Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/139-e94294f6

-件のトラックバック

-件のコメント

[C5285]

自分は浪人です基礎の大事さは痛感していますそこで具体的に何をどのくらいのスピードでやるなどのアドバイスお願いいたしますm(_ _)m

[C5178]

来年京都大を目指しているものです。
数学と英語の基礎の勉強は何をすればいいでしょうか?

数学は今青チャートをやっています。
一応とくのには困らないレベルです。

しかし英語はものすごく苦手で京大の英作文なんてまったく無理という状態です。
まず単語と読むための文法の勉強をすればいいでしょうか?ほかにやることはないでしょうか?

あと今度京大に行ってみようと思っているのですが、一般の人も入って中で何か食べたり買い物したり出来ますか?

[C5175]

納得。
  • 2008-03-27
  • すばる
  • URL
  • 編集

[C5161] なるほどです・・・・。

どうも、佐藤健一です。記事を読ませてもらいましたのでコメントさせていただきます。

実は私も数学Ⅲ・Cを勉強するためにある問題集を友人に勧められ買ったのですが、私には問題は難しいし、解説もよく分からずで5問でやめてしまいました。

確かに難関大の入試ではいかに基礎的な問題を正解するかで合否が決まってきてしまうのでG戦士さんの言うことには賛同します。

またここに自分の意見を書かせてもらいますと、成績は上がった後もずっと基礎的な問題ばかりをやっていると実際の入試問題で戸惑ってしまうのでやはり「自分のレベルにあった参考書が一番!」ってことですね。

私も「受験ブログ」を立ち上げましたのでよかったら見に来てください。よろしくお願いします。
http://maithieiton.blog40.fc2.com/

[C2195]

>難しい問題を解いたほうが苦手科目の克服になると書かれていますが、その辺はどうなのでしょうか?

理解できる範囲ならそうかもしれませんが、解説を読んでもしっくりこないレベルのものを解いてもなかなか厳しいものがあると思います。現在の受験生の学力レベルから言って、一般に実力不足の参考書を使う傾向があるので、難易度というよりも「理解できるか否か」についてしっかり検討する必要があるでしょう。

[C2166] 受験は要領について

こんにちは。
和田先生の受験は要領では、難しい問題を解いたほうが苦手科目の克服になると書かれていますが、その辺はどうなのでしょうか?

[C1015] 「背伸び」

初めましてw

親に、よく
「難しい問題をときまくれ」
といわれていますが、基本に戻ることが大切なんですね

ドラゴン桜でも、小四の勉強していましたし・・

とりあえず基本と応用の入った参考書を探してみますw

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

基礎を笑う者は基礎に泣く

馬鹿を「自覚」せよ


 詳しくは合格体験記第三章を見てほしいのだが、私が受験勉強を開始したのは8月下旬である。ライバルである浪人生、現役生の多くが四月には予備校に通い始めているのだから、約5ヶ月のハンデだ。本当に焦っていた。「早く追いつかないと」「このままじゃ駄目だ」と毎日思った。

 しかし、私は決して背伸びをしなかった。周りが使っている難しい参考書に手を出したい誘惑を抑えて、自分が理解できる基本的な参考書から勉強を始めた。また、予備校にも行かないことに決めた。見学した予備校の講義が全く理解できなかったからだ。そして今思えば、この決断――自分が今馬鹿であることを自覚し、簡単なことから始めたこと――こそ、半年で京大に合格できた最大の理由の一つである。


 高校三年生。周りの雰囲気に触発されて受験勉強を開始する時期だ。しかしその際、受験生の多くが自分のレベルを超えた高度な教材を選択してしまう。これは本当にたちが悪い。理解が十分でないために解くスピードが遅いばかりか、難しい問題を一生懸命解く自分の姿に酔って、「自分は勉強している」と思い込んでしまうからだ。更には、実際の入試では基礎的な問題が多く出題されるため、根性で何とか上げた実力も点数になかなか反映されない。

 少々きついことを言うが、一般的に、偏差値が60以下なら自分のことを相当馬鹿だと思ったほうがいい。学力低下が進んだ今、本当に超基礎的なことをやるだけで(受験用の実践参考書をやらずとも)偏差値60は軽くいく。まずは現実にしっかり目を向けなければならない。自分の馬鹿さを認めることから本気の受験勉強は始まるのだ。


「背伸び」は絶対にするな


 かく言う私自身も難しい参考書に手をだしたことがある。有名な英文解釈教室である。ネット上で高評価を得ていたのを知っていた私は、書店で実際に開いてみた。厳密に英文構造を分析し論理的に問題を解いてい く……すばらしい解説がそこにはあった。ここまで非のうちどころのない解説は初めてだった。そのままレジへ直行した。やる気になった私はすぐに英文解釈教室をやり始めた。すごく気分が良かった。難解な英文を鮮やかに分解する解説を読んでいると自分の頭がよくなったかのような気分になった。

 しかし、それが続いたのはたったの3日だけだった。「分からない英文を読むつらさ」そして「解説で明示されているような分解手法を全く身につけられない自分への苛立ち」に抗うことができなくなった。基本的な英単語や英文法も分からないうちに高度な英文解釈をしようとしても、ただ解説を見て分かったふりになるだけだったのだ。

