Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/140-0f2b8f9e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C5268]

GOGOさん、

参考書をぱらっと読んで、その上でやるべきと思えば、やってください。

あと少しきつい言い方になりますが、この程度のことであれば、ご自分で考えて、それもその場ですばやく「決断」していくくらいの要領は覚えるべきだと思います。
  • 2008-04-21
  • 管理人G戦士
  • URL
  • 編集

[C5257]

すいません見落としてました。
書いてありましたね…
センターⅠAのみの場合は数式、関数、図形三冊共やる必要ありますか?

[C5255]

はじめまして。
ブログ参考にしています。
中学数学を復習できる参考書は何が良いのでしょうか?
ブログを見たところ具体的な参考書名までは書いてなかったので、よければ教えて下さい。
またセンターのみの場合は中学数学→初めから始める→元気が出る→センター対策でよろしいでしょうか?

[C5254]

そもそも合格できるかできないかわかったら、受験勉強そのものが意味不明になりますね。
ありがとうございました。合格したら僕もこのようなブログを作れるよう研究していきたいです。まず合格ですけど。

[C5253]

>くつくさるさん

コメントありがとうございます。質問にお答えします。

>赤本を早い段階で解く、ということと合格までの距離を定量的に計れるというのは矛盾しているのではないかということです。

矛盾していないと考えています。というのも、我々の目的は、「正確に」定量的に計ることではなく、あくまで「早期に」定量的(大体でもいいので)に計ることだからです。直前期に実力を「把握」することで得られる効用は、1年前のそれと比べてかなり小さいと思います。


>なぜなら、赤本で本当に力を図ろうと思ったら本番と同じような時間割と緊張感のもとに実施し、成績の波の出方を確認するために何年分も解かなくてはいけないからです。

おっしゃることはよく分かります。しかし、繰り返すことになりますが、直前期に定量的に計ることができたとしても、それに意味はほとんどないと思われます(一ヶ月やそこら前に実力が分かったところであまり意味はない。むしろ直前期はとにかく勉強しまくる意識があるから良し)。


>ただ、いくら本番に近づけようとしても過去問は過去問です。よって僕は京大オープン、京大プレなどの偏差値のほうがもっともよく大学への距離を測れる手段だと思います。

これについては他記事で、直前期は「プレ問題」をやるように書いております。
http://jukennavi.blog13.fc2.com/blog-entry-28.html

直前期は、実力を「本番で発揮する」させるための勉強として初見の予想問題を使って慣れておくべきというのが、私の立場です。


>効率のよい勉強を追及したけれど受からなかったという反例です。なので上に書いたことを論破して、単に僕の頭が足りずに落ちたということを証明してくれれば (これだけでは無理ですが)幸いです。

おそらく既に理解していらっしゃると思いますが、私の勉強法には、数多くの反例を挙がることが可能です(笑) 所詮勉強法なんてそんなものです(こんなこと書くとまた無責任といわれるかもしれないが)。ただ、このように勉強法に常に批判精神を持つことは大切だと思います。

それでは勉強がんばってください!

[C5252] 初めて拝見させていただきました。

僕は東大を目指す一浪生です。まだここしか読んでおりませんが、これから時間を見つけて読んでいきたいです。

この記事を読んで非常に失礼ながら感じたことは、赤本を早い段階で解く、ということと合格までの距離を定量的に計れるというのは矛盾しているのではないかということです。

過去問を直前に(もちろん直前に初めて買うでは駄目ですが)解くというのは迷信や伝統ではなく理に適っていると思います。

なぜなら、赤本で本当に力を図ろうと思ったら本番と同じような時間割と緊張感のもとに実施し、成績の波の出方を確認するために何年分も解かなくてはいけないからです。

そのためには解く際の学力を安定させるため短期で、そして本番に極めて近い緊張感を持つことができ、学校の授業に縛られない直前で解いたほうが良いと思います。

ただ、いくら本番に近づけようとしても過去問は過去問です。よって僕は京大オープン、京大プレなどの偏差値のほうがもっともよく大学への距離を測れる手段だと思います。

ただ僕は頭が足りず現役でいけなかった人です。なのでどうか聞き流してください。僕は過去問を去年の四月の段階から一昨年のもの買って解き、効率のよい勉強を追及したけれど受からなかったという反例です。なので上に書いたことを論破して、単に僕の頭が足りずに落ちたということを証明してくれれば(これだけでは無理ですが)幸いです。

