受験勉強法Blog



友達に教える
記事へのコメント

コメント一覧
前ページ | 次ページ

[G戦士さんがもしも娘を育てるとしたら を読んで]
子供の人間力の育成のための具体的方法として、4つの大切なことが、わかりやすく簡潔に書かれていて、とても感動いたしました。と、同時につくづく、親は聡明にありたいと思いました。有難うございました。
11/25 16:57 By:su URL
[返答ありがとうございました。]
G戦士様

返答していただき ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまいました。

ズバリ!な意見に 目が覚めるような思いです。


おっしゃるとおり 子供の方が 時代をよく見る位置にいるのだと思います。

知らず知らずのうちに 見誤った目で設定した目標に走らせているのかもしれません。
 

具体案を書いて下さりましたが 親が希望を設定しない 
意思決定をしないに加えて
結果に責任を感じないというのは とても大切なことだと感じました。

「問い」と「助言」は難しいのです。

でも難しいわけが 今!たった今!  わかりました。
結局 そこでも コントロールするための いわば誘導質問になっているからでした。

もっと ゆったりしなければいけませんね。

結果を急ぐのはいつでも 大人の方ですね。

ただただ たくましく生きて欲しいだけなのに。
いつのまにか その保証が目的になっていました。

たくましく生きて欲しいと願うことさえ
子供に何か願うこと自体がおかしいのかもしれませんね。


実は 娘は本当は小学4年生なのです。

 思春期に差し掛かった娘を前に 中学生になる頃の関わり方が うまく想像できず 中学一年生として質問させていただきました。

実際 中学一年生になってからの質問では 私の意識の変わり方が手遅れだったと思います。

ありがとうございました。
育児本やoo経済(笑)では 気づけなかったと思います。

 うすうす 記憶の奥底で感じていることを このように的確に言っていただくのは 気持ちが良いものですね。

見ず知らずの母親に 貴重な時間をつかって 解答していただいたことに
深くお礼を申し上げます。

拙い文章で恥ずかしい限りですが また お邪魔させてください。
 











09/11 12:20 By:いつかの母 URL
コメントを書く
本文へ戻る
BlogTOP

コメントを書く
ニックネーム

タイトル

Mail

URL

本文

パスワード




本文へ戻る
BlogTOP

ログイン

Powered By FC2ブログ