Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/212-a1e8a931

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

漢文句形ドリルと演習

漢文句形ドリルと演習漢文句形ドリルと演習
高橋 健一 寺田 るり子 藤堂 光順


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめ学力レベル


偏差値40  ★★★★☆
偏差値50  ★★★★★
偏差値60  ★★★☆☆
偏差値70  ★☆☆☆☆


こんな人にお奨め


・区形をある程度理解したが、実際に身についているか不安な人
・演習をやっているが、適当に解いてしまっている人
・学校の授業と並行して一歩リードしたい高校1,2年生


理解→暗記→演習


既に何回も言ってることだが、受験勉強は常に「理解→暗記→演習」という段階を踏む必要がある。理解なき暗記は意味がないし、暗記なき理解もまた点数には影響がない。また、演習の重要性はもはや言うまでもないだろう。

漢文の場合、区形などの基本知識の「理解」は非常にカンタンだが、それを実際に使うことが出来る「暗記」をするのが難しい。「演習」はセンター試験の過去問や対策本をすれば十分だが、その前の段階である「暗記」をするための参考書が非常に少ない。本書はその「暗記」を実行するのに非常に向いている。地道な作業になるが、必ず必要になってくることなので、基礎知識の運用に自信がない人はぜひやってみてほしい。


具体的使用法


① まず基礎知識の確認を実施する。ここは非常にカンタンなので、軽く流す程度でやってほしい。具体的には、あまり書くことに意識はおかず、随時省略しながらやるといい。

② 次に練習問題2つを解いていく。問題といってもそれほど難しいものではなく、基礎知識の確認が目的なので、気負うことはない。◎○×勉強法で間違った問題を随時チェックするようにする。

③ 1通り終了したら、◎○×勉強法を使った問題を復習していく中で基礎知識を暗記していく。大体全て◎になったら「演習」段階へ移る。

*「理解」のための参考書を一冊終えてからやると非常に暗記がスムーズになる。また、本書使用中は随時理解用参考書に戻るといいだろう。


:前 漢文メニュー 次:
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/212-a1e8a931

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。