非常に失礼なコメントになってしまいましたが、お許しください。

[C5249] お願いします。

はじめまして。
いつも拝読させていただいている、早稲田志望の者です。


早速なのですが、質問させていただきます。


自分は英語がかなりの苦手科目です。今は中学の文法からやり直しているのですが、これを理解し終えたら、G戦士さんがお薦めする英作文の参考書をやっても大丈夫でしょうか?

それとも、高校までの文法を理解してからの方がよろしいでしょうか。




長々と失礼しました。
ご指導よろしくお願いします。
  • 2008-04-07
  • ルーキー
  • URL
  • 編集

[C2678]

いつもお世話になってます


志望校(高校)の過去問を解こうと思っているのですが、私の志望校は最近自校作成問題になったので過去問(英数国)の量がとてもすくないのです。(過去3年分)
(理社は自校作成問題じゃないので大丈夫です)

そこでZ会の「入試傾向と対策」だけで、英数国の
傾向を確認し、英数国の過去問は演習用にしても大丈夫ですか?

宜しく御願いします
  • 2006-05-28
  • T野郎
  • URL
  • 編集

[C2505]

ありがとうございます

  • 2006-04-30
  • T野郎
  • URL
  • 編集

[C2493]

>過去問をすぐに解こうと思ったのですが、まだ知らないような所はどうすればよいでしょうか?

傾向をチェックする程度の気持ちで問題文と解答を見る程度でいいと思います。

[C2466] 質問

過去問をすぐに解こうと思ったのですが、まだ知らないような所はどうすればよいでしょうか?
  • 2006-04-25
  • T野郎
  • URL
  • 編集

[C2239]

>残り1年ですが東大を目指すべきでしょうか?

「何故東大に行きたいのか?」「東大を目指すうえでのメリット、デメリットは?」「東大に合格した際のメリット、デメリットは?」

などなどいろいろ考えてみることです。現実をみると、やはり東大に固執して多浪している人もいますし(大抵、根本的に間違っている人が多いですが)。

ただ、大学入試レベルならある程度努力でカバーできると思いますよ。もちろん個人差はありますが。
とにかく自分の信じる道を決めることです。身を任せているだけだと結局早慶もダメっていうことになるかもしれませんし。

難しい問題だと思いますが、ゆっくり考えてみてください。

[C2221]

私はG戦士さんは半年で京都大学に合格し、もともと頭が良かったからじゃないかと最近ネガティブに考えがちです。でも実際、東大京大は並大抵の努力をしないと合格しないですよね・・・。そんなことは十分分かっているのですがやっぱり東大に入りたいなと思っています。今年、予備校に入ることになったのですが東大クラスに入れませんでした。それでも国立のハイレベルなクラスで頑張ろうと決意しました。

・・・と、ここまでは順調だったんですが、正直私立専願で早慶を目指した方が確立は高いんじゃないかと。予備校も正式に国立クラスに申し込んでないですし。前にも言ったと思うんですけど偏差値は50前後です。残り1年ですが東大を目指すべきでしょうか?死に物狂いで勉強する覚悟はあります。

それと現役の時は政経を選択していましたが高得点が望めないので倫理に変えようと思っているんですが大丈夫でしょうか?
  • 2006-03-27
  • 浪人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

偏差値は「比較」に 得点は「目標」に

偏差値は合否と関係ない


 受験勉強法Blogではよくこんな質問を受ける。

偏差値を65くらいに上げるにはどうすればいいでしょうか?
・数学の偏差値が50に届きません。何とか60にはしたいのですが・・・


 偏差値を気にしてしまう気持ちは分かるが、このような思考をしている限り、効率的な勉強はできない。目標をはき違えてしまっているからだ。
 Wikipediaでは偏差値を次のように定義している。

