Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/145-23dcef39

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2235]

>G戦士さんはどのような対策をされたのでしょうか?

Z会の添削ですね。ほとんど。


>また、国語の添削(進研の「√K」等)は受ける価値はあるのでしょうか?

国語が一番受ける価値があると思います。自己採点が難しい科目ですし、模試の採点もめちゃくちゃなんで。学校の先生もしくは添削を利用しないと、なかなか客観的かつ正確な採点、指導は受けられないとおもいます。

[C2204]

 さきほどもコメントさせて頂いたばかりなので、連続して申し訳ないですが。。。

 純粋に古文なのかどうか分かりませんがG戦士さんの「合格体験記(京大1日目)」のなかに「文語文はしっかり対策したのに、今年も小説からの出題か。」風の記述がありました。最近は出題頻度が下がってきているので「文語文対策の効果は薄い」と僕は勝手に分析しているんですが、G戦士さんはどのような対策をされたのでしょうか?

 また、国語の添削(進研の「√K」等)は受ける価値はあるのでしょうか?

 またまた答えにくい質問をしてしまって申し訳ないですが、よろしくお願いします。

[C1013] あけましておめでとうございます!

今年もよろしくおねがいします

[C1012] あけましておめでとうございます^^

リニューアル企画が快調に進んでますね。
楽しく(?)読ませていただきます^^

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

古文は「差」がつく

「得意不得意」


古文は数学と同じくらい得意不得意がはっきり出る科目だ。得意な人は満点近くをとるし、不得意な人は全く点が取れない。ある程度暗記要素が強いにもかかわらず、その傾向が出る背景にはいわゆる「文学少女(少年)」な受験生と「古文アレルギー」な受験生の存在がある。


「文学少女」


あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット
大和 和紀
講談社 (2001/08/01)
売り上げランキング: 406
おすすめ度の平均: 4.52
5 大学受験に役立ちました!
5 古典がすきになった!!
5 いつまでも色褪せない最高傑作☆

古文は実はかなり過激な内容を含む。平安文学など普通の男女の交わりどころか近親相姦的な内容まで平気で出る。文体が古典だから奥ゆかしい感じがするが、中身は少し過激な少女マンガそのものだ。源氏物語が「あさきゆめみし」という漫画になって人気になっていることからもそれが分かる。そして、そのような内容に夢中になる「文学少女(少年)」が少なからず存在する。また、歴史科目が「戦国マニア」や「幕末マニア」対策としてその時代を避けるのに対して、古文はそのまま有名な作品を出してくることが多い。そのため「文学少女」な受験生はかなりの確率で高得点を出してしまう。


「古文アレルギー」


高得点をとる受験生がいる一方でいわゆる「古文アレルギー」な受験生も多い。古典に興味を持たず、高1の段階で古典文法を習得できなかった者の末路は本当に悲惨だ。古文アレルギーへの処方箋で詳しく述べているとおり、何百時間もの貴重な時間をどぶに捨てることになる。


古文は「チャンス」だ


古典は得意不得意が出やすい側面が数学に似ていると前述したが、ある一点で数学とは完全に性質が異なっている。

「暗記」がしめるウェイトが高く、ミスが大量失点につながらないため、古文は数学よりも断然安定力があるのだ。人に差をつけれて、なおかつ安定力があり、確実に点数を計算することができる。こんなおいしい科目はそうない。英語や数学だけでなく、古典にも目を向けよう。通常より遥かに短時間で合格点に近づけるはずだ。


:前 古文メニュー 次:古文アレルギーへの処方箋
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/145-23dcef39

0件のトラックバック

4件のコメント

[C2235]

>G戦士さんはどのような対策をされたのでしょうか?

Z会の添削ですね。ほとんど。


>また、国語の添削(進研の「√K」等)は受ける価値はあるのでしょうか?

国語が一番受ける価値があると思います。自己採点が難しい科目ですし、模試の採点もめちゃくちゃなんで。学校の先生もしくは添削を利用しないと、なかなか客観的かつ正確な採点、指導は受けられないとおもいます。

[C2204]

 さきほどもコメントさせて頂いたばかりなので、連続して申し訳ないですが。。。

 純粋に古文なのかどうか分かりませんがG戦士さんの「合格体験記(京大1日目)」のなかに「文語文はしっかり対策したのに、今年も小説からの出題か。」風の記述がありました。最近は出題頻度が下がってきているので「文語文対策の効果は薄い」と僕は勝手に分析しているんですが、G戦士さんはどのような対策をされたのでしょうか?

 また、国語の添削(進研の「√K」等)は受ける価値はあるのでしょうか?

 またまた答えにくい質問をしてしまって申し訳ないですが、よろしくお願いします。

[C1013] あけましておめでとうございます!

今年もよろしくおねがいします

[C1012] あけましておめでとうございます^^

リニューアル企画が快調に進んでますね。
楽しく(?)読ませていただきます^^

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。