Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/230-6c83567e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C7589]

少子高齢化社会。

日本の1500兆もの個人金融資産の80%は50歳以上のモノを買わない世代だ。

こんな状況で内需はたいして大きくならない。

つまりグローバル化は避けて通れない。

このグローバル化の波に乗れるかどうかが分かれ目になるのだろう。
  • 2009-11-28
  • ロート
  • URL
  • 編集

[C2695]

上の世代が作った日本国を我々の世代が変えるべきだ。
金欲しさに働くのもいいが、未来の日本自体も考えるべきである。
もし第三次世界対戦が勃発したらどうする?小泉は親米保守派であるから、当然武力など今の日本には一切ない。
そうなれば日本は米国に植民地化されて、結局は我々が苦労して受験戦争で争って来た事は何の意味も持たない。
そうならないように日本という国家の品格も養いつつみんなで頑張りましょ☆ヽ(´ー`)ノ
一浪で東大に入りたい浪人生でした(笑)
  • 2006-05-31
  • ーになお
  • URL
  • 編集

[C2598]

現在、広島市内の高校3年の者です。浅田さんのカキコに対する反応を見まして、昨年「めるみぃ」であった言論統制に似ているという印象を持ちました。うちの高校でも話題になり、担任が「Z会は、こんなじゃなかったのに、変わった」と驚いていました。いつもG 戦士さんの記事を読ませて頂いていましたが、今回の記事の「危機感」のお話には、煽動的なものを感じました。僕は受験生ですが、危機感はまだありません。昨年東大に入った先輩も危機感は、それ程抱かなかったと言っていました。大切なことは、危機感ではなく
キムタツ先生が言う、夢に向かって進むことではないでしょうか?危機感からは、何も産まないと思いました。創造性が発揮されるのは、リラックスした時、豊かな時だからと思うからです。
  • 2006-05-17
  • ケルナック
  • URL
  • 編集

[C2594]

社会に出たら平等に扱われる。つまり、

>「一流大学に合格することは所詮社会への入場券に過ぎない」のだ。英語もしゃべれず、財務の知識もないただの一流大卒などに市場価値はない。

と、いうことだ。
一流大学でも、大学で何も得ることの無いまま「俺の夢は○○だ」と言いながら、手当たり次第に何十社も就職試験を受ける大学生が大勢存在している。
という現状がある。

そういう奴等は、上記にもあるように、社会では使えないホワイトカラーだ。

誰も大手に就職すること自体を批判してない。
少なくとも僕はそう解釈している。
ただ、
度を過ぎた書き込みというのは、僕のこのような書き込みであろうから、今後は控えます。


  • 2006-05-15
  • 螽太郎
  • URL
  • 編集

[C2593]

>いまだに「大手に就職したい。大手なら安心だし、格好いい。」と言って、手当たり次第に何十社も就職試験を受ける大学生が大勢存在している

とありますが。これは駄目なことなのでしょうか?
中小企業や零細企業よりはマシかと思うのですが。
もう少し詳しく説明していただければ。
  • 2006-05-15
  • pink floyd
  • URL
  • 編集

[C2585]

少子高齢化になったら、若者が減るから労働力が減少して経済成長が低下するし、年金だって老後世代を現役世代が支えるから現役世代の負担が増える。
今よりも確実に我々若い世代の負担は増える。
別に危機感持ってもいいじゃないですか。
精神面で特に。
これからこういう世の中になっていくわけだから、
「今の自分」と比べてみて危機感を持ちましょう、
って事ですよ。数年後は社会に出て行くのですから。

それに精神的にも甘ったれてる奴ばっかでしょ、今の若者は。管理人様は精神的な部分を結構書いてると思う。
君のように大学で学んだ知識だかなんだかを
ただ並べているだけではない。

