受験勉強法Blog



友達に教える
記事へのコメント

コメント一覧
前ページ | 次ページ#

[]
古文に慣れるその1
古文が苦手といって避けて通っている人は多くいるのではないでしょうか。
しかし、センター試験で古文はどうしても受けなくてはいけません。私立大学でもセンター試験を導入している大学は8割を超えています。理系であっても古文、漢文を免れることはできません。
どうしたら効率よく古文をマスターすることができるのでしょうか?

@毎日10分古文を読む

それは「毎日古文を読む」ことです。とにかく音読して慣れてください。読書百篇おのずから通ずという言葉もあります。もちろん口語訳つきの古文を読むことが大事です。意味が分からないのは苦痛ですからね。
口語訳付きの古文を毎日読んでいくうちに、古文単語の意味もだんだんと覚えていくことができます。取り掛かりやすいのは「平家物語」です。平家物語はみなさんもご存知のとおり、琵琶法師が口伝えで伝承してきた世界に誇る軍記物語です。漫画化されたり人形劇としてもNHKでドラマ化されたりしてきた名作中の名作です。平家物語は口承文学なので読むのも他の古典に比べて平易です。それに敬語も多く使われているので、敬語が苦手な人も毎日10分平家物語を読み続けることでだんだんと慣れていきます。
面倒くさいからといって取り組まずにいつのまにかセンター試験を迎えていたということになっては取り返しがつきません。何度も言いますが、古文は50点分の配分なのです。50点まるまるドブに投げ捨ててしまうのはいかにももったいない。今日からはじめてほしいものです。

A漫画で慣れる

高校の図書館には、古典が漫画化されたものが置かれていることが多いです。もし、学校にはなくても市の図書館に行けば必ず漫画化された古典が置いてあります。かくいう私も最初古文の世界に慣れなくて、漫画古典40巻を大金はたいて購入したものです。私は国語教師だという立場上、古典を教えなくてはならず、大金を投じたのですが、高校教師を辞めたあとも娯楽作品として古典漫画を読んでいます。
いろいろな古典が漫画化されていますが、特に面白いのが「源氏物語」。源氏物語はいろんな作家さんが現代語訳を出していますが、私がおすすめなのが「あさきゆめみし」という漫画です。かなり原作に忠実に描かれており、源氏
08/22 20:36 By: URL
[]
ただひたすら要領がめちゃくちゃ良いというのは凄くわかった
06/23 05:57 By: URL
[]
G戦士には才能があった?そして自分には才能がないからこの体験記の通りにはならない?
馬鹿馬鹿しい議論ですね。勉強に才能が必要だと、いまだに信じているとは。
勉強に才能が必要だと信じている人が、努力しても成績を上げられなかったらどう考えるか?これは明らかです。どうせ、「自分には才能がなかったのだ。自分は成績を伸ばせない人間なのだ。」で片付けるのでしょう。そんな人が成績を伸ばせるわけがありません。諦めて、そこで終了。

G戦士さんはこの点では違っていました。第一章を読めばわかりますが、たとえどんなに脆い根拠であろうと「自分はやればできる」と信じていたのです。「自分はこんな堕落した人間に過ぎないのだ」と思っていても、心の根底にはきっと自信があったはずです。
そういう自信を持った人間が、もし成績を上げられなければどう考えるか?おそらく、「自分はできないはずはない、きっと勉強法に問題があるのだ」とでも考え、勉強法を改良しに行くのでしょう。もちろん、「この教科は本質的に伸ばせないものなのだ」と考える人もいるでしょうし、必ずしも成績を伸ばせるとは限らないのですが。

しかし、自信のない者が成績を伸ばすことなど殆ど有り得ないのは確かだと思います。「勉強は才能であり、自分には才能がない」などと考える人が成績を伸ばすのは極めて難しい。すぐ諦めるのですから。
まずこのブログに立ち寄る前に、「勉強は才能」という下らない考えを打ち砕くべきです。そして自信を持つべきです。
02/27 13:27 By:通りすがりの失地王 URL
[]
キモすぎ

パラサイトフリーターとか(笑)

普通に高校時代勉強してたけど1浪して京大受かったってだけだろ

誇大広告かよ(笑)
10/28 23:07 By:あ URL
[]
高校のときに一切勉強してなくても
夏でこんなに点数取れるものなんですか?

01/19 10:01 By: URL
コメントを書く
本文へ戻る
BlogTOP

コメントを書く
ニックネーム

タイトル

Mail

URL

本文

パスワード




本文へ戻る
BlogTOP

ログイン

Powered By FC2ブログ