Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/207-8a4814a9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C8464]

I found the people of japan complex at the japanese goverment
because I care about speaking
but I think japan dislike to apologize to someone
because japanese people is shy

question1

why do i care about speaking?

as a result what do i happen
1 I leave in japan
2I think (Hazukasiyagari)
3young people is shy
  • 2012-07-06
  • 自慢大好き 夢(北里)
  • URL
  • 編集

[C7899]

とても参考になりました!
ありがとうございます!!
  • 2010-09-08
  • Sayaka
  • URL
  • 編集

[C5575]

すごいためになりました(^O^)

早稲田スポーツ科狙ってます!
英語固めないと!頑張ります(^^ゞ

[C4804] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4802]

冒険さん。
それを聞いてどうなるんですか?
あなたはたぶん 大丈夫ですよ って言ってもらいたい
だけですよ。
あなたががんばればいけるし、がんばらなければ
いけないだけのことです。
実際あなたは先生から難しいと聞いても、
諦めてないですからね。
あなたは、人の意見を聞きたいんじゃないです。
大丈夫という一声で 前に進みたいだけなんですね。
努力するしかないです!がんばって!
  • 2007-08-21
  • 夢じゃない
  • URL
  • 編集

[C4801]

こんにちは、最近このサイトを発見しました。たくさん見て為になっています。僕は高校から私学に入学しました。東大文科1類を目指しています。ところでここから悩みがあるのですが、高校から3年間だけで(クラブをしながら)行けますでしょうか?ほとんどの先生に「クラブしては難しいよ」と言われます。過去に必死に勉強して、それで浪人して受かった先輩がいます。そうですがとても不安なのです。どうでしょうか?

[C4108]

はじめまして!このサイトの大変実践的な勉強法は、本当に為になります!
ここで質問なんですが、僕の場合、英語はセンターだけで二次では使いません。「英語は総合的に勉強すると良い」とのことですが、センターだけの場合でも書く練習、つまり英作文の練習は必要でしょうか?
  • 2007-01-02
  • るる
  • URL
  • 編集

[C2579]

名古屋大学工学部志望三年です
二次対策として伊藤和夫の 英文解釈の本を薦められました。
しかし改訂版やビジュアル、基礎等いろいろあって迷っています。それぞれどのように違うのでしょうか?
  • 2006-05-13
  • とうふ
  • URL
  • 編集

[C2074] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2070]

そのとおりですな。素晴らしい。

「使える英語」などというお膳立ては不要ですな。どうも世の中には、受験英語と実用英語をどうしても分けたがる受験コンプの方が多くて困ります。
受験のために総合的な英語学習を心がけるようにすれば、必要な能力はおのずとついてくる、そう思います。
  • 2006-03-08
  • 知神を崇拝する者
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

英語勉強法のアウトライン

英語勉強力―成功する超効率学習 (CD book)
青谷 正妥
DHC
売り上げランキング: 77137

 まず最初に断っておくが、私の英語勉強法は、青谷教授の理論(英語勉強力にて解説)を参考に作成したものである。私のオリジナルでも何でもなく、先生の著書を頼りに、ごくごく一般的な理論から受験生に伝えるべきところだけを抽出したものである。より詳しく知りたいと思った方は先生の書かれた英語勉強力を読むといいだろう。しかし基本的には、受験生は理論を正確に知る必要は全くなく、大抵の高校生にとって本書はむしろ有害である(本質を理解できず、方法論ばかりに傾斜してしまうだろう)。

 まずはじめに結論から言おう。英語の勉強の戦略は以下の二つに収束する。

多様性ある勉強法 ――右脳的・左脳的英語力
単語・文法・構文を中心としたルールの理解(左脳的英語力)と、ひたすら量をこなして英語の感覚を手に入れること(右脳的英語力)。その双方をバランスよく組み合わせた多様性ある勉強を実施すること。
4技能の組み合わせ ――読・書・聴・話の4要素の相乗効果
読解やリスニングばかり勉強する等といった偏った勉強を避け、英語の4技能である読・書・聴・話の全ての要素についてバランスよく勉強すること。そして一つの勉強の中で、できるだけ多くの要素を鍛えることを意識することによって、各要素が相互に好影響を与え合い、結果的に総合的な英語力を伸ばすこと。