日本でなければならないことだって、
今現在あるのかないのか僕は知らないけれども、
「変わっていく時代に自らを合わせられるか否か」
この事を次の社会を担う若者たちが出来なければ、
日本でしか出来ないことなんて
インドとかが出来るようになるかもってことでしょ。
精神論だよ。
だから、
今現在は確かにインドや東欧は貧しいが、それらの国の若者たちは日々死に物狂いで勉強している。果たして日本人は彼らに勝てるだろうか?このままではほとんどの日本人はいつか単なる「文句を言わない労働者」になってしまわないだろうか?
こう書いてるんです。

「僕は」、この格差社会の記事を
以上のように捉えましたよ。
それから、
「君」っていう言葉遣いは直したほうが良いと思います。
あなたに対しても「君」と私は言いました。
「君」と言われて嫌だと思ったら、やめるべきですね。
  • 2006-05-13
  • 螽太郎
  • URL
  • 編集

[C2580]

>浅田さん

貴重なご意見ありがとうございました。勉強になるところも多々ありました。


>管理人さんの「格差社会」の記事は、おかしかったです。少子高齢化が何故、異常な社会体制なのでしょうか?そして、何故そこから、危機感が生ずるのでしょうか?少子高齢化の本当の意味を見い出すべく努力をされてないですね。

なにぶん短い記事ですので、そこらへんの記述はしませんでした。そこに焦点をあてるのではなく、あくまで「こういういろいろな問題の存在もあるよね」くらいの意味で使いました。少子高齢化に対して真剣に取り組んでおられる人にとっては、非常に失礼な記述に思えたのかもしれません。すいませんでした。


>マスコミのアジる記事を鵜呑みにしているだけのように思います。

これについては完全に否定します。私もマスコミのアジる記事は大嫌いです。ほとんど見ませんし、またそれを受け入れることもありません。私の文が浅田さんにとってそのように感じるものであったのかと思いますが、「推定」でそのように何度も言われるのは、議論面というかマナー面でよくないと思います。


>国際化について、日本でなければならない理由が皆無なのは、君個人の問題でしょう。日本でなければならない理由なんてたくさんあります。

少し言い方がまずかったようです。すいません。「日本と同じ役割をどこかの国が果たせるようになれば、当たり前のことですが、その役割は別に日本がやる必要はない」という意味で使ったのです。今現在の日本全体の状況について述べているものではないです。誤解を招きやすい表現だったかもしれません。すいません。


>本当に危機感を抱かれているのなら、11月の学祭でキャンペーンをするとか、シンポジウムをきかくするとか、実際に行動なさるのが大切と思います。

私の言う危機感と言うのは「日本に対する危機感」ではなく「自分自身に対する危機感」です。
また、正直いうと、それらの行動に自分の時間をたくさん使うほどの意味というか効果などないと思っています。「自分で気づくしかないだろ」くらいの、真面目な人からしたら、単なる投げやりとしか思えないような考えをしてます。

[C2578] 危機感って

管理人さんの「格差社会」の記事は、おかしかったです。少子高齢化が何故、異常な社会体制なのでしょうか?そして、何故そこから、危機感が生ずるのでしょうか?少子高齢化の本当の意味を見い出すべく努力をされてないですね。例えば、今年の世界銀行白書読みましたか?あるいは、WHOのレポート目を通しましたか?マスコミのアジる記事を鵜呑みにしているだけのように思います。これから入学する受験生のためにもきちんと、科学的に、学問的に考察を重ねて論じて頂きたいです。

