FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学受験勉強のアウトライン

「理論」の抜け落ち


化学は理科の中でも暗記科目というイメージが強い。苦手な人も得意な人も一生懸命暗記をしようとする。しかし、それでは苦手な人はいっこうに状態がよくならない。なぜなら、化学の苦手な人の大部分は、暗記うんぬんという以前に本当に基本的なところでつまづいているからだ。

では、その本当に基本的なところとはどこだろうか?それはズバリ理論化学だ。モルの概念や比の概念がぬけおちているのだ。どれだけ暗記をしてもちょっとでも応用されると解けなくなってしまっているのだ。


まずは理論を「理解」してから


そこで、化学に少しでも苦手意識を抱えている人は今勉強している分野から手をひいて理論化学の基礎までたちかえる必要がある。英語や数学と違い、中学校まで返る必要はないので、それほど多い分量になることはないはずだ。繰り返すが、理論の理解なしに化学の高得点は有り得ない。理論を固めることこそ合格への一番の近道なのだ。


有機と無機を完全暗記


理論の基礎を理解したら、すぐに有機と無機の暗記にとりかかる。理論さえ理解しているなら、はっきり言って暗記だけでこのふたつはどうにかなる。もちろん、演習を通してOUTPUTしながら暗記していかねばいけないし、より要領のいい勉強法で暗記すべきではあるが、とにかく必要事項を徹底的に暗記しなければいけないということを覚悟しておいてほしい。


網羅型参考書で「解法暗記」


大体、INPUTを終えたら入試で出る問題パターンを網羅した問題集で解法暗記に入る。時間的余裕がない場合はそれまでの参考書の例題の復習を徹底すべきだが、難関大で差をつけたいなら絶対にこの過程を踏むべきだ。化学で他の受験生に確実に差をつけられる安定した実力が身につく。また、この時、辞書本を使って適宜知識の穴埋めをしていくのも効果的だ。


アウトライン


1.理論化学の基本を完全理解する
2.有機、無機を暗記する
3.網羅型参考書で解法暗記する
4.適宜辞書本で知識を補充する


:前 化学メニュー 次:

コメント

ああああ

ぶちを

>ピーさん
通りすがりでスミマセンが…

セミナーのほうがいいと思いますよ~

ピー

こんばんは。今高2で春休みに化学Ⅰの総復習をしたいと思っているのですが、セミナーの基本問題をやるのと河合塾シリーズのらくらくマスター化学(ご存じでしょうか?)をやるのとどちらがよいでしょうか?
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。