FC2ブログ

感触と結果の相関性

 先日受けたTOEICの結果が返ってきました。結果は935点(リスニング445点、リーディング490点)でした。

 前に書いた記事で、「さんざんな出来。演習不足もはなはだしい。大失敗だ」と書いていましたが、予想より35点も高い結果が来て少しびっくりしています。それもリスニングとリーディングの点数が予想と全く逆でした(笑)

 まあ自慢できるような点数ではないです(僕は本気で満点ちかくを狙っていましたw)。ただ、改めて「自分でできたかどうか」と「実際に本当にできたか」はそれほど関係がないなーと実感しました。だって受験直後は↓のような感想をもらしていたんですよ(笑)

まずリーディングの時間配分を完全に間違えました。前に普通に全問解けた記憶があったので何も考えずゆっくりといていたら、途中で一問45秒ペースの時間しか残っていないことに気づきましたw 何とか全問いきましたが、正直あんな粗い解き方ではミスが出ていると思います。
 次にリスニング。TOEICは一度しか放送しないので、たとえしっかり聞き取れても、内容を忘れてしまうとアウトです。今回は、一問くらいミスしてもいいのに、忘れた内容を思い出すのに時間をとられて、質問文の先読みを怠ってしまいました。これは致命的でした。



 TOEICのリーディングはリスニングよりよほど高得点が難しいと言われるのですが(ミスが許されない)、どうやら一問45秒でも全くミスはでていなかったようですw そしてリスニングでの先読み不足は思った以上に正答率に影響を与えていたようですw



 思えば、京大入試本番でも自分のなかでは大失敗でしたが、あとで結果開示を見てみると結構余裕で合格していましたし、一方センター試験では、確実に満点という感触を得ていた数学2Bと物理が各々97、88でした。

 人は知らず知らずのうちに実力がつくものです。たとえ受けたときの感触が悪くとも、実は知らない間についた実力がしっかりと点数をとってくれているかもしれません。また逆に、感触がどんなによくても、実はたくさんミスをしているかもしれません。

 まあ要するに、「できたー」「やばい、できなかったー」というのはそれほど信頼できないよってことです。受験生の皆さんも、結果だけでなく、感触にも一喜一憂しないよう注意してください。


 僕も卒論の合間にTOEICリスニングの勉強を頑張ろうと思います。友人からの情報によればリスニング満点は比較的容易らしいので(と信じたいですw)。それでは!

コメント

G戦士

Re: タイトルなし
> 静かな侵略と言う声が上がってますが実際のところはどうだとお考えですか?

まあそうでしょうね。ただそれは小さな問題で、日本国民全体のレベルの低さのほうが問題だと思いますが。

クレタ

日本のメディアはどっかの国に占領されちゃってますからね
静かな侵略と言う声が上がってますが実際のところはどうだとお考えですか?

G戦士

沙羅双樹さん

英語を勉強した、という印象はあまりないですね。英語で勉強した、というイメージでしょうか。

日本語のネットメディアはろくなものがないので、Economistなどの英語のメディアでニュースを見たり、英語の教科書を使ったりしたくらいでしょうか。

最近は金融危機とアメリカ大統領選に興味があったので、WallStreetJournalのVideoをよく見ていました。日本のメディアの報道がいかに偏っているかが分かって面白いですよ。

一度英語の勉強方法に関して記事にしてみたら面白そうですね。後日、コラムで書きます。

沙羅双樹

G戦士さんは大学に入られてからどういった方法で、英語を勉強してきたのでしょうか??
是非教えてください!!
非公開コメント

G戦士

昭和60年生。元京大総合人間学部生。現在はアメリカで某プロフェッショナルファームに勤務。

地方公立高校卒業後、半年間のフリーター宅浪を経て、京大に合格。その経験から得た受験勉強法を書き綴っています。
→詳しいプロフィールへ