また国際化が進んでいると言っていますが、そんなものは、約20年前のウルグアイランドから言われています。国際化について、日本でなければならない理由が皆無なのは、君個人の問題でしょう。日本でなければならない理由なんてたくさんあります。コミュニティの構成、欧米のみならず、アジア諸国にとっても有力な市場なのですよ。それを放っておく手はありません。
 君が、深刻な危機感を抱いているのか、呑気な危機感なのかわかりませんが、例えば、我が国の3歳児~5歳児の死亡率は、先進国の中でトップレベルの高さにあります(WHO'05の白書)。主原因は、小児科医の不足による小児救急のシステムの崩壊です。また、御存知の通り、産科医や脳外科医等が、医療訴訟が多いために、深刻な医師不足になっているようなことこそ、日本社会の危機と言えるのではないでしょうか?
何故なら、健康に直結し、日常生活に基づくものだからです。
 さらに申し上げれば、「危機」という言葉は、マスコミが好んで使用します。雑誌「現代」「諸君」「世界」などで、30年以上前からずっと「日本の危機」と書かれてきました。日本は、ずーっと危機なのですよ。ちなみに慶応義塾の創始者、福沢諭吉は、明治の30年頃に「近頃の学生は、英語ができなくなった」と嘆いておれれました。
 単なるアジ演説に終わるのは、2流3流のすることです。本当に危機感を抱かれているのなら、11月の学祭でキャンペーンをするとか、シンポジウムをきかくするとか、実際に行動なさるのが大切と思います。そうでなければ、君がおっしゃった「『俺の夢は○○だ』と意気揚々と宣言しているのに、実際は何もしていない人がなんと多いことだろう。」という事が、単なる愚痴に終わってしまいます。
  • 2006-05-13
  • 浅田
  • URL
  • 編集

[C2577]

>>「格差社会が正しいか、正しくないか」・・・その答えがどちらなのか私にはわからない。ただ一つわかっているのは「格差社会がくるのは避けられない」、そして「それと共に我々も変わらなければならない」ということだけだ。

日本に現代の国際社会の流れを変えることは不可能だ。ましてや個人にそれが無理なのは言うまでもない。次の運命を決める要素は、紛れもなく「変わっていく時代に自らを合わせられるか否か」ということだ。

この部分に感銘を受けました。
こういった記事も今後も書いてください。
勉強になります。

京大生でも危機感の無い人や口だけの人
もいるのですか?
  • 2006-05-13
  • pink floyd
  • URL
  • 編集

[C2499]

>螽太郎さん

自分の意見を持つということはすごく大事だと思います。あと、感覚も論理と同様に人間を形作る重要な要素ですから、そういう意見も大切だと私は思います。ご意見ありがとうございました。


>masahiroさん


>藤原正彦氏が「国家の品格」でおっしゃってたようにアメリカは国民の学力が下がっても、富があるからそれを求めて各国から1流の研究者とかがやってくるから、国が衰退することは恐らくないが、一方日本は…。

国家の品格…話題になってますよね。書店で20分だけ読みました。

>中国やインドなど発展を考えると、今のままだと日本もそれらの国に取って代わられるような未来が容易に予想できて、不安になります。

その不安って大事な感覚だと私は思ってるんです。


>ニートやフリーターの問題も今はまだはっきりとその深刻さを示していないものの、ニートの親が亡くなったときや、フリーターが30歳後半くらいなったときに大変なことになるでしょうね…。

今の社会構造は完全に壊れるでしょうね。避けられないと思います。


>今の日本は非常に憂くべき状態にあるように思います。

「それを変えるのが日本の若者だ!!!」と強く叫べるようになりたいです 笑



[C2487]

このような記事は小論文のネタとして役立ちますね。
ポストモダンなどにもついてやると国語の読解に役立つかもしれません。
ブログの更新は大変だろうが頑張ってください。

[C2482]

 半年ほど前からこのブログを拝見させてもらってるYです。
 G戦士的合格体験記なんかを読んでて思うんですが、G戦士さんの書いた文章は明晰で読みやすく大変面白いです。参考書の紹介も拝見させてもらっていますが(あくまで参考程度に、ね)、無理にそれにこだわらずにG戦士さんが楽しいと思えるように続ければいいと思います。
 なんて偉そうな事書いてすみません(笑)

[C2479]

