています。
よかったら、お立ち寄りくださいませ。
  • 2012-05-02
  • kousu205
  • URL
  • 編集

[C8424]

僕はそんなつまらない真理が一番大事なんじゃないかなー…と思います。自分の経験上(笑)
たくさん勉強したやつが勝つ。それが真理。
というあなたの意見に、僕個人的には大いに賛成です。

あなたが
これをやったから合格できた
っていうのは事実だと思うけど
やっぱ、
これをやれば合格できる
だなんて、有り得ないですからねw

言い訳なんかしないで
ちゃんと一生懸命たくさん勉強しなければ
受験にはかてない

方法があっていたところで
受験に成功できるだなんていう
保証は全くない

こんな当たり前のことに当時の自分は気づかなかったですね。
今更になって、甘すぎた自分に後悔をしております。

[C5420]

>ビンさん

無謀かそうでないかはあなたが判断すべきことですから、何もいえません。ただひとつ私が助言できるとすれば、何ヶ月かしてからでも志望校を明確に定めるのは遅くなく、そしてそれまでの努力の結果が形になればきっと無謀ではなくなっているということです。

[C5381]

こんにちは。よく参考にさせてもらってます^^
文系の高3です。
まだこの時期にもなり志望校が決まっていません。
少し古いのですが、今年のセンターは 
英5割 数5.5割 国7割でした。
やはり、今から大阪・神戸を目指すのは無謀でしょうか?
お忙しいとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。
  • 2008-05-22
  • ビン
  • URL
  • 編集

[C5248] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5243]

>5237さん

模試うかられますよ、もちろん。

ただ個人的には、文型の「教養(学力ではなくて)」は、良書(別に理系関連の本でもよい)を読むことを通じて得られるものだと思っていますので、別に受験勉強の復習なんてしなくてもいいと思いますよw 

一番お勧めなのは本屋に行って興味がありそうなタイトルの新書をとってみること。いきなり文型ばりばりの本が難しければリサ・ランドールとかアインシュタイン関連の本を読んでみるといいかもしれません。それでも十分文系的教養は手に入ります。
  • 2008-04-06
  • 管理人G戦士
  • URL
  • 編集

[C5237] 大学

理系に進学したのですが、文系の方の教養も深めようと思い。高校範囲を一通り目を通してみようと思ってやっているのですが、実力を確認してみたいと思ってます。

その場合って、大手予備校の模試などは受験出来ますか?

[C5220]

G戦士さんと自分たちの間に特にハッキリとした違いが見当たらないから、このblogは人気なのだと思う。
同じ世代の同じ状況を共有した先輩。
そんな意識を持てるから勉強法も素直に受け入れる気持ちになるし、もしかしたら自分も、という希望がわいてくる。
まずは自分に出来ることを見つけたいと思います。

[C5204]

まさしく受験においての真理ですね。

大学に合格するために必要な能力…。
今現在、自分が持っている能力…。
その差を埋めるのが受験勉強という気がします。

自分の能力、必要な能力を考えずに勉強をするのは、地図もコンパスもなし、目指す頂上もなしに、がむしゃらに斜面を駆け上がる登山のようなものだと思います。
  • 2008-04-01
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C5181]

ずっと不安にかられていたのですが、この記事を見てなんだか気分が晴れました。感謝します。

[C3787]

つくづく思うが、指導者って何もしてくれないよ。
だから、自分が使う程度にしとくのが一番
安請け合いする奴は信用できないし、盲目的に信用しろといってくるのは、かなり怪しい
ごめんね。何となく、自分の経験があるから思わず言ってしまった。
まぁ大事なのは、他人は何もしてくれないことを知ること

[C3786]

>うぐいすさん

>指導者の下で勉強しないのは危険なことだ

この根拠はどこにあるんでしょうかね。まさに固定観念にとらわれてる典型例だと思いますが。


>にゅさん

>神よ、われに与えたまえ、
変えられないことを受け入れる心の平静と、
変えられることを変えてゆく勇気と、
それらを区別する叡智とを。

すばらしい言葉ですね。私の言いたかったことを、私より遥かにかっこよく述べておられます。

なんか少し感動しました。
  • 2006-11-19
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C3783]

