FC2ブログ

過去模試の勉強法(決定版)

前回記事の「真・過去模試の勉強法 その1」で陥りやすい非効率な復習方法について述べたが、今回は「具体的にいつ何をやってこの模試を復習すればよいのか?」に焦点を当てる。

(1)過去模試復習のスケジュール と (2)過去模試復習の方法論 のふたつの観点から徹底的に勉強法を解説していくことにする↓


(1)過去模試復習のスケジュール

受験勉強において最も重要視すべき時期は、言うまでもなく受験本番その時だ。最終目的は模試でA判定を出すためではない。あくまで入試本番で合格点をとることに他ならない。だから、入試当日に最も脳に知識が蓄えてある状態を作り出すことこそが大事であり、たとえ一回覚えていたことも入試当日で覚えていなければ、そこには何の価値も存在しない。

以上のことを踏まえて、模試を最終的に完璧にする復習は入試直前期、入試本番一ヶ月前から行う。大学別模試の場合は、過去記事の入試一ヶ月前からの勉強法で述べているリハーサルとしての効果も期待できる。

また、当たり前ですが、模試終了直後に自己採点のために丸付けがてらに最低一回は復習しなければならない。少し考えれば分かると思うが、模試を復習しなければ、いくら模試をがんばって解いたとしても、学力にはほとんど影響がない。あんなに賢明に模試を解いたた模試当日が無駄になってしまうのだ。

そして、何度も最も効率のよい暗記法であると言っている◎○×勉強法を有効活用するために、模試直後と直前期の間に数回でいいので復習期を設ける。

以上から①模試終了直後 ②◎○×勉強法活用期 ③入試直前期 の3つの期間に過去模試を復習していくことになる。具体的な方法は↓で述べる。


(2)過去模試復習の方法論

模試終了直後

[1]まず◎○×法を使って、記号をつけつつ模試の丸付けをする。この際、切り抜きノートを作って間違った問題とその解答を貼る。綺麗に張ることは考えずに、セロハンテープを使ってすばやく貼るだけがよい。また、貼るか貼らないか迷った場合は、あまり深く考えずに適当に判断してかまわない。切り抜きノートを作ることは目的ではない。切り抜きノートは、あくまで復習のためのツールに過ぎない。

注意:切り抜きノートは絶対に作ることを勧める。確かに作らなくても◎○×勉強法による復習は可能だが、受験生が一年間に受ける模試の量は膨大であり、その問題と解答の全てを保管することは実質不可能だ。また、私の経験上、たとえ保管したとしても、その膨大な量を見て「よし!復習しよう!」という気が起きないことが多い。

[2]そのうち知識の抜けで間違っていたところは、切り抜きノートの変わりにその知識を暗記カードに書く。この際、書き方は3BOX暗記カード勉強法に書いてあることに注意する。なお、たとえ間違っていなかったところでも知識の漏れを感じたときももちろん暗記カードに書く。

[3]実践的トレーニングのために丸付けを終えた後に×の問題だけを何も見ずに解きなおす。当然だが、できてもできなくても×のままにしておく。


◎○×勉強法活用期

切り抜きノートに貼った問題を◎○×勉強法を使って復習する。また、①で作った暗記カードは3BOX暗記カード勉強法で効率的に暗記する。なお、最低一ヶ月に一日は切り抜きノートの問題に大して◎○×勉強法を活用させる日を作れるようにする(スケジュール的にもモチベーション的にも模試の直前の日にやるのが望ましいだろう)。


入試直前期

この時期は他の期間と意識をかなり変えて行う。あまり完全に暗記しようという意識は持たなくてもよい。大体でいいから何回転もさせるように。

[1]①の時に○と×をつけたものだけをもう一度解く。

[2]解けたものは◎、解けなかったものは×にする。○はなくてよい。(時間がないため)

[3]×がなくなるまでひたすら問題を繰り返し解く。知識の場合は暗記カードをめくりまくる。この際、「思考力をつける」というイメージではなくて「とにかく早く頭にたたきこむ」ようなイメージでやるとよい。「スピード!スピード!スピード!」を意識すべし。


過去模試の勉強法(ダメ出し編):前 合格への布石メニュー 次:Z会①

コメント

tiezox

模試の英語の復習方
模試の英語の復習方法がよく分からないので教えて下さい。(全訳はしないのですよね?)

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

福岡

やる気・集中力
先日文化祭がありました。それ以後また気持ちを切り替えて受験勉強だ!と思っていたのですが、なかなか勉強に取り組めなくなりました。やり始めても集中できなくなり、どうしたら勉強に集中できるのか、前向きに取り組めるのかが分かりません。ほんと、自分の意志の弱さのことなんですが、もし同じような経験のある先輩方がいらっしゃれば是非アドバイスをお願いいたします。
管理人さんも何かアドバイスがあればよろしくお願いします。長文失礼しました。

管理人G戦士

>wanさん
>やっぱり消してから貼ったほうが良いですか??