こういう記事は本当に参考になります。
藤原正彦氏が「国家の品格」でおっしゃってたようにアメリカは国民の学力が下がっても、富があるからそれを求めて各国から1流の研究者とかがやってくるから、国が衰退することは恐らくないが、一方日本は…。
中国やインドなど発展を考えると、今のままだと日本もそれらの国に取って代わられるような未来が容易に予想できて、不安になります。
ニートやフリーターの問題も今はまだはっきりとその深刻さを示していないものの、ニートの親が亡くなったときや、フリーターが30歳後半くらいなったときに大変なことになるでしょうね…。
今の日本は非常に憂くべき状態にあるように思います。

[C2478]

こういう記事は貴重ですし、大好きです。
総人に行けばこういうことも学べるんでしょうかね。
僕はこういうの大好きでこういうこと大学でも論文にしたりしたいんです。なので受験期間中とは言っても、
僕の妄想を書かせていただきます。
どっかで論理論理といっておきながらも、
全て感覚で物言わせてください。
日本国内の格差社会はともかくとして、
地球規模で格差世界になっているような気がします。
ヨーロッパに比べると、日本やアメリカは大きく格差を付けられているんではないでしょうか?
「アメリカと一緒に日本は衰退していく。」
これは勘ですが僕の予想です。
特に日本はマジでヤバイんじゃないでしょうか?
日本人だけなんですよね、日本語喋るのは。
日本で美徳とされている婉曲法、奥ゆかしさなどは
欧米では気持ち悪いと思いますよ。だいたい、
「はっきり言わないことが美徳」って、
意見ははっきり言ったほうがいいと思いますね。
「ビミョ~」なんてのは逃げですね、自分の意見をはっきりさせない。そうしないと友人関係がどうとかこうとか関係ないですよ。これからの時代はっきり自分の意見をいうべきです。そうしないと結局、周りに流されることになるのではないでしょうか。と僕は思います。
だいたい、日本の美徳ってコマーシャルくらいじゃないでしょうか?めちゃ婉曲、てか想像力つかいますよ。
日本は独特な国ですね。でも、
独特な国は常にトップでなければ、
ただの孤独な国になってしまうのでは
ないでしょうか?
感覚で書きましたし、思いっきり婉曲しました(笑)
皆さんスルーで。趣味なんですこういう妄想が。
  • 2006-04-27
  • 螽太郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

格差社会

-The sun also rises-

最近、「バブル以来の好景気」だとか「株式投資であなたも億万長者」といった言葉をよく耳にするようになった。日本の景気がよくなっている…その真偽は別にして、世間では確実にそういう主張が増えている。現に就職もバブル崩壊後の氷河期に比べれば格段に良くなっている。

ただ、私自身は、周りにいる人々、特に私と同世代の大学生を見ている限り、「日はまた沈むのではないか?」としか不安になってしまう。いまだに「大手に就職したい。大手なら安心だし、格好いい。」と言って、手当たり次第に何十社も就職試験を受ける大学生が大勢存在している。「俺の夢は○○だ」と意気揚々と宣言しているのに、実際は何もしていない人がなんと多いことだろう。

このBlogを見ている受験生に一度警告しておきたい。「一流大学に合格することは所詮社会への入場券に過ぎない」のだ。英語もしゃべれず、財務の知識もないただの一流大卒などに市場価値はない。単純作業しかできないホワイトカラーは永遠に年収300万以下しかもらえない。


-Everything changes-

世の中のすべての物事は常に変化している。「格差社会が正しいか、正しくないか」・・・その答えがどちらなのか私にはわからない。ただ一つわかっているのは「格差社会がくるのは避けられない」、そして「それと共に我々も変わらなければならない」ということだけだ。

日本に現代の国際社会の流れを変えることは不可能だ。ましてや個人にそれが無理なのは言うまでもない。次の運命を決める要素は、紛れもなく「変わっていく時代に自らを合わせられるか否か」ということだ。