可愛い女の子と結婚するために僕は頑張って一流大へ行きます ありがとうございました
  • 2006-11-19
  • ニア
  • URL
  • 編集

[C3781]

神よ、われに与えたまえ、
変えられないことを受け入れる心の平静と、
変えられることを変えてゆく勇気と、
それらを区別する叡智とを。
           ラインホルト・ニーバー博士
読んでて、ふと思い出しました。
このニーバー博士に対する私の現時点での答えは「はしごを一歩一歩のぼろう。周りが見渡せるくらいまで。でも、もし私がはしごをかけまちがっていたら、嘆くことなくはしごを降りよう。そしてはしごを移動してなにごともなかったかのように、また一歩一歩のぼろう。たとえ、また間違ったとしても。」
成長に関する責任は、ほとんど自分にある。はしごをのぼりきれない弱さも、のぼるはしごを間違う若さも。だから、ときどき自分のやってることが、こわくなる。必要なのは勇気だ。それは、分かっている。成果は行動からしかうまれない。創造的にダメなものを破壊し未来、機会に焦点をあわせよ。わかっている。でも、たまらなく不安になってしまう。そんなとき、ショーペンハウエルの言葉を知った。
「あきらめを十分に用意することが、人生の旅支度をするさいに何よりも重要だ。」
学校の教師は「何事もあきらめるな」と教える。しかし、事実はどうやら部分的に逆のようにおもえる。
その後私は失敗だらけだったが(失礼今もです。)全力でやってる最中すら半分あきらめ半分責任と勇気とゆうおよそ非常識な思考状態で活動している。
ただ、思わぬひろいものもあった。
雨が降っているときは虹をみよ、と人はいう。虹は私も大好きだ。けれど、この考え方になって雨も楽しむようになった。ぬれてもいいや!白衣をきたまま校内をあるきまわり、「傘をよく忘れるね」と言われて、私はこう答える「もう寒さをしのぐ傘ならあの時以来さしてるよ」と。(あとで、くさかったと後悔するがなんだか幸せな気分になるので、いいかなぁとまた笑う)



  • 2006-11-19
  • にゅ
  • URL
  • 編集

[C3780]

割と同意。

[C3779] 565さん ↓

そんなことをG戦士さんに聞いてどうするつもりなのですか?
模試を受けたのはあなたなのですから、あなたにしかわからないでしょう?
今回のミスで、本番は100%同じミスをしなくなったわけですから、プラスと考えて本番に備えるべきです。

[C3777]

宅浪は、モチベーションを保つのが難しいとか、生活リズムが狂うとか言われます。確かにその通りです。

まあ、その二つは何とかできるとして・・・
この間先生に、独学は間違った方向で勉強してしまう、やはり、指導者の下で勉強しないのは危険なことだと言われたのですが、G戦士さんはどう思いますか?
  • 2006-11-18
  • うぐいす
  • URL
  • 編集

[C3776] 初コメントになります

はじめまして。4月から拝読しています。

この記事から言うと、3BOX勉強法は私にぴったりだったようです。

ありがとうございました。
  • 2006-11-18
  • ゆー
  • URL
  • 編集

[C3775]

>まなさん

>『単に自分に出来ることをこなしていった』

↑こそ最大の変化だと思っています。「できることをしない」「できることを探そうともしない」・・・そのような状態から抜け出すことによる結果が変化なのです。

  • 2006-11-18
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C3774]

あえて『変化』を挙げるとすれば、『やる気』の点で変わったのであって、個人の習性は変わらないのでは?ということですよ。まあ、こんなこと議論しても拉致があきませんがね…。
  • 2006-11-18
  • 伊藤さんの息子
  • URL
  • 編集

[C3773]

堕落したニートから一転して猛勉強を始めたのは、『単に自分に出来ることをこなしていった』というレベルではなく、何かが変わったからだと思います。
  • 2006-11-18
  • まな
  • URL
  • 編集