多様性ある勉強法 ――「左脳英語力」を土台に「右脳英語力」をつけろ


 「英語ができる」とは一体どういう状態を指すのだろうか? 単語や文法などの知識量が多いことを指すのだろうか? それとも長文を正しく読解できたり、リスニングを漏らさず聞き取れたりすることを指すのだろうか?
 人によって答えは様々であろうが、一般的には英語力は二つの要素――専門的には顕在的/陳述的知識と潜在的/手続き的知識――で決定されるのだという。まあ何のことだかさっぱり分からないと思うので、より分かりやすいように勝手に私が名前を変えてみるが、英語力は、①左脳的英語力と②右脳的英語力の二つの要素に分けることができる。

 ①左脳英語力とは、自分でどういうものか説明できる知識のことである。例えばtheとaの違いを説明できる文法力は、左脳英語力である。ただ、当然ながらこれだけが英語力ではない。どんな馬鹿なネイティブだろうと(スペルさえ書けない文盲だろうと)、流暢に英語が喋ることができるのだから。
 左脳英語力だけでは説明できないもうひとつの英語力を、②右脳的英語力と呼ぼう。これは、自分では上手く説明できないけれど何故か使えてしまう知識のことである。知識というよりは技術といったほうがいいかもしれない。物理法則を知らずとも二足歩行ができるのと同じように、なぜかはよくわからないがaとtheを自然に使い分けることができている。そんな能力のことである。

 「日本人は文法は分かっているけどちっとも喋れない」という批判をこの文脈で解釈すると、「日本人は左脳英語力はあるが右脳英語力はない」と、逆にアメリカ人の子供なんかは右脳英語力しかないといえるだろう。
 しかしだからといって、「日本人に足りないのは右脳英語力なのだからとにかく英語を読みまくり聴きまくれ」と言いたいわけでは決してない。純ジャパニーズがただひたすら英語を聞いても全く効果はない。幼児と大人は違う。しっかり文法を理解したうえでないと、文章を読解することなど無理だし、単語の意味を知っていないと、そもそも英語など只の雑音である。

 最も効率的な勉強法とは、左脳英語力を土台にして、右脳英語力をつけてゆくことである。これは受験英語だろうが実践英会話だろうが変わりはない。例えば、本当の英文法の力は文法書だけではつかない。ルールを理解(左脳的理解)したあとはひたすら英文を読み込んだり、実際に英作文の中で使ったりしながらこれを定着させて(右脳的理解)はじめて真の英文法を身につけたといえるだろう。読解であっても同じことだ。構文を分解できる(精読)だけでなく、長文を全て読んだ後に大意をなんとなく把握できる(多読)ことも重要だ。


総合的勉強法 ――読・書・聴・話の4要素の相乗効果


 いくら読解の配点が高いからといって長文対策だけしていても力はつかない。いくら文法問題が出ないからといってまるっきり文法をやらないのではいけない。……
 そう、我々は読・書・聴・話の全てを絡み合わせながら鍛えていかなければいけない。実は、どの分野を学習するときであっても、「読、書、聞、話」の全ての要素を少しでも活用していくほうが近道なのだ。

 総合的に勉強する最大の利点は、一言でいうなら、「互いの分野の能力を高めあうことができる」からだ。かなり極端な例だが、声に出して発音することがない文字を読んでいる英文読解を想像してみてほしい。頭の中に音声がない読解…ただ記号と意味を受け取るだけの作業だ。少し考えただけでも、読むという作業をするとき、いかに他の分野に助けてもらっているかが分かるだろう。

 また、長文の中にしっかり読むことのできない単語があったとき、たとえ意味の分かるものであっても、読む動作が一瞬とまるのだという。これは速読にかなりの影響を与える。つまり、長文読解を早くするには、ただひたすら黙読するだけではダメで、実際に声に出して読めるようにならなければならないということだ。

 他にも、英作文の中で文法ミスを訂正することで文法の理解が深まったり、読んだ例文を英作文に生かしたりするなど、四分野はそれぞれ密接に助け合っている。四分野がお互いを高めあっていくことで、ひとつに特化して勉強するよりも最終的には断然上の実力をつけることができるのだ。