大学受験もこの例外ではない。時代の変化を捉えきれずに「一流大 にいけば、あとは遊んでいていい」と思っている受験生は間違いなく時代に取り残される。ましてや「大学名なんて関係ない」とか言って適当な大学に入っていく受験生の未来など言うまでもないだろう。


-Sense of crisis-

私を含め、今の若者に一番欠如しているものは「危機感」ではないかと思う。少々の貧富はあれ、我々はほとんど何の苦労もせずに高校、大学へと進学してきた。金がなければバイトを頑張れば普通に生活できる。周りを見渡しても、皆自分と似たような状況。「結局は何とかなるだろう」という思考が身に染みている。日本という小さな国家だけで考えていると、ゼロ金利で少子高齢化という異常な社会体制の中にいるというのに「危機感」などまったく出てこない。

しかし、現実は違う。我々は複雑な国際社会の中で生きている。国という垣根は日に日に小さくなり、ボーダレス社会が徐々にその姿を露にしている。「日本でなければならない」という理由など皆無だ。

今現在は確かにインドや東欧は貧しいが、それらの国の若者たちは日々死に物狂いで勉強している。果たして日本人は彼らに勝てるだろうか?このままではほとんどの日本人はいつか単なる「文句を言わない労働者」になってしまわないだろうか?

一年前に何の「危機感」も抱かず大学に入った私自身、そのことがいかに愚かだったのかを今強く感じている…


:前 HOME 次:
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/230-6c83567e

0件のトラックバック

14件のコメント

[C7589]

少子高齢化社会。

日本の1500兆もの個人金融資産の80%は50歳以上のモノを買わない世代だ。

こんな状況で内需はたいして大きくならない。

つまりグローバル化は避けて通れない。

このグローバル化の波に乗れるかどうかが分かれ目になるのだろう。
  • 2009-11-28
  • ロート
  • URL
  • 編集

[C2695]

上の世代が作った日本国を我々の世代が変えるべきだ。
金欲しさに働くのもいいが、未来の日本自体も考えるべきである。
もし第三次世界対戦が勃発したらどうする?小泉は親米保守派であるから、当然武力など今の日本には一切ない。
そうなれば日本は米国に植民地化されて、結局は我々が苦労して受験戦争で争って来た事は何の意味も持たない。
そうならないように日本という国家の品格も養いつつみんなで頑張りましょ☆ヽ(´ー`)ノ
一浪で東大に入りたい浪人生でした(笑)
  • 2006-05-31
  • ーになお
  • URL
  • 編集

[C2598]

現在、広島市内の高校3年の者です。浅田さんのカキコに対する反応を見まして、昨年「めるみぃ」であった言論統制に似ているという印象を持ちました。うちの高校でも話題になり、担任が「Z会は、こんなじゃなかったのに、変わった」と驚いていました。いつもG 戦士さんの記事を読ませて頂いていましたが、今回の記事の「危機感」のお話には、煽動的なものを感じました。僕は受験生ですが、危機感はまだありません。昨年東大に入った先輩も危機感は、それ程抱かなかったと言っていました。大切なことは、危機感ではなく
キムタツ先生が言う、夢に向かって進むことではないでしょうか?危機感からは、何も産まないと思いました。創造性が発揮されるのは、リラックスした時、豊かな時だからと思うからです。
  • 2006-05-17
  • ケルナック
  • URL
  • 編集

[C2594]

社会に出たら平等に扱われる。つまり、

>「一流大学に合格することは所詮社会への入場券に過ぎない」のだ。英語もしゃべれず、財務の知識もないただの一流大卒などに市場価値はない。

と、いうことだ。
一流大学でも、大学で何も得ることの無いまま「俺の夢は○○だ」と言いながら、手当たり次第に何十社も就職試験を受ける大学生が大勢存在している。
という現状がある。