[C3772]

フリーター→京大生は単なる結果にすぎないのでは?ここでの『変わらない』は、人間の本質、個人の性質についてですよ。
  • 2006-11-17
  • 伊藤さんの息子
  • URL
  • 編集

[C3771]

パラサイトフリーターから京大生という劇的な変化を遂げたあなたが人間なかなか変われないと言うとはいかなることか あなたの経験を生かして元気が出るようなことを言うのが筋ではないのか
  • 2006-11-17
  • ギア
  • URL
  • 編集

[C3770]

現実を見つめるか…。良い言葉ですね。明日は何時に起きて、ノルマはコレくらい!と決めても実行できない日は多々あります。でも、へこむ必要などないんですよね。それは「自分」だから仕方ないかなって割り切る心も必要だと思います。
  • 2006-11-17
  • 伊藤さんの息子
  • URL
  • 編集

[C3769]

「実行できるコトを探し、実行に移す」
この言葉にハッとしました!!
  • 2006-11-17
  • りかこ
  • URL
  • 編集

[C3766]

>本当に自分を高めるということは、
 「自分をより高い位置に設定し挑戦していく」ことではなく、
 「本当に自分の位置にあることをひとつひとつこなしていく」こと

…このG戦士さんの一行が私の心を貫きました。。
2学期からずっと私を覆っていたスランプという厚い雲が、
スカッと晴れたような気分です。
このBlogと出会えて、本当に良かった…
明日からではなく今日から変わってみせよう、
そんな気力を与えてくれた、この一行に感謝です。
  • 2006-11-16
  • MIYABI
  • URL
  • 編集

[C3765]

最近スランプで、全然予備校の授業に集中出来ません。どうしたら、このスランプから脱出できるのでしょうか?
  • 2006-11-16
  • トマト
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

現実を見つめること……

現実主義


 受験における精神論……言うべきことはたくさんあるだろう。数ある受験サイト、書籍でも、山ほどすばらしい精神論が述べられている。しかし、私はあえて次の一点についてだけ述べたい。徹底的な「現実主義」についてである。

 受験指導をある程度した人ならば、次のような真理に気づいていることだろう。「受験というものはなんだかんだいって真面目に長時間勉強した人が勝つ」という当たり前の真理である。いくら受験勉強法が大切であったとしても、それを正確に受験生に伝えたとしても、それを実際に実行する人はほどんどいないのだ。結果として、真面目に毎日こつこつ勉強した人が勝つことが多い。

 しかし、私はそんなつまらない真理を皆さんに伝えるつもりは一切ない。読者の皆さんが記事を読むことで「得られるもの」を最優先したいからだ。

「これをやったおかげで合格できた。あなたもやったほうがいい」なんて大きなことは私には言えない。それがたとえ真実であったとしても、その真実からあなたが得られるものはないからだ。私は「この勉強方法ならあなたもできるかもしれないよ。実力がちょこっと上がるかもよ」と、小さなアドバイスを繰り返し言うだけだ。得られるものは「合格する方法論」に比べたらずっと小さいかもしれないが、それでもあなたがそこから何か得られると確信しているからだ。

 高校生のとき「毎朝10個ずつ単語を書き出して覚えよう」という目標を立てた。学校の先生なんかが大好きなコツコツ戦法ではあるが、実際に実行できたとしたら、ものすごい効果があることだろう。しかし、三日と立たずに、この計画は頓挫した。理由は予想の通りだ。実際問題として、自分自身が「毎朝しっかり起きて時間を作れない」というのは明らかだった。

 今までの経験や実施方法を少し考えればできるわけがないのに、毎朝6時におきて勉強しようとしたり、問題集を綿密な計画のもとでやろうとしたりするのはやめておいたほうがいい。少し言葉をきつくして言うならば、人間というのはそんなに簡単に変われるものではないのだ。たとえ「受験」という人生のターニングポイントであったとしても、だ。