偏差値(へんさち、Standard score)とは、ある数値が母集団の中でどれくらいの位置にいるかを現したもの。

 つまり、偏差値とは、あくまで「相対的な値」に過ぎない。そして注意すべきことに、実際の入試は、偏差値という「相対的な値」ではなく、点数という「絶対的な値」で合否が決まる。偏差値が65になったところで合格する保証は全くないし、50ないからといって不合格になるわけではない。合格点に達すると受かり、達しなければ落ちるのだ。

 たとえば、皆が20点以下で平均点10点のテストを考えてみよう。このテストで30点をとれば偏差値はとんでもないほど高くなる。それこそ80くらいは楽にいくことだろう。しかし、偏差値80という輝かしい数値が合否に与える影響はあまりにも小さい。彼は平均から20点のアドバンテージを得たに過ぎないからだ。もしこのテストが平均点60点のテストであったとしたら、せいぜい偏差値60の80点をとったくらいの効果しかない。何度も繰り返すが、偏差値は合否に関係ない。あくまで点数が合否を決める。


偏差値は実力を「比較」するためにある


 しかしでは何故、こんな合否に関係のない「偏差値」という数字があり、そしてそれを日常的に使っているのだろうか? 実は、その理由には、既に皆さん全員が気づいている。偏差値を使えば、「自分の実力をテストごとに容易に比較できる」のだ。

 たとえば、進研模試で80点、駿台模試で60点を取ったとしよう。このとき、点数が落ちたといって落胆するのが如何に馬鹿らしいことなのかは、容易にお分かりいただけるだろう。一般的に、駿台模試は進研模試よりも数段難しいといわれている。だとすれば、駿台模試の60点は進研模試の80点より価値が高いかもしれない。そしてこのとき、我々は偏差値を見るはずだ。そう、自分のテスト結果を「比較」するために。

 偏差値は時に非常に有用だ。前述したように、前受けたものと全く性質の異なる試験を受けた場合でも、「やってきた勉強がしっかり結果に反映されているか」を見ることができる。だから、模試を受けるたび、点数ではなく偏差値を比較するべきだろう。しかし、繰り返すが、絶対に偏差値を基準に「合否」を論じてはならない。


偏差値信仰を捨て、赤本をやるべし


 繰り返すが、偏差値は自分の実力を「比較」するためにある。しかし我々には、その利用目的を超えて、過度に偏差値という数字を使ってしまう傾向がある。偏差値を上げるためではなく、志望校に合格するための――合格点に達するための――勉強の計画を立てねばならない。

 では、その合否を決める、「得点」という絶対的な値を、我々はどのように利用すればよいのだろうか? 答えは単純明快だ。すぐに「赤本」を買い、過去問を解き、採点し、合格最低点と比較するのだ。一瞬で自分の位置が定量的に掴める。合格までの距離が、正確にわかるのだ。

 もちろん、採点には細心の注意を払うべきだ。特に論述系の問題は採点基準が曖昧であるため、自分では10点中6点だと思っても、本番では4点もとれていないかもしれない。しかしそれでもこの方法以外に志望校との距離を――感覚ではなく数字で――測る方法はない。たとえ百パーセント信頼できるものではないにしろ、次の質問にはどうしても答えておく必要があるからだ。「あと何問、どんな問題を、どれくらいのスピードで解けるようになる必要があるのか……」
 またより正確な数値を割り出すために、できれば採点は学校の先生にお願いしよう。このとき、「これくらいの答案であれば、あとどれくらいとれば合格水準でしょうか」と聞いて、割り出した点数の信頼性を検証してみてもよいだろう。

 なお、蛇足ではあるが、よくある反論――「過去問なんて今は全然解けない」とか「過去問って直前期にやるものでしょ」とか――に答えておこう。過去問は今すぐにやるべきだ。当たり前だが、過去問と同じ問題が出る確率は非常に低い。得点力を最も上げなければならない時期であるはずの直前期に悠長なことに時間は使えない。今までの総復習などに当てて、実際に出題される可能性のある問題をやるのが効率的だろう。

 過去問はあくまで「今後の勉強をより効率的にするために」行うものだ。過去問をやること自体は得点力につながらないが、それによって今後の勉強が点数に直につながる効率のよいものになるのだ。ちなみに、過去問の具体的な解き方と目的については過去問を極めるに詳しく書いてあるので、そちらも参照してほしい。