 以上が私の体験談だが、実際に身に覚えのある人も多かったのではないだろうか。難しい参考書をやっているとなんとなくかっこいい感じがするが、実際は非効率な勉強になっているケースが多い。背伸びは絶対にしてはいけない。理解できるところまで戻るのだ。


「苦手科目」の克服


 苦手科目の克服の際にも、この「背伸びするな」原則を意識してほしい。苦手科目を克服しようと一生懸命になっている人は多いが、本当に分からないところまで立ち返っているかというと怪しい場合があるからだ。意外かもしれないが、特に数学や英語の場合、中学校まで戻らねばいけない人も大勢いる。高1の数学すら理解できない人のほとんどは中学数学にかなりの問題を抱えている。その場合、中学数学に戻って勉強しない限り、いくら時間をかけてもなかなか苦手を克服することはできない。例えるならば、分数の掛け算⇒分数の割り算は簡単でもその逆は難しいということだ。

 また、苦手=嫌いになってしまい、勉強が苦痛になることが多いが、それを本当に分かるところまで立ち返ることで、ある程度その教科が好きになることができる。理解できる勉強というのは本当に楽しい(ことが多い)。楽しくなれば自然と時間をかけられるようになるし、そうしているうちにいつの間にか苦手意識すらなくなっていくことも多い。


「応用力」の養成


 理解できていないまま勉強を進めることの最大の問題点は「応用」が全く効かないことだ。難関大は「基本を完全に理解しているかどうか」を問う問題を出してくる。言い換えると、只の暗記でどうにかなる問題ではなく、しっかりと理解していないと対応できない「応用問題」を出してくる。このとき、基礎の理解に抜けがあると、題意さえ理解できないということになりかねない。しかし悪いことばかりではない。逆を言えば、基礎さえ完璧にしておけば一気に点数が上がることを意味しているからだ。


過去問を極める -戦略とは「選択」と「集中」:前 受験勉強法メニュー 次:自分のスタートレベルを知る
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jukennavi.blog13.fc2.com/tb.php/139-e94294f6

0件のトラックバック

7件のコメント

[C5285]

自分は浪人です基礎の大事さは痛感していますそこで具体的に何をどのくらいのスピードでやるなどのアドバイスお願いいたしますm(_ _)m

[C5178]

来年京都大を目指しているものです。
数学と英語の基礎の勉強は何をすればいいでしょうか?

数学は今青チャートをやっています。
一応とくのには困らないレベルです。

しかし英語はものすごく苦手で京大の英作文なんてまったく無理という状態です。
まず単語と読むための文法の勉強をすればいいでしょうか?ほかにやることはないでしょうか?

あと今度京大に行ってみようと思っているのですが、一般の人も入って中で何か食べたり買い物したり出来ますか?

[C5175]

納得。
  • 2008-03-27
  • すばる
  • URL
  • 編集

[C5161] なるほどです・・・・。

どうも、佐藤健一です。記事を読ませてもらいましたのでコメントさせていただきます。

実は私も数学Ⅲ・Cを勉強するためにある問題集を友人に勧められ買ったのですが、私には問題は難しいし、解説もよく分からずで5問でやめてしまいました。

確かに難関大の入試ではいかに基礎的な問題を正解するかで合否が決まってきてしまうのでG戦士さんの言うことには賛同します。

またここに自分の意見を書かせてもらいますと、成績は上がった後もずっと基礎的な問題ばかりをやっていると実際の入試問題で戸惑ってしまうのでやはり「自分のレベルにあった参考書が一番!」ってことですね。

私も「受験ブログ」を立ち上げましたのでよかったら見に来てください。よろしくお願いします。
http://maithieiton.blog40.fc2.com/

[C2195]

>難しい問題を解いたほうが苦手科目の克服になると書かれていますが、その辺はどうなのでしょうか?

理解できる範囲ならそうかもしれませんが、解説を読んでもしっくりこないレベルのものを解いてもなかなか厳しいものがあると思います。現在の受験生の学力レベルから言って、一般に実力不足の参考書を使う傾向があるので、難易度というよりも「理解できるか否か」についてしっかり検討する必要があるでしょう。

[C2166] 受験は要領について

こんにちは。
和田先生の受験は要領では、難しい問題を解いたほうが苦手科目の克服になると書かれていますが、その辺はどうなのでしょうか?

[C1015] 「背伸び」

初めましてw

親に、よく
「難しい問題をときまくれ」
といわれていますが、基本に戻ることが大切なんですね

ドラゴン桜でも、小四の勉強していましたし・・

とりあえず基本と応用の入った参考書を探してみますw

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

 

Appendix

AD

サイト内検索

プロフィール

G戦士

Author:G戦士
昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ


Sub Author:シロップ
平成2年生。東大文科三類在籍。

都内私立高校後、宅浪を経て、東大に合格。現在はG戦士さんに代わり、ブログの管理の中心を担っています。
→シロップの詳しいプロフィールへ

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。