現実を見つめる


 では、私たちがすべきは何なのか。それは、ひたすらに自己を見つめること、現実を見つめることに他ならない。

 私は風呂の中で勉強していた時期がある。湯船に入っている間、身体を洗う前に参考書を15分くらい読むのだ。一見するとかなり変な勉強法だし、継続も難しいように思える。しかし、私は受験当日まで毎日継続した。机で勉強できない私にとって、この勉強法はとてもリラックスできる「現実的」な勉強法だった。

 受験勉強法Blogで紹介している勉強法にも同じことが言える。3BOX暗記カード勉強法が効率的な勉強法であることはすぐに分かると思うが、はたして読者のうち何割が実行できているだろうか。勝手な予想だが、一割いるかいないかだろう。このとき、残りの9割にとって、この勉強法は全く意味のないものだ。記事を読む時間さえ無駄だ。

 効率の追求とは、「理想的な勉強法を知ること」ではない。「実行できる勉強法を探し、そして実行に移す」ことだ。そしてそのためには自分を徹底的に見つめる必要がある。どうしても直せないところ、目を背けたくなるような自分の格好悪いところを含めて、徹底的に「現実を見つめる」のだ。その姿勢さえあれば、私が提唱するような受験勉強法を一切しなくとも、合格できるだろう。


 受験は時に非常に難しい。しかし、それはあくまで「志望校に合格する程度の少しの努力でさえも、それを実行することは難しい」という意味に過ぎない。受験は時に非常に簡単だ。毎日予習することはとても難しいことかもしれないが、それに相応する勉強を他の時間にすることはとても簡単かもしれない。

 自分を高めるということは、「自分をより高い位置に設定し挑戦していく」ことではない。「自分の位置を知ること。そしてその自分自身に挑戦すること」である。階段は、自分のいる段からしか上れないのだから。



総論③ 没入編:前 勉強法メニュー 次:東大に入る方法はどこにでも転がっている
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/330-0c125cef

0件のトラックバック

27件のコメント

[C8436]

こんにちは(^o^)/

すてきなブログですね。
私はその日の気になる話題を綴っています。
よかったら、お立ち寄りくださいませ。
  • 2012-05-02
  • kousu205
  • URL
  • 編集

[C8424]

僕はそんなつまらない真理が一番大事なんじゃないかなー…と思います。自分の経験上(笑)
たくさん勉強したやつが勝つ。それが真理。
というあなたの意見に、僕個人的には大いに賛成です。

あなたが
これをやったから合格できた
っていうのは事実だと思うけど
やっぱ、
これをやれば合格できる
だなんて、有り得ないですからねw

言い訳なんかしないで
ちゃんと一生懸命たくさん勉強しなければ
受験にはかてない

方法があっていたところで
受験に成功できるだなんていう
保証は全くない

こんな当たり前のことに当時の自分は気づかなかったですね。
今更になって、甘すぎた自分に後悔をしております。

[C5420]

>ビンさん

無謀かそうでないかはあなたが判断すべきことですから、何もいえません。ただひとつ私が助言できるとすれば、何ヶ月かしてからでも志望校を明確に定めるのは遅くなく、そしてそれまでの努力の結果が形になればきっと無謀ではなくなっているということです。

[C5381]

こんにちは。よく参考にさせてもらってます^^
文系の高3です。
まだこの時期にもなり志望校が決まっていません。
少し古いのですが、今年のセンターは 
英5割 数5.5割 国7割でした。
やはり、今から大阪・神戸を目指すのは無謀でしょうか?
お忙しいとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。
  • 2008-05-22
  • ビン
  • URL
  • 編集

[C5248] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5243]

>5237さん

模試うかられますよ、もちろん。

ただ個人的には、文型の「教養(学力ではなくて)」は、良書(別に理系関連の本でもよい)を読むことを通じて得られるものだと思っていますので、別に受験勉強の復習なんてしなくてもいいと思いますよw 

一番お勧めなのは本屋に行って興味がありそうなタイトルの新書をとってみること。いきなり文型ばりばりの本が難しければリサ・ランドールとかアインシュタイン関連の本を読んでみるといいかもしれません。それでも十分文系的教養は手に入ります。
  • 2008-04-06
  • 管理人G戦士
  • URL
  • 編集

[C5237] 大学

理系に進学したのですが、文系の方の教養も深めようと思い。高校範囲を一通り目を通してみようと思ってやっているのですが、実力を確認してみたいと思ってます。

その場合って、大手予備校の模試などは受験出来ますか?