そういう奴等は、上記にもあるように、社会では使えないホワイトカラーだ。

誰も大手に就職すること自体を批判してない。
少なくとも僕はそう解釈している。
ただ、
度を過ぎた書き込みというのは、僕のこのような書き込みであろうから、今後は控えます。


  • 2006-05-15
  • 螽太郎
  • URL
  • 編集

[C2593]

>いまだに「大手に就職したい。大手なら安心だし、格好いい。」と言って、手当たり次第に何十社も就職試験を受ける大学生が大勢存在している

とありますが。これは駄目なことなのでしょうか?
中小企業や零細企業よりはマシかと思うのですが。
もう少し詳しく説明していただければ。
  • 2006-05-15
  • pink floyd
  • URL
  • 編集

[C2585]

少子高齢化になったら、若者が減るから労働力が減少して経済成長が低下するし、年金だって老後世代を現役世代が支えるから現役世代の負担が増える。
今よりも確実に我々若い世代の負担は増える。
別に危機感持ってもいいじゃないですか。
精神面で特に。
これからこういう世の中になっていくわけだから、
「今の自分」と比べてみて危機感を持ちましょう、
って事ですよ。数年後は社会に出て行くのですから。

それに精神的にも甘ったれてる奴ばっかでしょ、今の若者は。管理人様は精神的な部分を結構書いてると思う。
君のように大学で学んだ知識だかなんだかを
ただ並べているだけではない。

日本でなければならないことだって、
今現在あるのかないのか僕は知らないけれども、
「変わっていく時代に自らを合わせられるか否か」
この事を次の社会を担う若者たちが出来なければ、
日本でしか出来ないことなんて
インドとかが出来るようになるかもってことでしょ。
精神論だよ。
だから、
今現在は確かにインドや東欧は貧しいが、それらの国の若者たちは日々死に物狂いで勉強している。果たして日本人は彼らに勝てるだろうか?このままではほとんどの日本人はいつか単なる「文句を言わない労働者」になってしまわないだろうか?
こう書いてるんです。

「僕は」、この格差社会の記事を
以上のように捉えましたよ。
それから、
「君」っていう言葉遣いは直したほうが良いと思います。
あなたに対しても「君」と私は言いました。
「君」と言われて嫌だと思ったら、やめるべきですね。
  • 2006-05-13
  • 螽太郎
  • URL
  • 編集

[C2580]

>浅田さん

貴重なご意見ありがとうございました。勉強になるところも多々ありました。


>管理人さんの「格差社会」の記事は、おかしかったです。少子高齢化が何故、異常な社会体制なのでしょうか?そして、何故そこから、危機感が生ずるのでしょうか?少子高齢化の本当の意味を見い出すべく努力をされてないですね。

なにぶん短い記事ですので、そこらへんの記述はしませんでした。そこに焦点をあてるのではなく、あくまで「こういういろいろな問題の存在もあるよね」くらいの意味で使いました。少子高齢化に対して真剣に取り組んでおられる人にとっては、非常に失礼な記述に思えたのかもしれません。すいませんでした。


>マスコミのアジる記事を鵜呑みにしているだけのように思います。

これについては完全に否定します。私もマスコミのアジる記事は大嫌いです。ほとんど見ませんし、またそれを受け入れることもありません。私の文が浅田さんにとってそのように感じるものであったのかと思いますが、「推定」でそのように何度も言われるのは、議論面というかマナー面でよくないと思います。


>国際化について、日本でなければならない理由が皆無なのは、君個人の問題でしょう。日本でなければならない理由なんてたくさんあります。

少し言い方がまずかったようです。すいません。「日本と同じ役割をどこかの国が果たせるようになれば、当たり前のことですが、その役割は別に日本がやる必要はない」という意味で使ったのです。今現在の日本全体の状況について述べているものではないです。誤解を招きやすい表現だったかもしれません。すいません。