いえ。そんなとこにこだわる必要はないかと。わかればいいので。

wan

はじめまして、そしてこんばんわw
少し前の記事なんですが大丈夫でしょうか?

自分の性格上(?)、模試の問題用紙にガリガリと書き込みしちゃうんですよ。それもかなりでかく。
特にマーク模試の数学なんかだと結構なものになってきてしまいます。
やっぱり消してから貼ったほうが良いですか??・・少し効率悪いですけど。。

・・世の中の多くの人はそんなにガリガリ書き込みしないものなんでしょうか。

管理人G戦士

>さかなさん

>解説にしても両面印刷なので、困るような気がするんですが、そのあたりはどうすればいいでしょうか。

貼る事自体が目的ではありません。両面印刷で苦労するなら自分で書いて付け足すだけです。その際、必要なことだけ簡潔に書くのが継続するためのコツです。


>切り取り、ノートに張るのは、すなわち知識問題ではなく論理的に考える問題とか計算問題とか、とにかく知識だけでは解けないような問題だということなんでしょうか?

はい、その通りです。ちなみにその判別基準は大体でかまいません。

さかな

模試の復習法について、わからなかった問題を切り取り貼る、とありましたが、もしの問題にしても解説にしても両面印刷なので、困るような気がするんですが、そのあたりはどうすればいいでしょうか。

それと、そのうち知識の抜けで間違っていたところは、切り抜きノートの変わりにその知識を暗記カードに書く。、とありますが、
切り取り、ノートに張るのは、すなわち知識問題ではなく論理的に考える問題とか計算問題とか、とにかく知識だけでは解けないような問題だということなんでしょうか?

蘇生

ビジュアル英文解釈
ビジュアル英文解釈の使い方、勉強法を教えてください。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

みかん

なるほど!!てっきり自己採点しなくてはいけないのかと思ってました。(^^;)

そうですね、しばらくたてば結果は分かるわけですしね☆頑張って出来なかった問題を自分のモノにします!!

返信ありがとうございました☆

管理人 G戦士

>みかんさん
>こんばんは、G戦士さん☆

こんばんは☆・・・と深夜三時に言ってみました笑


>マーク模試などでは問題用紙の記号をチェックすれば、簡単に自己採点できますよね?

ふむふむ


>でも記述模試の時はどうすればいいのでしょうか?

てか、見直しはするべきですが、採点はする必要性はないです。そもそも点数は少ししたら正確なのがわかるわけで、点数化には学力UPという点では意味がないわけです。(合格最低点を目指せ!とかよく言いますが、正確に点数化できないわけですから、あんまり意味ないわけです)

自分の答案が8/10であろうと2/10であろうとやることはひとつです。10/10の解答をできるようにするように勉強(暗記)すること、これだけです。


>記号の問題はチェックすれば問題ないですが、記述の問題となると解答用紙に書き込むのでいっぱいいっぱいになってしまうので、困ってます。

解答を写すというよりも、解答と自分のものを比べて違う部分を直すという意識でやるのがいいかと。

管理人 G戦士

>情熱大陸さん
>こんにちはG戦士さん。

こんにちは情熱大陸さん・・・と真夜中三時に言ってみるw


>小論文添削はZ会と樋口氏の白藍塾が
ありますが、どちらがいいでしょうか?あまり差はありませんかね?

うーん、どっちも受けたことないので、軽々しく言えませんねえ。SFCとか東大後期受けるなら樋口氏の方がいいような気がしますが・・・

助けてください!誰か情報プリーズ!

・・・てな具合なので、私に聞いても珍解答しか得られない可能性100%ですので、申し訳ないですが他でお願いします。本当にすいません。

情熱大陸

こんにちはG戦士さん。

小論文添削はZ会と樋口氏の白藍塾が
ありますが、どちらがいいでしょうか?
あまり差はありませんかね?

樋口さんのほうは専門塾だけあって
料金は高いです。
宜しくお願いします。

みかん

こんばんは、G戦士さん☆

今日は模試の自己採点について質問があって書き込みしました!

マーク模試などでは問題用紙の記号をチェックすれば、簡単に自己採点できますよね?

でも記述模試の時はどうすればいいのでしょうか?記号の問題はチェックすれば問題ないですが、記述の問題となると解答用紙に書き込むのでいっぱいいっぱいになってしまうので、困ってます。

基本的な質問してしまってすいません(><)
よろしくお願いします。
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