[C5220]

G戦士さんと自分たちの間に特にハッキリとした違いが見当たらないから、このblogは人気なのだと思う。
同じ世代の同じ状況を共有した先輩。
そんな意識を持てるから勉強法も素直に受け入れる気持ちになるし、もしかしたら自分も、という希望がわいてくる。
まずは自分に出来ることを見つけたいと思います。

[C5204]

まさしく受験においての真理ですね。

大学に合格するために必要な能力…。
今現在、自分が持っている能力…。
その差を埋めるのが受験勉強という気がします。

自分の能力、必要な能力を考えずに勉強をするのは、地図もコンパスもなし、目指す頂上もなしに、がむしゃらに斜面を駆け上がる登山のようなものだと思います。
  • 2008-04-01
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C5181]

ずっと不安にかられていたのですが、この記事を見てなんだか気分が晴れました。感謝します。

[C3787]

つくづく思うが、指導者って何もしてくれないよ。
だから、自分が使う程度にしとくのが一番
安請け合いする奴は信用できないし、盲目的に信用しろといってくるのは、かなり怪しい
ごめんね。何となく、自分の経験があるから思わず言ってしまった。
まぁ大事なのは、他人は何もしてくれないことを知ること

[C3786]

>うぐいすさん

>指導者の下で勉強しないのは危険なことだ

この根拠はどこにあるんでしょうかね。まさに固定観念にとらわれてる典型例だと思いますが。


>にゅさん

>神よ、われに与えたまえ、
変えられないことを受け入れる心の平静と、
変えられることを変えてゆく勇気と、
それらを区別する叡智とを。

すばらしい言葉ですね。私の言いたかったことを、私より遥かにかっこよく述べておられます。

なんか少し感動しました。
  • 2006-11-19
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C3783]

可愛い女の子と結婚するために僕は頑張って一流大へ行きます ありがとうございました
  • 2006-11-19
  • ニア
  • URL
  • 編集

[C3781]

神よ、われに与えたまえ、
変えられないことを受け入れる心の平静と、
変えられることを変えてゆく勇気と、
それらを区別する叡智とを。
           ラインホルト・ニーバー博士
読んでて、ふと思い出しました。
このニーバー博士に対する私の現時点での答えは「はしごを一歩一歩のぼろう。周りが見渡せるくらいまで。でも、もし私がはしごをかけまちがっていたら、嘆くことなくはしごを降りよう。そしてはしごを移動してなにごともなかったかのように、また一歩一歩のぼろう。たとえ、また間違ったとしても。」
成長に関する責任は、ほとんど自分にある。はしごをのぼりきれない弱さも、のぼるはしごを間違う若さも。だから、ときどき自分のやってることが、こわくなる。必要なのは勇気だ。それは、分かっている。成果は行動からしかうまれない。創造的にダメなものを破壊し未来、機会に焦点をあわせよ。わかっている。でも、たまらなく不安になってしまう。そんなとき、ショーペンハウエルの言葉を知った。
「あきらめを十分に用意することが、人生の旅支度をするさいに何よりも重要だ。」
学校の教師は「何事もあきらめるな」と教える。しかし、事実はどうやら部分的に逆のようにおもえる。
その後私は失敗だらけだったが(失礼今もです。)全力でやってる最中すら半分あきらめ半分責任と勇気とゆうおよそ非常識な思考状態で活動している。
ただ、思わぬひろいものもあった。
雨が降っているときは虹をみよ、と人はいう。虹は私も大好きだ。けれど、この考え方になって雨も楽しむようになった。ぬれてもいいや!白衣をきたまま校内をあるきまわり、「傘をよく忘れるね」と言われて、私はこう答える「もう寒さをしのぐ傘ならあの時以来さしてるよ」と。(あとで、くさかったと後悔するがなんだか幸せな気分になるので、いいかなぁとまた笑う)