>本当に危機感を抱かれているのなら、11月の学祭でキャンペーンをするとか、シンポジウムをきかくするとか、実際に行動なさるのが大切と思います。

私の言う危機感と言うのは「日本に対する危機感」ではなく「自分自身に対する危機感」です。
また、正直いうと、それらの行動に自分の時間をたくさん使うほどの意味というか効果などないと思っています。「自分で気づくしかないだろ」くらいの、真面目な人からしたら、単なる投げやりとしか思えないような考えをしてます。

[C2578] 危機感って

管理人さんの「格差社会」の記事は、おかしかったです。少子高齢化が何故、異常な社会体制なのでしょうか?そして、何故そこから、危機感が生ずるのでしょうか?少子高齢化の本当の意味を見い出すべく努力をされてないですね。例えば、今年の世界銀行白書読みましたか?あるいは、WHOのレポート目を通しましたか?マスコミのアジる記事を鵜呑みにしているだけのように思います。これから入学する受験生のためにもきちんと、科学的に、学問的に考察を重ねて論じて頂きたいです。

また国際化が進んでいると言っていますが、そんなものは、約20年前のウルグアイランドから言われています。国際化について、日本でなければならない理由が皆無なのは、君個人の問題でしょう。日本でなければならない理由なんてたくさんあります。コミュニティの構成、欧米のみならず、アジア諸国にとっても有力な市場なのですよ。それを放っておく手はありません。
 君が、深刻な危機感を抱いているのか、呑気な危機感なのかわかりませんが、例えば、我が国の3歳児~5歳児の死亡率は、先進国の中でトップレベルの高さにあります(WHO'05の白書)。主原因は、小児科医の不足による小児救急のシステムの崩壊です。また、御存知の通り、産科医や脳外科医等が、医療訴訟が多いために、深刻な医師不足になっているようなことこそ、日本社会の危機と言えるのではないでしょうか?
何故なら、健康に直結し、日常生活に基づくものだからです。
 さらに申し上げれば、「危機」という言葉は、マスコミが好んで使用します。雑誌「現代」「諸君」「世界」などで、30年以上前からずっと「日本の危機」と書かれてきました。日本は、ずーっと危機なのですよ。ちなみに慶応義塾の創始者、福沢諭吉は、明治の30年頃に「近頃の学生は、英語ができなくなった」と嘆いておれれました。
 単なるアジ演説に終わるのは、2流3流のすることです。本当に危機感を抱かれているのなら、11月の学祭でキャンペーンをするとか、シンポジウムをきかくするとか、実際に行動なさるのが大切と思います。そうでなければ、君がおっしゃった「『俺の夢は○○だ』と意気揚々と宣言しているのに、実際は何もしていない人がなんと多いことだろう。」という事が、単なる愚痴に終わってしまいます。
  • 2006-05-13
  • 浅田
  • URL
  • 編集

[C2577]

>>「格差社会が正しいか、正しくないか」・・・その答えがどちらなのか私にはわからない。ただ一つわかっているのは「格差社会がくるのは避けられない」、そして「それと共に我々も変わらなければならない」ということだけだ。

日本に現代の国際社会の流れを変えることは不可能だ。ましてや個人にそれが無理なのは言うまでもない。次の運命を決める要素は、紛れもなく「変わっていく時代に自らを合わせられるか否か」ということだ。

この部分に感銘を受けました。
こういった記事も今後も書いてください。
勉強になります。

京大生でも危機感の無い人や口だけの人
もいるのですか?
  • 2006-05-13
  • pink floyd
  • URL
  • 編集

[C2499]

>螽太郎さん

自分の意見を持つということはすごく大事だと思います。あと、感覚も論理と同様に人間を形作る重要な要素ですから、そういう意見も大切だと私は思います。ご意見ありがとうございました。