両者を組み合わせる


 左脳的英語力と右脳的英語力をバランスよくつけること。読、書、聞、話を総合的に学習すること。このふたつを組み合わせると例えば次のようになる。
 リスニングの勉強としてCDを聞くとしよう。まず、重要な構文を一文しっかり理解できること(精聴)を行う。そしてそれとほぼ同時進行で、一文であれば簡単なレベルの長い文を大量に聴く(多聴)。更に答え合わせついでに、CDに付属しているScriptをざらっと読み大意を把握し(多読)、分からない構文についてはしかりと構文分解して理解をする(精読)。
 読・聴を相互に絡み合わせながら、右脳的英語力と左脳的英語力を共に高めてゆく理想的な勉強方法である。


注意:志望校対策も忘れてはいけない


 ここまでの記事を見て「どこの大学受けるにしても勉強法を大体同じだ」と思われたかもしれないが、決してそうではない。確かに基礎となる英語力は総合的に伸ばしていく必要があるだろう。しかし直前期の問題演習や暗記は必ず志望校の傾向にあわせなければならない。つまり、鍛えてきた英語力を志望校用にアレンジしてやることを忘れてはならない。あくまで当面の目標は大学入試なのだから。

 特に入試が近づいてきたらこの意識は大事だ。細かい英文法を聞いてくる大学なら、英文法参考書を一冊仕上げる。超長文を出す大学なら、長文問題を速読で解いていく。傾向に合った対策をするわけだ。

 結論:読・書・聴・話の4要素をバランスよく、それも右脳的・左脳的英語力を意識した多様性ある勉強法で鍛えていくこと。もちろん最後の志望校対策も忘れずに!


英語の学習について:前 英語入門メニュー 次:英語は英作文から
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/207-8a4814a9

0件のトラックバック

10件のコメント

[C8464]

I found the people of japan complex at the japanese goverment
because I care about speaking
but I think japan dislike to apologize to someone
because japanese people is shy

question1

why do i care about speaking?

as a result what do i happen
1 I leave in japan
2I think (Hazukasiyagari)
3young people is shy
  • 2012-07-06
  • 自慢大好き 夢(北里)
  • URL
  • 編集

[C7899]

とても参考になりました!
ありがとうございます!!
  • 2010-09-08
  • Sayaka
  • URL
  • 編集

[C5575]

すごいためになりました(^O^)

早稲田スポーツ科狙ってます!
英語固めないと!頑張ります(^^ゞ

[C4804] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4802]

冒険さん。
それを聞いてどうなるんですか?
あなたはたぶん 大丈夫ですよ って言ってもらいたい
だけですよ。
あなたががんばればいけるし、がんばらなければ
いけないだけのことです。
実際あなたは先生から難しいと聞いても、
諦めてないですからね。
あなたは、人の意見を聞きたいんじゃないです。
大丈夫という一声で 前に進みたいだけなんですね。
努力するしかないです!がんばって!
  • 2007-08-21
  • 夢じゃない
  • URL
  • 編集

[C4801]

こんにちは、最近このサイトを発見しました。たくさん見て為になっています。僕は高校から私学に入学しました。東大文科1類を目指しています。ところでここから悩みがあるのですが、高校から3年間だけで(クラブをしながら)行けますでしょうか?ほとんどの先生に「クラブしては難しいよ」と言われます。過去に必死に勉強して、それで浪人して受かった先輩がいます。そうですがとても不安なのです。どうでしょうか?

[C4108]

はじめまして!このサイトの大変実践的な勉強法は、本当に為になります!
ここで質問なんですが、僕の場合、英語はセンターだけで二次では使いません。「英語は総合的に勉強すると良い」とのことですが、センターだけの場合でも書く練習、つまり英作文の練習は必要でしょうか?
  • 2007-01-02
  • るる
  • URL
  • 編集

[C2579]

名古屋大学工学部志望三年です
二次対策として伊藤和夫の 英文解釈の本を薦められました。
しかし改訂版やビジュアル、基礎等いろいろあって迷っています。それぞれどのように違うのでしょうか?
  • 2006-05-13
  • とうふ
  • URL
  • 編集

[C2074] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2070]

そのとおりですな。素晴らしい。

「使える英語」などというお膳立ては不要ですな。どうも世の中には、受験英語と実用英語をどうしても分けたがる受験コンプの方が多くて困ります。
受験のために総合的な英語学習を心がけるようにすれば、必要な能力はおのずとついてくる、そう思います。
  • 2006-03-08
  • 知神を崇拝する者
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。