Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/16-1b86ab03

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

マドンナ古文 和歌の修辞法

和歌の修辞法―荻野文子の特講マドンナ古文
荻野 文子
学研 (2004/03)
売り上げランキング: 39,598

お奨め学力レベル


偏差値40  ★☆☆☆☆
偏差値50  ★★☆☆☆
偏差値60  ★★★★★
偏差値70  ★★★★☆


こんな人にお奨め


・東大京大受験生
・和歌が頻出の大学志望の人
・和歌問題をほとんどフィーリングで解いている人


和歌は論理的に解く


和歌というと芸術的なイメージが強いために勝手に想像を膨らませて解く人が多い。そのため、「和歌はやってもやらなくても変わらない。その分、文法や単語に時間をまわせ」という考えが主流になってしまっている。古文が得意な人でも和歌に苦手意識を持っている人は多い。

しかし、実は和歌は非常に論理的に解くことができる。たとえば掛詞は「必死にふたつの意味をもつ単語を見つける」のではなくて「意味的にふたつの意味をもっていないとおかしい部分を見つける」ことによって驚くほど簡単かつ確実に解くことが可能なのだ。そして、その方法論を具体的に示しているのが「マドンナ古文 和歌の修辞法」なのだ。


難関大は和歌が大好き


東大や京大などの難関大は高確率で和歌の問題を出題する。なぜなら、和歌の問題は非常に差がつくからだ。東大京大受験生に基本的な文法問題を出しても記念受験生を排除することしか出来ない。しかし、たとえ東大受験者といえども、こと和歌の問題になると、できる人とできない人の差がはっきり出る。論理的に解く人は高得点をとるが、フィーリングで解く人はほとんど0点しかとれない。しかも、0点に近い人の方が高得点をとる層よりも遥かに多いし、問題自体の配点もものすごく高い。そのため、和歌ができる受験生はかなりのアドバンテージを得ることが可能だ。難関大受験者は絶対に和歌を徹底対策すべきなのだ。


具体的勉強法


① 一通り通読する。

② もう一度通読する。この際、覚えるべき事項は暗記カードにしておく。本文を参考にして暗記カードには簡単に書き込みをしておく。例題については◎○×で記号をつけておく。

③ 3BOX暗記カード勉強法◎○×勉強法で復習する。

*注意 時間が無い場合は掛詞だけを一気に集中して行うだけでもよい。それだけで全然得点が違ってくる。


マドンナ古文:前 古文メニュー 次:頻出出典を制覇する
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/16-1b86ab03

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。