FC2ブログ

虚業

就職活動中にここだけはねえなと思った企業、ドリーム・インキュベータ(笑)の会長さん、堀紘一さんの本を立ち読みした。



内容は至って単純で、欲望に支配された投資銀行やヘッジファンド等を糾弾するものだ。超わかりやすい。中学生でも読める。金融危機の原因となったCDOやCDSなどを図やたとえを使って超簡単に説明している。しかし、正確さは全く期待できない。著者自体ほんとうのところは分かっていないのだろう。コンセプトは理解しているが、かなり一方的な解釈になっていた。「まあわかりやすいけど、ありえねーよ、この説明(笑)」と突っ込みながら楽しく読んだ。死ぬほど簡単だったので、大体20分ほどで読み終えた。「コンサルタントの著作は常に簡単すぎてつまらないんだよなあ」と思いながら家に帰宅した。

しかし帰宅後にAmazonのレビューを見て、驚愕した。こんなにも浅い本が高評価され、非常に感情的なレビューが並んでいたからだ。別にヘッジファンド等を擁護するわけでもしたいわけでもないが、「世間一般の人ってなんて洗脳されやすいのだろう」と傲慢にも思ってしまった。この本で言ってることはほとんど著者の経験談から導かれた、何らの検証もされていない極論であるというのに。突っ込みどころは満載だというのに。……思考停止しているとしか思えない。なんか怖くなってきた。

Economistか何処かがアジアで保護主義が出てくる危険性があると言っていたが、リアルに日本で反新自由主義というベールをかぶった保護主義が台頭してくるかもしれない。日本のほうが重症なのに「アメリカの現状を見ろ。あのモデルはもう壊れた!」と感覚的に叫ぶ人や、「今こそ自給率を高めよ」と無意識にブロック経済を実行しようとしている人などなど。表層的な知識だけで極論を言う人が多すぎる。大学受験みたいに「これ知ってたら解けます!」みたいな簡単な問題じゃないというのに。

はい、どうでもいい話でした(笑)

コメント

G戦士

モス野郎さん

細野シリーズとか超わかりやすいですよ。大学1回生にお勧めです。

モス野郎

記事をよんでいて、経済、金融に興味をもちました。初心者にわかりやすい経済金融の本てありますか?
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