  • 2006-11-19
  • にゅ
  • URL
  • 編集

[C3780]

割と同意。

[C3779] 565さん ↓

そんなことをG戦士さんに聞いてどうするつもりなのですか?
模試を受けたのはあなたなのですから、あなたにしかわからないでしょう?
今回のミスで、本番は100%同じミスをしなくなったわけですから、プラスと考えて本番に備えるべきです。

[C3777]

宅浪は、モチベーションを保つのが難しいとか、生活リズムが狂うとか言われます。確かにその通りです。

まあ、その二つは何とかできるとして・・・
この間先生に、独学は間違った方向で勉強してしまう、やはり、指導者の下で勉強しないのは危険なことだと言われたのですが、G戦士さんはどう思いますか?
  • 2006-11-18
  • うぐいす
  • URL
  • 編集

[C3776] 初コメントになります

はじめまして。4月から拝読しています。

この記事から言うと、3BOX勉強法は私にぴったりだったようです。

ありがとうございました。
  • 2006-11-18
  • ゆー
  • URL
  • 編集

[C3775]

>まなさん

>『単に自分に出来ることをこなしていった』

↑こそ最大の変化だと思っています。「できることをしない」「できることを探そうともしない」・・・そのような状態から抜け出すことによる結果が変化なのです。

  • 2006-11-18
  • G戦士
  • URL
  • 編集

[C3774]

あえて『変化』を挙げるとすれば、『やる気』の点で変わったのであって、個人の習性は変わらないのでは?ということですよ。まあ、こんなこと議論しても拉致があきませんがね…。
  • 2006-11-18
  • 伊藤さんの息子
  • URL
  • 編集

[C3773]

堕落したニートから一転して猛勉強を始めたのは、『単に自分に出来ることをこなしていった』というレベルではなく、何かが変わったからだと思います。
  • 2006-11-18
  • まな
  • URL
  • 編集

[C3772]

フリーター→京大生は単なる結果にすぎないのでは?ここでの『変わらない』は、人間の本質、個人の性質についてですよ。
  • 2006-11-17
  • 伊藤さんの息子
  • URL
  • 編集

[C3771]

パラサイトフリーターから京大生という劇的な変化を遂げたあなたが人間なかなか変われないと言うとはいかなることか あなたの経験を生かして元気が出るようなことを言うのが筋ではないのか
  • 2006-11-17
  • ギア
  • URL
  • 編集

[C3770]

現実を見つめるか…。良い言葉ですね。明日は何時に起きて、ノルマはコレくらい!と決めても実行できない日は多々あります。でも、へこむ必要などないんですよね。それは「自分」だから仕方ないかなって割り切る心も必要だと思います。
  • 2006-11-17
  • 伊藤さんの息子
  • URL
  • 編集

[C3769]

「実行できるコトを探し、実行に移す」
この言葉にハッとしました!!
  • 2006-11-17
  • りかこ
  • URL
  • 編集

[C3766]

>本当に自分を高めるということは、
 「自分をより高い位置に設定し挑戦していく」ことではなく、
 「本当に自分の位置にあることをひとつひとつこなしていく」こと

…このG戦士さんの一行が私の心を貫きました。。
2学期からずっと私を覆っていたスランプという厚い雲が、
スカッと晴れたような気分です。
このBlogと出会えて、本当に良かった…
明日からではなく今日から変わってみせよう、
そんな気力を与えてくれた、この一行に感謝です。
  • 2006-11-16
  • MIYABI
  • URL
  • 編集

[C3765]

最近スランプで、全然予備校の授業に集中出来ません。どうしたら、このスランプから脱出できるのでしょうか?
  • 2006-11-16
  • トマト
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。