FC2ブログ

今年の目標

もう4月も終わりで、いまさらという感じがしますが。しっかり言葉にして置かないと漫然と過ごしてしまいそうなので、意味もなくBlogで宣言しときます。

1.財務

特に会計と証券取引について勉強する予定。かなり興味がある分野だし、勉強してて楽しいのでちょっとマニアックなレベルまで突っ込んで勉強しようかなと。


2.語学

空き時間に「iPodでVOAとかリスニング+Economist等の雑誌をぱらぱら+普段のノートを英語で!」を実施。あと、夏あたりに英語圏を放浪して、旅自体を楽しむ+語学もUP!みたいなことを計画中。


3.論理的思考

Blogで「論理的に解く」とか偉そうなことを書いてる割にはきちんと勉強したことない…。マッキンゼーの照屋華子さんのロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル が良書らしいので、まずはそれから。半年後にはBlogの記事が超論理的になってることを期待(笑


4.人間関係

なんだかんだで一番大事、でもなかなか身につかない。とにかく一年間人の悪口を一回も言わないようにしてみて、その効果のほどを確かめてみることに…これ意外にめちゃくちゃ難しそうだ。



と、まあ読者の方々には何の関係もないことを長々と書いてしまいました。すいません。ただ、「目標」ってその漢字からも分かりますが、文章にして目に見えるようにするってめちゃ大事。漫然と過ごしていると、本当に何の進歩もないままに月日が流れる…。

あと、それに加えて具体的な計画や方法も決めて、日常的に目に入るようにしておくこと。G戦士自身も4月中には決めて、手帳にでも書いておくつもりです。

2位に定着気味。1位返り咲きにご協力を→→人気blogランキングへ

コメント

wish

悪口は必要なのかどうなのか。。考えてしまいますね。
基本的に面と向かって相手に言えないような悪口は、
他の人にも言わないようにするのがいいとおもうのですが。ただ、ストレスのはけ口にはしたくないですね。

管理人G戦士

人間関係について少し補足しときます。こんなことにもコメントしてもらえるなんて思ってもみなかったんで、簡潔に「悪口を言わない」と書きましたが、本当に言いたいことはそこにはありません。 

「悪口を言わない」というと、なんか幼稚に聞こえますが、別に「悪口を言わない」ということ自体に意味はないです。ですから、私は悪口の是非については意見がありません。「相手を認める」という態度を相手に伝えるというのが趣旨です。その手段として「悪口」というか「どんな部分であれ真っ向から否定する」というのをやめようって考えたわけです。

また、たとえ論理的に自分が正しかろうと、たとえ本当に相手のことを思ってのことであろうと、ストレートに間違いだと言われるとほとんどの人は不快感を覚えます。特に頭のいい人ほどそう感じてしまう。そして、結果として自分にもマイナスの影響がくる…こんな思考の下、極端な利己主義として述べたのです。

ということで、「悪口」の是非についてはスルーでお願いします。適当な表現で書いてすいませんでした。

「G戦士は一体何言ってんだ??」って方はD・カーネギーの「人を動かす」等を読めば一発で分かると思います。

螽太郎

「感覚で仮定して、論理で証明する」
僕はこの事が出来るようになりたいです。
今のところ、ほとんど感覚だけで生きてますんで。

悪口というか、影口はNGだと思います。
影口を言うという事は正面から言えない理由があるわけです。多分論理的に相手が悪いという事を証明できないので影口(感情論)になってしまうんでしょう。
論理的に相手が悪いと証明できるのなら、正面から相手に言えばいいと思います。論理的い言える時点で、
相手に勝ち目はありません(笑)
むしろ友達なら言ってあげるべきではないでしょうか?

-

人間関係についてのコメント。
私は高校時代他人の悪口は言いませんでした。
私の経験からしてそういう人は、腹黒い人間になると思います。
以上自分のことでした。

七島

悪口を言わないのはとても難しいですけど大切なことですよね。
悪口ばかり言う人が一番悪口を言われるのは明らかですしね。


僕も今年一年間チャレンジしてみようと思います!

たかし

僕の目標は、来年、医学部合格です!!
頑張りますよ。
今のところ、いい感じで進んでいますが・・・最近停滞気味です(汗)

人間関係って構築もメンテも大変ですよね。
でも、言いたいこと言うのも大切ですよ!!

悪口と分かり合うための話って時々混同しがちですが、我慢するのは辛いし、楽しくないです。

G戦士さんの素で友人と関わってくださいよ!!

これからもよろしくお願いします。
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