 最後に今回の記事の要点を、受験を登山に例えて述べることにしよう。「受験」という山を登りきるためには、自分の手元にある「偏差値」という「地図」に目を遣る必要がある。順調にルートを通ってきているか適宜確認するのだ。しかしと同時に、我々が最終的に何処に向かっているかを忘れてはならない。「点数」という「頂上」の存在を忘れてしまっては、いくら順調なように思えた登山もタイムオーバーになってしまうかもしれないからだ。
中学レベルがカギになる:前 勉強法メニュー 次:効率的ノート作成法{決定版}
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/140-0f2b8f9e

0件のトラックバック

13件のコメント

[C5268]

GOGOさん、

参考書をぱらっと読んで、その上でやるべきと思えば、やってください。

あと少しきつい言い方になりますが、この程度のことであれば、ご自分で考えて、それもその場ですばやく「決断」していくくらいの要領は覚えるべきだと思います。
  • 2008-04-21
  • 管理人G戦士
  • URL
  • 編集

[C5257]

すいません見落としてました。
書いてありましたね…
センターⅠAのみの場合は数式、関数、図形三冊共やる必要ありますか?

[C5255]

はじめまして。
ブログ参考にしています。
中学数学を復習できる参考書は何が良いのでしょうか?
ブログを見たところ具体的な参考書名までは書いてなかったので、よければ教えて下さい。
またセンターのみの場合は中学数学→初めから始める→元気が出る→センター対策でよろしいでしょうか?

[C5254]

そもそも合格できるかできないかわかったら、受験勉強そのものが意味不明になりますね。
ありがとうございました。合格したら僕もこのようなブログを作れるよう研究していきたいです。まず合格ですけど。

[C5253]

>くつくさるさん

コメントありがとうございます。質問にお答えします。

>赤本を早い段階で解く、ということと合格までの距離を定量的に計れるというのは矛盾しているのではないかということです。

矛盾していないと考えています。というのも、我々の目的は、「正確に」定量的に計ることではなく、あくまで「早期に」定量的(大体でもいいので)に計ることだからです。直前期に実力を「把握」することで得られる効用は、1年前のそれと比べてかなり小さいと思います。


>なぜなら、赤本で本当に力を図ろうと思ったら本番と同じような時間割と緊張感のもとに実施し、成績の波の出方を確認するために何年分も解かなくてはいけないからです。

おっしゃることはよく分かります。しかし、繰り返すことになりますが、直前期に定量的に計ることができたとしても、それに意味はほとんどないと思われます(一ヶ月やそこら前に実力が分かったところであまり意味はない。むしろ直前期はとにかく勉強しまくる意識があるから良し)。


>ただ、いくら本番に近づけようとしても過去問は過去問です。よって僕は京大オープン、京大プレなどの偏差値のほうがもっともよく大学への距離を測れる手段だと思います。

これについては他記事で、直前期は「プレ問題」をやるように書いております。
http://jukennavi.blog13.fc2.com/blog-entry-28.html

直前期は、実力を「本番で発揮する」させるための勉強として初見の予想問題を使って慣れておくべきというのが、私の立場です。


>効率のよい勉強を追及したけれど受からなかったという反例です。なので上に書いたことを論破して、単に僕の頭が足りずに落ちたということを証明してくれれば (これだけでは無理ですが)幸いです。

おそらく既に理解していらっしゃると思いますが、私の勉強法には、数多くの反例を挙がることが可能です(笑) 所詮勉強法なんてそんなものです(こんなこと書くとまた無責任といわれるかもしれないが)。ただ、このように勉強法に常に批判精神を持つことは大切だと思います。

それでは勉強がんばってください!