>masahiroさん


>藤原正彦氏が「国家の品格」でおっしゃってたようにアメリカは国民の学力が下がっても、富があるからそれを求めて各国から1流の研究者とかがやってくるから、国が衰退することは恐らくないが、一方日本は…。

国家の品格…話題になってますよね。書店で20分だけ読みました。

>中国やインドなど発展を考えると、今のままだと日本もそれらの国に取って代わられるような未来が容易に予想できて、不安になります。

その不安って大事な感覚だと私は思ってるんです。


>ニートやフリーターの問題も今はまだはっきりとその深刻さを示していないものの、ニートの親が亡くなったときや、フリーターが30歳後半くらいなったときに大変なことになるでしょうね…。

今の社会構造は完全に壊れるでしょうね。避けられないと思います。


>今の日本は非常に憂くべき状態にあるように思います。

「それを変えるのが日本の若者だ!!!」と強く叫べるようになりたいです 笑



[C2487]

このような記事は小論文のネタとして役立ちますね。
ポストモダンなどにもついてやると国語の読解に役立つかもしれません。
ブログの更新は大変だろうが頑張ってください。

[C2482]

 半年ほど前からこのブログを拝見させてもらってるYです。
 G戦士的合格体験記なんかを読んでて思うんですが、G戦士さんの書いた文章は明晰で読みやすく大変面白いです。参考書の紹介も拝見させてもらっていますが(あくまで参考程度に、ね)、無理にそれにこだわらずにG戦士さんが楽しいと思えるように続ければいいと思います。
 なんて偉そうな事書いてすみません(笑)

[C2479]

こういう記事は本当に参考になります。
藤原正彦氏が「国家の品格」でおっしゃってたようにアメリカは国民の学力が下がっても、富があるからそれを求めて各国から1流の研究者とかがやってくるから、国が衰退することは恐らくないが、一方日本は…。
中国やインドなど発展を考えると、今のままだと日本もそれらの国に取って代わられるような未来が容易に予想できて、不安になります。
ニートやフリーターの問題も今はまだはっきりとその深刻さを示していないものの、ニートの親が亡くなったときや、フリーターが30歳後半くらいなったときに大変なことになるでしょうね…。
今の日本は非常に憂くべき状態にあるように思います。

[C2478]

こういう記事は貴重ですし、大好きです。
総人に行けばこういうことも学べるんでしょうかね。
僕はこういうの大好きでこういうこと大学でも論文にしたりしたいんです。なので受験期間中とは言っても、
僕の妄想を書かせていただきます。
どっかで論理論理といっておきながらも、
全て感覚で物言わせてください。
日本国内の格差社会はともかくとして、
地球規模で格差世界になっているような気がします。
ヨーロッパに比べると、日本やアメリカは大きく格差を付けられているんではないでしょうか?
「アメリカと一緒に日本は衰退していく。」
これは勘ですが僕の予想です。
特に日本はマジでヤバイんじゃないでしょうか?
日本人だけなんですよね、日本語喋るのは。
日本で美徳とされている婉曲法、奥ゆかしさなどは
欧米では気持ち悪いと思いますよ。だいたい、
「はっきり言わないことが美徳」って、
意見ははっきり言ったほうがいいと思いますね。
「ビミョ~」なんてのは逃げですね、自分の意見をはっきりさせない。そうしないと友人関係がどうとかこうとか関係ないですよ。これからの時代はっきり自分の意見をいうべきです。そうしないと結局、周りに流されることになるのではないでしょうか。と僕は思います。
だいたい、日本の美徳ってコマーシャルくらいじゃないでしょうか?めちゃ婉曲、てか想像力つかいますよ。
日本は独特な国ですね。でも、
独特な国は常にトップでなければ、
ただの孤独な国になってしまうのでは
ないでしょうか?
感覚で書きましたし、思いっきり婉曲しました(笑)
皆さんスルーで。趣味なんですこういう妄想が。
  • 2006-04-27
  • 螽太郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。