[C5252] 初めて拝見させていただきました。

僕は東大を目指す一浪生です。まだここしか読んでおりませんが、これから時間を見つけて読んでいきたいです。

この記事を読んで非常に失礼ながら感じたことは、赤本を早い段階で解く、ということと合格までの距離を定量的に計れるというのは矛盾しているのではないかということです。

過去問を直前に(もちろん直前に初めて買うでは駄目ですが)解くというのは迷信や伝統ではなく理に適っていると思います。

なぜなら、赤本で本当に力を図ろうと思ったら本番と同じような時間割と緊張感のもとに実施し、成績の波の出方を確認するために何年分も解かなくてはいけないからです。

そのためには解く際の学力を安定させるため短期で、そして本番に極めて近い緊張感を持つことができ、学校の授業に縛られない直前で解いたほうが良いと思います。

ただ、いくら本番に近づけようとしても過去問は過去問です。よって僕は京大オープン、京大プレなどの偏差値のほうがもっともよく大学への距離を測れる手段だと思います。

ただ僕は頭が足りず現役でいけなかった人です。なのでどうか聞き流してください。僕は過去問を去年の四月の段階から一昨年のもの買って解き、効率のよい勉強を追及したけれど受からなかったという反例です。なので上に書いたことを論破して、単に僕の頭が足りずに落ちたということを証明してくれれば(これだけでは無理ですが)幸いです。

非常に失礼なコメントになってしまいましたが、お許しください。

[C5249] お願いします。

はじめまして。
いつも拝読させていただいている、早稲田志望の者です。


早速なのですが、質問させていただきます。


自分は英語がかなりの苦手科目です。今は中学の文法からやり直しているのですが、これを理解し終えたら、G戦士さんがお薦めする英作文の参考書をやっても大丈夫でしょうか?

それとも、高校までの文法を理解してからの方がよろしいでしょうか。




長々と失礼しました。
ご指導よろしくお願いします。
  • 2008-04-07
  • ルーキー
  • URL
  • 編集

[C2678]

いつもお世話になってます


志望校(高校)の過去問を解こうと思っているのですが、私の志望校は最近自校作成問題になったので過去問(英数国)の量がとてもすくないのです。(過去3年分)
(理社は自校作成問題じゃないので大丈夫です)

そこでZ会の「入試傾向と対策」だけで、英数国の
傾向を確認し、英数国の過去問は演習用にしても大丈夫ですか?

宜しく御願いします
  • 2006-05-28
  • T野郎
  • URL
  • 編集

[C2505]

ありがとうございます

  • 2006-04-30
  • T野郎
  • URL
  • 編集

[C2493]

>過去問をすぐに解こうと思ったのですが、まだ知らないような所はどうすればよいでしょうか?

傾向をチェックする程度の気持ちで問題文と解答を見る程度でいいと思います。

[C2466] 質問

過去問をすぐに解こうと思ったのですが、まだ知らないような所はどうすればよいでしょうか?
  • 2006-04-25
  • T野郎
  • URL
  • 編集

[C2239]

>残り1年ですが東大を目指すべきでしょうか?

「何故東大に行きたいのか?」「東大を目指すうえでのメリット、デメリットは?」「東大に合格した際のメリット、デメリットは?」

などなどいろいろ考えてみることです。現実をみると、やはり東大に固執して多浪している人もいますし(大抵、根本的に間違っている人が多いですが)。

ただ、大学入試レベルならある程度努力でカバーできると思いますよ。もちろん個人差はありますが。
とにかく自分の信じる道を決めることです。身を任せているだけだと結局早慶もダメっていうことになるかもしれませんし。

難しい問題だと思いますが、ゆっくり考えてみてください。

[C2221]

私はG戦士さんは半年で京都大学に合格し、もともと頭が良かったからじゃないかと最近ネガティブに考えがちです。でも実際、東大京大は並大抵の努力をしないと合格しないですよね・・・。そんなことは十分分かっているのですがやっぱり東大に入りたいなと思っています。今年、予備校に入ることになったのですが東大クラスに入れませんでした。それでも国立のハイレベルなクラスで頑張ろうと決意しました。

・・・と、ここまでは順調だったんですが、正直私立専願で早慶を目指した方が確立は高いんじゃないかと。予備校も正式に国立クラスに申し込んでないですし。前にも言ったと思うんですけど偏差値は50前後です。残り1年ですが東大を目指すべきでしょうか?死に物狂いで勉強する覚悟はあります。

それと現役の時は政経を選択していましたが高得点が望めないので倫理に変えようと思っているんですが大丈夫でしょうか?
  • 2006-03-27
  • 浪人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。